« 今日の躓き石 フレッシュ球宴に毎日新聞の汚れた祝福「リベンジ」 | トップページ | 新・私の本棚 榎一雄著作集 第八巻 邪馬台国 御覧所収魏志  1/5 »

2019年7月12日 (金)

新・私の本棚 村山 智浩 コペテン! 邪馬台国 論理と常識の果てに 総評

               文芸社 二〇一八年一〇月刊    
私の見立て ★★★★☆ 力作 ほぼ必読 但し冗長 記 2019/07/12

□まずは総評
 全体として肯定的読後感ですが、賛成できない部分がとても多く、大波小波の不安定さが心配です。力説部は、言い方が感情的で論旨がぶれています。
 目次で見るに、章節の階層構造が崩れて錯綜としています。編集部が学術書のイロハを教えてないからであり、読者に徒労・消耗感が横溢しました。
 総じて、ご自身でのダメ出しが不足で、玉石混淆、土砂降り時々晴れ間の不穏な天候になっているのでしょうか。次作に期待するところです。

*目につく帯の乱調
 でかでかと侏儒国記事を摘発していますが、倭人伝二千文字(約を略す)解釈「一説」の欠点で説全体を指弾するのは学術的ではありません。どんな説にも欠点はあり、欠点を幾つあげても「一説」の評価に影響しないのです。
 題名の奇天烈さと共に、心ある読者の手が伸びない原因と見ます。もっとも、近年の倭人伝論は、大抵こうした行き方なので、特に非難すべきではないのでしょう。但し、読者に誤解されて損して、勿体ないですね、と言う事です。

*短里否定の重畳現象
 著者の論は、倭人伝里程で有力視されている「短里」に連動して常用尺の六分の一の「短尺」が通用していたはず、とする提案であり、言い換えると、論証の間に不確かな飛躍をしているので、不確かと見ざるを得ないのです。

*魏晋朝短里制ばなし
 中国史上の里制に関し、最も信頼すべき晋書「地理志」は、秦始皇帝が、周里(普通里)を全国に徹底し、それ以降の漢魏晋も、同一里制を施行したとしています。なぜ、同一かというと里制変更記事が、地理志にないからです。

 周制の一里三百歩は、耕作地の「畝」も巻き込んでいるので、「畝」を変えずに里を六分の一にする曲芸は不可能です。まして、そのような曲芸が実施されたのなら、晋書地理志が制度変更を記録しないわけがないのです。

 魏晋朝短里説は、魏朝で里制の中の「里」だけ短縮されたとのあり得ない説と断じられます。あったというなら、明確な証拠が必要です。

*地域里制の可能性
 普通里に関する周制が朝鮮半島に及んだ記録はないし、秦始皇帝の周制布告が「全国」くまなく、つまり、辺境である朝鮮半島まで徹底した記録はないので、地域里は、否定できないのです。
 普通里でない「地域里」が、記録にないままこの辺境で維持されていたとして、こちらは大太古以来ほぼ不変の常用尺度である「尺」とどう関係したかの記録もないのですが、計算の便で一尺二十五㌢(一㍍の四半分)、一里七十五㍍と仮定すると、七十五×四なので一里三百尺と明解です。憶測を論証してもしょうがない気もしますが、以上考えると、倭人伝が地域里を使用して書かれたとしても、「尺」は二十五㌢程度で代わらず、侏儒国民の身長も変わらないのです。朝鮮半島の土地が、どんな「畝」で測られていたかは、記録がないので不明です。

*当面の結論 本文は、別途審議します
 憶測は一段でも覚束ないのに、二段重ねると転けて当然でしょう。再版の機会があれば、帯は外した方がよいのです。

                                完

« 今日の躓き石 フレッシュ球宴に毎日新聞の汚れた祝福「リベンジ」 | トップページ | 新・私の本棚 榎一雄著作集 第八巻 邪馬台国 御覧所収魏志  1/5 »

倭人伝随想」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の躓き石 フレッシュ球宴に毎日新聞の汚れた祝福「リベンジ」 | トップページ | 新・私の本棚 榎一雄著作集 第八巻 邪馬台国 御覧所収魏志  1/5 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ