« 新・私の本棚 「邪馬台国」徹底論争第1巻言語、行程・里程編 6-11 | トップページ | 新・私の本棚 「邪馬台国」徹底論争第1巻言語、行程・里程編 8-11 »

2019年3月19日 (火)

新・私の本棚 「邪馬台国」徹底論争第1巻言語、行程・里程編 7-11

 新泉社 1992年6月刊 東方史学会/古田武彦編     2019/03/19

◎『穆天子伝』の証明と短里10の論点 古田 武彦
 古田氏の里程論は、出発点から論証補強の過程を経て、強固な結構を成して、10の論点として表明されています。というものの、氏が出発点で形成した「定理」は完全無欠でなく、誤解や思い込みが見られます。そうした「定理」は、派生論も含め一種の虚構であり、当方として反論を避けたいものを含んでいます。(「穆天子伝」論評は省略)

 以下は、勝手ながら氏の定理に対する批判と致します。
1. 「部分をすべて足すと全体になる」
 里程論文脈で書かれたものに言葉を足すと、「倭人伝里程の内、郡から倭都の行程里数を全部足すと全体里数一万二千里に等しい」と解されます。
 この提言自体は、いわば、等号の左辺と右辺は等しい、と言う算術の基本の基本であり、それ自体、反論できるものではありません。
 倭人伝里数に関して、本項が正しく適用されているか検証が必要です。

1.1 部分里数と全体里数
 氏は、伊都から不弥を経て倭都に至ると解しています。これでは、郡から狗邪の郡狗行程七千里、狗邪から末羅の狗末行程三千里、末羅から伊都五百里、伊都から不弥百里の合算は一万六百里で全体里数一万二千里に足りないので、両島半周の八百里と六百里の隠れ端数里程を追加し、不弥から倭都の最終行程は端数と無視して、一万二千里としています。
 しかし、倭人伝に明記されていない端数里程を加えるのは、所説に合わせた読み替えであり、そのような帳尻合わせには同意できません。むしろ、氏の史料批判の原則に反した無効な主張と感じます。

1.2 倭人伝の「余」
 倭人伝の里数戸数は、ほぼ全面的に「余」であり、氏を含め各論者は「余」は端数切り捨てと見ますが、それでは、加算を重ねると切り捨て部が累積して不安定になるのは誰の目にも明らかです。冷静な判断として、倭人伝の「余」を中心値と見れば、加算を重ねても端数が累積せず、端数を無視できるので、倭人伝に頻出する「余」は合理的表記と見えます。

1.3 倭人伝里数の精度
 氏を含め各論者は、倭人伝の里数、戸数表記は、有効数字一桁の概数と見ますが、その精度の根拠は無く、むしろ、有効数字半桁の概数と見られます。つまり、行程の千里単位の里数は、七千里と三千里(千里渡海三回)であり、全体里数は、桁の上がった一万二千里となっています。

 つまり、一万+二千の二桁の扱いでなく、千里計算で「十二」千里、つまり、千里表記で七「千」、十「千」に続く十二「千」と見るべきなのです。

 当時は、算用数字の多桁計算がなく、最上位一桁で計算したのです。
                                未完

« 新・私の本棚 「邪馬台国」徹底論争第1巻言語、行程・里程編 6-11 | トップページ | 新・私の本棚 「邪馬台国」徹底論争第1巻言語、行程・里程編 8-11 »

歴史人物談義」カテゴリの記事

倭人伝随想」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 「邪馬台国」徹底論争第1巻言語、行程・里程編 6-11 | トップページ | 新・私の本棚 「邪馬台国」徹底論争第1巻言語、行程・里程編 8-11 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ