« 倭人伝随想 9 晋書地理志に周朝短里を探る 6/9 改 | トップページ | 倭人伝随想 9 晋書地理志に周朝短里を探る 8/9 改 »

2018年12月26日 (水)

倭人伝随想 9 晋書地理志に周朝短里を探る 7/9 改

                    2018/10/26  2018/12/26 2019/01/29 修正 2020/11/08
*天下のかたち
 司馬法は、さらに、高位の軍制を示しています。

一封三百六十六里,提封十萬井,定出賦六萬四千井,戎馬四千匹,兵車千乘,此謂諸侯之大者也,謂之千乘之國。

 封は、三百六十六里(正しくは三百十六里)で一万井となります。うち、六万四千井が出賦で、戎馬四千匹兵車千乗を有し千乗の君と呼ばれます。

天子畿內方千里,提封百萬井,定出賦六十四萬井,戎馬四萬匹,兵車萬乘,戎卒七十二萬人,故天子稱萬乘之主焉。

 天子の畿内は、方千里で、地は百万井。六十四万井が出賦で、戎馬四万匹兵車万乗を有し、天子は万乗の君と呼ばれます。

*遠大な構想
 以上のように、周制は、尺から始まって、天子の直轄領分である一辺千里(一辺四百五十㌖)に至る倍率の階梯がきっちり規定されていて、勝手に、一部をずらすことはできない仕掛けです。
 天子直轄領は、約二十万平方㌖で、 本州島面積の約二十三万平方㌖に匹敵しますが、これは、周王朝の京畿であり、諸国所領はこれを越えているものがあったと見えます。

*秦制の意義
 秦が天下統一した後、周衰亡の原因として、このような形式的軍制が、周辺勢力への防衛にならなかったと提起され、始皇帝は、「乗」数軍制を廃棄しましたが、周制の里規定に手を加え、一歩六尺を新設したとはなっていません。

 里と連動した土地面積単位として「畝」が存在しているので、いかに始皇帝でも、土地検量、税の付け替えは避けたとは思うのです。

*秦朝の里制変更
 いや、当方にも意外だったのですが、司馬法のみならず、晋書地理志自体の記事にも、秦始皇帝が里制、井田制などを改めたとの記事は無いのです。
 井田制は、単に廃止されたのでしょうが、里制は廃止できないので、改定すれば記録が残るはずです。特に周制の定義が延々と引用されている以上、里制の変更だけ実施することはできないのは自明です。

 と言うことで、秦始皇帝は、周制による尺、歩、畝、里から天下に至る大系に手を加えなかったのです。

*地域短里制の消滅

 ついでながら、倭人伝里制は、朝鮮半島にも実施されていたかも知れませんが、三韓体制と帯方郡支配が崩壊し、新興の新羅、百済が東西に勃興し、その際に中国里が敷かれたと思われます。そして、遂に、短里制は、倭独特の「倭里」となり、倭の消滅と共に、日本里制に置き換えられたのです。

                               未完

« 倭人伝随想 9 晋書地理志に周朝短里を探る 6/9 改 | トップページ | 倭人伝随想 9 晋書地理志に周朝短里を探る 8/9 改 »

歴史人物談義」カテゴリの記事

倭人伝随想」カテゴリの記事

倭人伝道里行程について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 倭人伝随想 9 晋書地理志に周朝短里を探る 7/9 改:

« 倭人伝随想 9 晋書地理志に周朝短里を探る 6/9 改 | トップページ | 倭人伝随想 9 晋書地理志に周朝短里を探る 8/9 改 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ