« 新・私の本棚 「邪馬台国」徹底論争第1巻言語、行程・里程編 8-11 | トップページ | 新・私の本棚 「邪馬台国」徹底論争第1巻言語、行程・里程編 10-11 »

2019年3月19日 (火)

新・私の本棚 「邪馬台国」徹底論争第1巻言語、行程・里程編 9-11

 新泉社 1992年6月刊 東方史学会/古田武彦編     2019/03/19

■補足
◎『医心方』に見られる単位   槙 佐知子
 当論説は、大変貴重な知識を与えていただけるものでしたが、いかんせん、先入観で視野、聴覚を狭める研究者には、馬の耳に念仏かも知れません。

◎尺と歩、歩と里は対応していた 山尾 幸久
 当記事が追記された意義は、今ひとつわからないのです。というのは、氏は、すでに、倭人伝の短里について、完全否定の先入観を形成していて、反論に耳を貸さないとしているので、記事を読む意義が感じられないのです。

・魏使の正体
 ここで、氏は、自説補強として、倭人伝の魏使が洛陽官人と先入観によって決め込んでいますが、倭人伝にあるように、魏使は帯方郡官吏だったので、氏の論理は成り立たないのです。これもまた、ご自身の世界観で史料を塗りつぶす先入観型史料改竄のせいではないでしょうか。

・尺歩、歩里の関係
 ご提案の尺歩、歩里関係は、正史である晋書地理志に引用の司馬法で周制に始まる関係が規定され、定義上微動も許されない堅固なものとわかります。

 いわば、鉄骨構造であり、後世人が思うほど、曖昧で融通の効く定義てはなかったことがわかります。

・憶測先入観の危惧
 この点、氏としては、各種資料の参照が不十分なため、単なる憶測でしかないと見られていたのでしょう。もったいない話です。

・論説批判 総まとめ
 スペースの関係で、山尾氏論説批判を、ここで締めくくります。

 氏は、倭人伝女王国はヤマト国、後のヤマト政権に継承されたと見て近畿説を堅持し史料を解読しますが、史料の読みが偏っているように見受けます。

 三世紀に王都ヤマト国があったら「邪馬都国」と書かれたはずです。

 すでに都は「ト」で通じていたから都を避ける理由は無かったはずです。提案の「邪馬臺国」は、ヤマダイ国でヤマトと読めず、字の違う邪馬「台」の異例の「ト」発音は、絶対不可能でないとしても出る幕がないのです。

 後世、八世紀初頭の日本国ヤマト政権に異議はなく、結果論として、四世紀以降の何れかの時点で、順当にヤマトが勃興したと見ても、倭人伝を無理矢理書き替えて、三世紀に引き上げる必要はないと見受けます。

 そうであれば、古墳時代開始を三世紀にずり上げる造山運動も、それに伴う考古学年代観の地殻変動も必要ないと見えます。古代史学界に関わりの無い素人には、邪馬台国近畿説は、そのように見えるのです。
                             この項完

« 新・私の本棚 「邪馬台国」徹底論争第1巻言語、行程・里程編 8-11 | トップページ | 新・私の本棚 「邪馬台国」徹底論争第1巻言語、行程・里程編 10-11 »

歴史人物談義」カテゴリの記事

倭人伝随想」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 「邪馬台国」徹底論争第1巻言語、行程・里程編 8-11 | トップページ | 新・私の本棚 「邪馬台国」徹底論争第1巻言語、行程・里程編 10-11 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ