« 新・私の本棚 「邪馬台国」徹底論争第1巻言語、行程・里程編 1-11 | トップページ | 新・私の本棚 「邪馬台国」徹底論争第1巻言語、行程・里程編 3-11 »

2019年3月19日 (火)

新・私の本棚 「邪馬台国」徹底論争第1巻言語、行程・里程編 2-11

 新泉社 1992年6月刊 東方史学会/古田武彦編     2019/03/19

◎行程・里程記事の構成と近畿説 山尾 幸久 [承前]
・勝手読みに起因した誇張説
 と言うことで、氏の里程論は、畿内説という先入観に基づいて、早々に「一解釈」を選択していて、それなりにまとまりがありますが、逆に言うと、韓国内は短里と見ていて、選択した倭人里程と異なり不首尾と思われます。

・不思議な不首尾
 こうした見方は、いわゆる粗雑な誇張説にも見られる不首尾です。つまり、実態の明らかな韓国里程を六倍程度の誇張と見ながら、実態の不明な倭人里程を普通里と見るのは何とも首尾一貫せず、端的に言うと、誤解、ないしは、勘違いの押しつけと見ざるを得ないのです。

 それでもこの里程説に固執するなら、倭人伝里程は、一貫した基準のないでっち上げという主張となります。氏は、安直な「妄言説」でない筈なので、苦言を呈する次第です。

・九州説里程の全否定
 皮肉なことに、氏は、「九州説の方(かた)」が、「水行十日、陸行一ヵ月」が誇張、虚構と、言いたい放題になっていると批判しますが、「九州説の方」の論説の引用無しなので、不出来な印象批評に陥っています。諸論ある中で、できの悪いものをやり玉に挙げたかと危惧します。

・神がかりの「地図」
 末尾に、氏は、倭人伝の断片的記述を基に、壮大な「政治宗教地図」を創作し、その図式は、九州説の「政治権力論」や「国家形成史」から導き出せないので、近畿説を選んだという追記をしていますが、どうみても里程論に関係無く、具体的に引用がないので、どうにも、論評の仕様がないのです。

 当方は、三世紀当時の交通、文書通信事情(文字がないので文書通信不可能)から見て政治宗教地図は存在せず、後生創作もないと見て、議論にならないのです。追加論説の場所を間違えたのでしょうか。いや、編集部が、追記を認めているので、当方が、物知らずなだけなのでしょうか。

・まとめ
 氏は、六世紀以降の近畿政権の姿を三世紀にずり上げて当てはめている「結果論」史観であり、後世史には確固たる解釈ができているので、ある意味「結果論」不敗の強さはあっても、倭人伝に無理な先入観を押しつけている感は免れません。ある種の時代錯誤がにじみ出ているのが、どうにも残念です。

 余談ながら、氏が、魏使が洛陽から来たとしているのは奇妙な感じです。伝統的に、蛮夷対応、つまり、漢蕃関係は出先、帯方郡の責任であり、魏使は帯方郡人士です。洛陽の鴻臚館担当官が郡まで来たり、海船と船員は洛陽から青州に指示したりしても、以降の土地勘はなく、交替が妥当なのです。
                             この項完

« 新・私の本棚 「邪馬台国」徹底論争第1巻言語、行程・里程編 1-11 | トップページ | 新・私の本棚 「邪馬台国」徹底論争第1巻言語、行程・里程編 3-11 »

歴史人物談義」カテゴリの記事

倭人伝随想」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 「邪馬台国」徹底論争第1巻言語、行程・里程編 1-11 | トップページ | 新・私の本棚 「邪馬台国」徹底論争第1巻言語、行程・里程編 3-11 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ