« 新・私の本棚 番外 毎日新聞「今どきの歴史」 『天皇制の「伝統」』論 2/2 | トップページ | 倭人伝随想 15 倭人伝道里の話 余録 「短里混在」一括否定の無理 »

2019年5月20日 (月)

今日の躓き石 毎日新聞のスポーツ報道は水準以下 リレーの「リベンジ」

                          2019/05/20

 今回の題材は、毎日新聞のスポーツ報道であるが、紙面の記事でなく、ネット記事である。
  「安全バトン」でリベンジ 男子400リレーV「世界」へ自信
毎日新聞2019年5月19日 20時07分(最終更新 5月19日 20時08分)

 リレーチームがリベンジを果たしたと言うが、前回レースは、自分たちの不手際で失敗したのであり、誰を恨むこともできないはずである。メンバーに聞いてみないとわからないが、まさか、審判を恨んでいたのか。それで、パトンを叩きつけるたりしたのか、などと要らぬ心配をしてしまう。

 毎日新聞の記事は、選手達に野蛮な復讐の悪習があると非難した上に、前回は「お手玉」したので。今回は、受け手を見てから出す、いわば後出ししたと、きつく揶揄して、二重に罵倒しているように見える。
 当方の意見では、連敗して観客をとことん失望させる訳にはいかないという必死の思いを大事にしたい。いくら権威のある全国紙でも、ここまで、選手達を踏みつけにすることはないのではないか。

 因みに、グーグルニュースで各紙、ネットニュースの見出しを眺めると、スポーツ紙などでも、わざわざ「リベンジ」を言い立てているのは、決して多くはない。全体として、メディアの良心は失われていないということである。

 して見ると、毎日新聞スポーツ担当は、自分たちの使う言葉に無頓着で、品格が地に墜ちていることになる。正気に返って、この辱(はじ)を雪(すす)いで欲しいものである。くれぐれも、当ブログに向かって石を投げるのはご勘弁いただきたい。ネット記事は、訂正ができるので、不適切な言葉で選手に不快感を与えたことを詫び、撤回したらどうかと思うのである。

 リベンジなどと言い換えて、逆恨みや八つ当たりなど、最低である。いや、これは、スポーツ選手に言っているのだが。

以上

« 新・私の本棚 番外 毎日新聞「今どきの歴史」 『天皇制の「伝統」』論 2/2 | トップページ | 倭人伝随想 15 倭人伝道里の話 余録 「短里混在」一括否定の無理 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 番外 毎日新聞「今どきの歴史」 『天皇制の「伝統」』論 2/2 | トップページ | 倭人伝随想 15 倭人伝道里の話 余録 「短里混在」一括否定の無理 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ