« 新・私の本棚 東野治之 百済人祢軍墓誌の「日本」 1/1 | トップページ | 今日の躓き石 「フォーシーム」SUにルビーの栄冠 »

2018年12月24日 (月)

今日の躓き石 毎日新聞駅伝報道の「リベンジ」汚染

                      2018/12/24
 本日の題材は、の毎日新聞大阪13版スポーツ面の高校駅伝報道である。高校男子の結果を一ページで報道する一面のど真ん中の記事であるから、大見出しではないものの、大会を主催する新聞社としての力の入った報道だと思うのである。
 
 駅伝は、競争であるから、互いに勝ったり負けたりして恨みを募らせるものではない。いや、元々、スポーツに復讐だの怨念は無いはずであるが、なぜか、全国紙たる主催紙が、復讐譚を書き立てて、生臭い話に仕立ててしまうのである。
 
 堂々と書いているのは、昨年追い越された場所で、逆に追い越して優勝した、ざまを見ろ、昨年はやられたが、血祭りに上げてやった、ということになる。チームが、「リベンジ」を果たしたということは、監督以下、全員がそう思っていたという報道であり、それが優勝の原動力となると、これからも、復讐の連鎖で血塗られた世界が続くことになる。
 伝統ある全国紙ともあろうものが、そうした前時代的な蕃風に加担しているのは、何とももったいない話である。
 
 どうか、後世の若者に、この負の遺産を押しつけずに、スポーツマンらしい競争心が高まるよう、せめて、リベンジは、「絶対禁句」にしてほしいものである。
 
 もし、高校駅伝の指導者が、復讐心をかき立てでも、勝てばいい、結果が全てだと思っているとしたら、それは、考え直してほしいものである。
 毎日新聞社には、主催紙として、そのような助言は欠かせないと思うのである。
 
以上

« 新・私の本棚 東野治之 百済人祢軍墓誌の「日本」 1/1 | トップページ | 今日の躓き石 「フォーシーム」SUにルビーの栄冠 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の躓き石 毎日新聞駅伝報道の「リベンジ」汚染:

« 新・私の本棚 東野治之 百済人祢軍墓誌の「日本」 1/1 | トップページ | 今日の躓き石 「フォーシーム」SUにルビーの栄冠 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ