« 新・私の本棚 番外 歴博展示物「後漢書東夷伝」竹簡巻物復元複製の快挙 | トップページ | 今日の躓き石 毎日新聞の罪深い不見識 「フォルムフェチ」 »

2019年5月 9日 (木)

今日の躓き石 毎日新聞野球報道「リベンジ」汚染と迷走

                      2019/05/09

 本日の題材は、毎日新聞大阪朝刊13版、スポーツ面の「逆転サヨナラ」ゲーム戦評の締めである。「首位チーム相手に強烈なリベンジを果たした。」と格好を付けているが、何とも、格好の悪い言葉遣いである。

 「リベンジ」なる悪質なだめ言葉談義は恒例であるが、担当記者が理解していないようなので、復讐、いや復習する。

 「リベンジ」は、いわゆるカタカナ言葉であるが、語源が英語とすると、revengeであり、これは、「殺す」とか「死ね」とかに類する、太古以来悪質な禁句である。現代に頻発する報復テロを正当化する言葉だからである。いや、若者言葉では、「テロ」も冗談半分になっているようだが、自爆テロを含み、多数の死傷者をもたらす行為であるから、冗談めかしている場合ではない。

 それが、特にスポーツ分野で蔓延しているのは、むしろ、前近代的な勝負観から来ていて、負けた相手にやり返す、仕返しする、ぶち殺すという不穏な意味になっている。全国紙のスポーツ報道から排除すべきであることは言うまでもない。

 ところが、近年目立っているのは、「再挑戦」の意味の、かなり軽い誤用であり、むしろ、こちらが若者文化の主流ではないかと思うのである。先日も、NHK総合の若者向けスポーツ関連番組で、「リベンジ」が連発されていたが、公共放送も、若者に迎合する時は馬鹿になるという例かも知れない。

 と言うことで、今回の記事を見ると、これは「復讐」と読める。担当記者は、若者言葉に迎合するのではなく、単に、このみっともないインチキな言葉遣いを持ちだしているようである。署名記事とは言え、ここでは個人攻撃とはしていない。全国紙の紙面に掲載される以上、全国紙の基準に沿った言葉遣いになっていると思う。毎日新聞は、血なまぐさいリベンジを公認、奨励しているのか、と言うことでもある。

 後世に残したくない「腐った」言葉が、言葉の護り人として敬意を払っている毎日新聞の紙面に、またまた出回っているのを見るのは、まことに残念である。微力な一宅配購読者として、悪声ながら、一声上げているのである。

以上

« 新・私の本棚 番外 歴博展示物「後漢書東夷伝」竹簡巻物復元複製の快挙 | トップページ | 今日の躓き石 毎日新聞の罪深い不見識 「フォルムフェチ」 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 番外 歴博展示物「後漢書東夷伝」竹簡巻物復元複製の快挙 | トップページ | 今日の躓き石 毎日新聞の罪深い不見識 「フォルムフェチ」 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ