« 倭人伝随想 9 晋書地理志に周朝短里を探る 5/9 改 | トップページ | 倭人伝随想 9 晋書地理志に周朝短里を探る 7/9 改 »

2018年12月26日 (水)

倭人伝随想 9 晋書地理志に周朝短里を探る 6/9 改

                    2018/10/26  2018/12/26 修正 2020/11/08
*井田受田
 一夫一婦受私田百畝,公田十畝,是爲八百八十畝,餘二十畝爲廬舍,出入相友,守望相助,疾病相救。

 井田制度では、農民は、二十歳で、私田百畝、公田十畝の計百十畝の良田を受け、六十歳で返納するまで、毎年の収穫時に公田からの収穫を税として上納すると書かれているようですが、それは一割以下の税率であり、古来、そのような低税率で運用された政府は無く、実際のものとは思えないのです。

*軍制、地方官規定への拡張

 司馬法には、井田を基礎とした周の軍制、地方官制が書かれています。

 十井、つまり、一里区画の十倍を通、十通を成とし、成は、一辺十里とします。続いて、十成を終、十終を同とし、同は、一辺百里とします。続いて、十同を封、十封を畿とし、畿は一辺一千里としてす。丁寧に、一里に始まる十倍階梯で帝国の広域に結びつけています。

令地方一里爲井,井十爲通,通十爲成,成方十里。成十爲終,終十爲同,同方百里。同十爲封,封十爲畿,畿方千里。

*軍制、地方官規定の拡張

 これと別に、四井を邑とし、四邑を丘とし、この丘は、十六井としています。丘ごとに、戎馬一匹、牛三頭の保有が課せられています。

故井四爲邑,邑四爲丘,丘十六井,有戎馬一匹,牛三頭。

 続いて、四丘を甸とし、田は、六十四井としています。井は、戎馬四匹、兵車一乗、つまり、四頭立ての兵車一台に加え、牛十二頭、甲士三人、卒七十二人を有します。これを、乗車の制と言い、兵車乗数の計算基準となります。(甸 ①天子直属の都周辺の土地。「甸服」「畿甸(キデン)」 ②郊外。 ③おさ(治)める。 ④農作物。 ⑤かり。狩りをする。かる。)

四丘爲甸,甸六十四井也,有戎馬四匹,兵車一乘,牛十二頭,甲士三人,卒七十二人。是謂乘車之制。

*地方官規定への拡張
 同は、一辺百里であり、領地は一万井となります。但し、領地内には、山川、坑岸、城池、邑居、園囿、街路など、耕作地外の土地が三千六百井であり、残る六千四百井が出賦で、戎馬四百匹、兵車百乗を有します。領主である卿大夫は百乗の家と呼ばれるのです。

一同百里,提封萬井,除山川、坑岸、城池、邑居、園囿、街路三千六百井,定出賦六千四百井,戎馬四百匹,兵車百乘,此卿大夫菜地之大者也,是謂百乘之家。

 と言うことで、里は、各地領主の軍備計算の根拠であり、兵車の乗数は領主の権威の格付けでもあります。

                               未完

« 倭人伝随想 9 晋書地理志に周朝短里を探る 5/9 改 | トップページ | 倭人伝随想 9 晋書地理志に周朝短里を探る 7/9 改 »

歴史人物談義」カテゴリの記事

倭人伝随想」カテゴリの記事

倭人伝道里行程について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 倭人伝随想 9 晋書地理志に周朝短里を探る 6/9 改:

« 倭人伝随想 9 晋書地理志に周朝短里を探る 5/9 改 | トップページ | 倭人伝随想 9 晋書地理志に周朝短里を探る 7/9 改 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ