« 倭人伝随想 11 局地里制論について 1/3 | トップページ | 倭人伝随想 11 局地里制論について 3/3 »

2018年12月26日 (水)

倭人伝随想 11 局地里制論について 2/3

                            2018/12/22
*六倍誇張説の謎
 前記事で述べたように、当時、有効数字一ないしは二桁で丸めて、七千短里は一千二百普通里、一千短里は百七十普通里、一万二千短里は二千普通里を、それぞれ六倍したことになるのです。

 それでは、元々、数字が細かかったのを、誇張するのと同時におおまかにしたことになります。特に、直線経路とみられる里数に集中すると、末羅国―伊都国間以外、短里で、七千,一千,一千,一千、一万二千と、千里単位にまとまって切りのいい数字が並ぶのに、想定している長里では、一千二百,百七十,百七十,百七十,二千と込込み入らせたことになります。

 特に、三度の渡海の計三千短里は、本来五百普通里のはずが、三渡海に分けて足すと、計五百十長里になり半端が出るのです。元々、渡海部分は、海上なので、里数はあくまで推定の概数ですが、なぜ、二百長里が三回で六百長里と、切りの良い数字にしなかったのか不可解です。

 もっとも、それでは、短里が、それぞれ一千二百里になり、三回で三千六百里と、整然としなくなるのです。と言うことで、短里での里数がきっちりするようにしたのでしょう。何とも、芸の細かい手口です。

 と言うことで、上層部の理解しやすい切りのよい数字を求めると、普通里里数を整数倍して誇張したという論法は、成り立たないのです。

 振り返ると、数字に弱いと思われる現地が、懸命に有効数字二桁の普通里里数で報告したのを、数字に強い帯方郡が、悪戦苦闘して六倍した上で有効数字一桁ないしは、それ以下の概数に丸めて、倭人伝にあるきっちりした数字の短里里数にしたのでしょうか。

*六倍誇張説の不合理
 とかく、倭人伝の里数は、大まかだと言われますが、現地は普通里を施行していて、わざわざ六倍したらきっちりになる里数を出したのでしょうか。随分、手間のかかる誇張の整形を施したものですが、素人目には、なぜ、処理が圧倒的に簡単な十倍にしなかったのか、不可解なのです。十倍なら、十里が百里、百里が千里になるのは、桁上げだけで良いのであり、当時主力の算木計算なら、何もしなくていいのです。不思議な話です。

 倭人伝の里数の書き方は、まず、わざわざ、韓伝の範囲である帯方郡から狗邪韓国までと言う半島側の里数、つまり、長年に亘って知られている里数を基準としたと明記していて、引き続いて、倭人伝として公的に採用する里数を書いているのだから、公明正大であり、過大申告も無いのです。

*誇張論廃棄

 と言うことで、倭人伝の行程は元々短里で描かれていたと見るのが自然なのです。現地で、普通里が実施されていた強弁する誇張論は早々に放棄し、短里を中国に展開する魏晋朝短里説も廃棄し、地域里制を直視するべき時代が来たのではないかと思われます。

                             未完

« 倭人伝随想 11 局地里制論について 1/3 | トップページ | 倭人伝随想 11 局地里制論について 3/3 »

歴史人物談義」カテゴリの記事

倭人伝随想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 倭人伝随想 11 局地里制論について 2/3:

« 倭人伝随想 11 局地里制論について 1/3 | トップページ | 倭人伝随想 11 局地里制論について 3/3 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ