« 今日の躓き石 毎日新聞駅伝報道の「リベンジ」汚染 | トップページ | 倭人伝随想 10 里数の底流 餘の世界 1/2 »

2018年12月26日 (水)

今日の躓き石 「フォーシーム」SUにルビーの栄冠

                                2018/12/26
 今日の題材は、公共放送でも全国紙でもなく、コミック誌の劇画である。
 
 小学館ビッグコミック誌連載の「フォーシーム」は、MLB(メジャーリーク)に飛び込んだ「無頼派」投手の力戦記であり、ことの始まりも、MLBで48連続セーブという展開も、とてもあり得ないほら話ながら、丹念な取材を書き込んでいて、ついついのめり込むのである。
 
 今回の題材、つまり、2019年第一号(2019/01/10)に掲載された連載第140話「ほくそ笑み」(さだやす圭)は、とても目立たない所で、ひっそりと燦めいているので、ここで取り上げないと、誰も気づかないだろう、と言うことで、賑々しく述べる。
 ふりがなをいう「ルビ」は、宝石ルビーに因んでいる。宝石は、とてもとても小さいが、見る人か見れば、このページどころか、140回の連載全体を燦然と照らしているようである。
 ゲーム終盤に登場する、クローザーの締めをお膳立てする役目を、SU(セットアップ)と書いているのは、作者の周到な取材と見識の齎す宝石と感じる。大拍手である。
 
 日本のスポーツジャーナリズムは、とにかくズボラで、「セットアッパー」などと、言葉づかいを壊して喚いていて、当方に叩かれているのだが、本作は、きっちりしているのである。
 
 と言うことで、当カテゴリーで滅多にない賞賛記事であるが、これが二度目なのである。多分、国内ジャーナリズムの用語とぶつかるので、あまり言いたくない、書きたくない言葉かと思うのである。
 
 以上、単なる素人の、閑散ブログでの発言なので、いくら言い立てても埋もれるだろうが、微力を尽くすのが身上なので、ここに記事を公開するものである。
 
以上

 

« 今日の躓き石 毎日新聞駅伝報道の「リベンジ」汚染 | トップページ | 倭人伝随想 10 里数の底流 餘の世界 1/2 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の躓き石 「フォーシーム」SUにルビーの栄冠:

« 今日の躓き石 毎日新聞駅伝報道の「リベンジ」汚染 | トップページ | 倭人伝随想 10 里数の底流 餘の世界 1/2 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

カテゴリー

無料ブログはココログ