« 新・私の本棚 番外 諸説あり!邪馬台国S 「幻の国」2/6 | トップページ | 新・私の本棚 番外 諸説あり!邪馬台国S 「幻の国」4/6 »

2019年5月12日 (日)

新・私の本棚 番外 諸説あり!邪馬台国S 「幻の国」3/6

 諸説あり !邪馬台国スペシャル!▽古代ミステリー幻の国は”ここにあった”

 私の見立て ★★★★★ 必見 BS TBS 2019/05/10 記2019/05/12

□諸説 2 九州説
 もう一方の雄である九州説の泰斗高島氏は、圧倒的な地の利を得ている自信からか泰然自若、纏向説ほど、無理なこじつけはしていないものの、殊更、至宝である吉野ヶ里遺跡に、纏向と張り合うように、古代国家の巨塔を設けて、「幻」を創造していますが、肝心なのは国家考証の部分です。

 そもそも、三世紀当時、九州と畿内の間には、交渉どころか、交信もほぼなかったので、武威を競い合うことはなかったのです。勢威を示すのは、近隣諸集団であり、高貴な貢ぎ物を求めるのではなく、収穫の一部を搬送してくれれば良かったのです。三世紀に「古代国家はなかった」と見るべきです。

 倭人伝に東方海を渡ると倭種がいて、倭国に属さないと記されています。

 演出された吉野ヶ里「帝国」は、三世紀に不似合いに強固な十全国家なのに、後代に継承されず埋没したことへの疑問も解けないのです。

 そうそう、鉄器の大量出土の示すものは、当時鍛冶屋が営まれていて、鉄器の作成補修が、国の基礎として確立されていたという大事なことです。

*卑弥呼の姿
 「民衆の前に姿を現すことがなかった」とは、誤解と誇張の重畳です。後世ではないから、国王が「民衆」の前で支持を求めることはなかったのです。報道機関も人員大量移動もないから、民衆は首都「村」の村民なのです。

 「見るもの少なし」をそうに読んだら取り違いです。大国の王でありながら、日々、朝見、裁可の執務はしなかったというものです。

 テレビ番組の定番とは言え、倭人伝にない「大乱」闖入は困ったものです。

 復習と言うものの、平原王墓の称揚は、冷静であり尊敬に値します。但し、倭人伝に書かれていない「呪力」の連呼はいただけません。

*算術能吏の影 文明の萌芽
 今回の出色は、筆墨硯の存在を強く示唆する遺物です。紙生産の形跡がないので竹簡時代でしょう。番組は、硯と共に紹介した案(書卓)の意義を追求していませんが、読み書きに加え算数の訓練がされた会計計算、日本語で言う経理の形跡に見えます。能書吏員を養成すれば、算木で大量の計算がこなせます。関連して、地籍・戸籍簿も示唆されます。このように、古代国家の要件は、帳簿を伴う文書行政であり、書卓は文治国家の肝心な要素です。

□番組の限界
 番組制作者としても、一方に荷担する番組作りはできないし、まして、「両陣営に批判的な論者の意見はないことにして」行かざるを得ないのでしょう。権威者の顔を潰さないようにしないと、以後番組制作に協力が得られなくなるし、日常の報道にも支障を来すと懸念されるのです。

 そんな学界背景は、熱湯風呂にも似た形勢になっているのです。批判するなら、両陣営が炊き立てている熱湯風呂に浸かって所感を述べよというものです。それが、「終わりなき邪馬台国論争」の実相です。

 今回、前半を見て、またもや、熱湯風呂の温め直しかと思ったのです。

                               未完

« 新・私の本棚 番外 諸説あり!邪馬台国S 「幻の国」2/6 | トップページ | 新・私の本棚 番外 諸説あり!邪馬台国S 「幻の国」4/6 »

歴史人物談義」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 番外 諸説あり!邪馬台国S 「幻の国」2/6 | トップページ | 新・私の本棚 番外 諸説あり!邪馬台国S 「幻の国」4/6 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ