« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月26日 (月)

新・私の本棚 番外 毎日新聞「今どきの歴史」 沖縄考古学会の試錬

 私の見立て★★★☆☆ 購読料相当ないしそれ以上のもの     2019/08/26

 題材は、毎日新聞夕刊文化面の月一歴史コラムで、今回は、発足五十年目前の沖縄考古学会会長上原靜(しずか)沖縄国際大教授の高説の紹介です。

*お「熱い」のは嫌い
 「グスク時代の研究が熱いです」とは、とんでもない開幕ですが、いくら、発言の引用報道としても、史学者として、最新の研究状況を毎日新聞読者に伝える際に、このような低次元の言葉の乱れは、ご本人に勿体ないものと思われます。

 本文として、一般読者になじみのない「グスク時代」には説明がありますが、全体に、従来と今回紹介との時代区分の差異が不明確です。
 教養豊かな担当記者には自明でしょうが、沖縄における「先史時代」とは、いつどのような時代なのか説明がありません。七世紀以降のようですが、「先史」とあるのが、石器時代の言い換えなのか無記録時代の趣旨か不明です。

 遣唐使が「盛んに」往来したといっても二十年一回程度で、誇大視する根拠が不明です。遣唐使来訪で、物資買付けならぬ物々交換で中国銅銭を代価としたとは首尾が一貫しません。貨幣経済がなければ、貨幣を「富として」蓄えないから、装飾品と見なされていていたとする定説が、今回、何が原因で、貨幣経済ありきと変わったのでしょうか。

 以上は、素人考えですから、専門家にしたら、子供みたいなこと言うな、勉強して出直して来いというものでしょうが、ここでは、歴史マニアならぬ一般人の意見として、初見の所感を率直に述べたものです。

*南海の提言
 さて、今回も、記者は、氏の発言をさかなに自説を展開しているのでしょうが、氏の提言と記者持論が混沌として最後の訓辞は難解になっています。

 「本土は何かと沖縄に固有性を求めがちだと思うが、それも平板すぎる。沖縄考古学の今後の新しい発信に注目したい。」

 ここは、記事の地の部分で、記者私見のはずですが、それにしては、随分粗暴な押しつけと感じられます。
 「本土は..がちだ」は、我々一般人への批判らしいのですが、少なくとも、当方は沖縄の文化的独自性が好ましくても、ないものや物足りない所をひねり出すように強要するつもりなど、全くないのです。この下りが記者の自省の趣旨だとしたら、勝手に自戒/自罰するにとどめて、他人を巻き込まないで欲しいものです。
 沖縄考古学の「新しい発信」で記者は何を要求しているのでしょうか。当方の受信機のスイッチは切れているので、無縁の衆生です。
 「平板」とは、どんな趣旨でしょうか。この場で「的」の付かない名詞もどき、隠れ形容詞「平板」の起用は、場違い、かつ、異例で、氏の玉稿に「平凡」の誤記があったかと勘ぐり、ここで頓挫しました。
 また、肯定的「すぎる」かとも惑いました。批判的用法なら、「平板にすぎる」と言うものと思います。そして「平板」は堅実さへの賛辞と見えます。

 全体として、「今どき」風「違和感すぎ」でしょうか。報道は、なによりも平明・明解に願いたいものです。

 「熱い」と若者言葉で開幕しても、最後は、読者になじみやすい言葉でしめるものでしょう。先に挙げた言葉は、氏の発表の解説記事の総括に相応しいとは思えないのです。

*新説待望の危惧
 それにしても、考古学は、既に起きたことを遡って説き起こす「学問」ではないのでしょうか。記者は、考古学に革新と破壊を求めているのでしょうか。
 ここで説かれている新説待望は、新聞記者が「紙面映え」のために求めるものであって、全国紙の高名な記者がこのように熱弁を振るうのは、ほとんど「強要」ですが、だからといって、学問の徒が血道を上げるべきものではないと思うのです。

 毎回ながら、記者は、ご自身の使命を勘違いしているように思えます。

                                以上

2019年8月23日 (金)

今日の躓き石 履正社の蛮風 NHKニュースでも「リベンジ」発言報道 不祥事の拡散

                            2019/08/23

 NHK正午のニュース、といっても、大阪版であるが、選手が堂々と「リベンジ」を誇っていたので、公平のために、公共放送としての報道姿勢を批判するのである。

 ここまで、朝日新聞の大々的な履正社「リベンジ」報道に対して、毎日新聞は、社会面記事以外では、言及を抑制しているように見えたのであるが、公共放送が、事実報道の形を借りて、悪質なカタカナ語の普及に手を貸したのは、情けないものがある。
 もちろん、「忠実に」報道された問題発言は、学校の指導方針に責任がある不祥事であり、できれば、高野連から丁寧に指導していただきたいものであるが、スポーツに本来無縁の、復讐、仇討ち、意趣返しの風土は、一日も早く一掃していただきたいものである。このような忌まわしい伝統は、伝統などでは無いと思うのである。指導者は、口先だけの叱責で保身できて満足だろうが、選手達には精神的な体罰であり、しかも指導者の発言は報道されず、選手は、終生、この真っ黒な「栄光」を、雪ぎようもなく背負っていかなければならないのである。

 履正社の蛮風に手を貸したNHKの拭いがたい汚れた手は、選手達の心に癒やしがたい傷を刻み込み、何とも言いがたいものであり、この分だけ、受信料を返還いただきたいものである。

 それにしても、履正社の蛮風が、ここまで報道されると、学校の恥が美風として全国に伝染するようで、空恐ろしいものがある。公共放送は、このような負の遺産の継承を支持しているのだろうか。

以上

今日の躓き石 毎日新聞社会面の汚点 履正社の栄冠に「春リベンジ」で不滅の汚名

                             2019/08/23

 今回の題材は、宅配されている毎日新聞大阪13版社会面の記事である。高校野球選手権大会の履正社報道の不手際である。スポーツ面には、正々堂々たる報道が託されているから、社会面記事の不手際は、社会面記者の勘違いなのかも知れないが、堂々と社会面の横見出しで、「春リベンジ 有言実行V」などと、主旨不明の戯言を連ねて誌面を汚しているということは、毎日新聞として、このような報道が正当だと主張していると見られるのである。だから、ここに詰問するのである。

 今回の社会面記事の難点は、幾つか重畳している。
 一つには、「リベンジ」なる悪質なカタカナ語の伝搬に手を貸していることである。動植物界の外来種のように、悪質な新語は、繁殖を阻止し、断絶させるのが、責任あるマスメディア全体の務めと思われるが、この記事は、まるで履正社の美風を報道して、リベンジの普及に手を貸している。情けない。そして、報復には報復、無限の血の連鎖を称揚しているようである。毎日新聞の報道は、そのようなものであったかと歎きたくなる。

 二つには、高校野球界野球界の一部に、頑としてはびこっている蛮風である前世紀の遺物、復讐の気概を、高々と称揚しているからである。誰でも、試合に負けたらくやしいのは当然である。指導者は、自身の保身のため、そして、背後の経営者の叱責に応じて、負けた相手に必ず報復しろと指導し、選手も、それを受けているのかも知れないが、根本的に、それは、封建時代の遺物、「レジェンド」ではないか。かび臭い遺物は、博物館に引退いただくべきではないか。
 少し考えればわかるように、今回の大会で勝ったからと言っても、前回決勝で負けたという事実は、長く続いている高校野球の歴史の一部として不滅の「輝き」を放っているのである。優勝校を除いて、皆一度は負けているのである。
 それにしても、多数の高校の中から決勝まで進んだのは、それ自体「不滅の栄光」である。それを、一生拭えぬ屈辱と感じさせて、負けた相手に、その怒りをぶつけさせるのは、指導者のお門違いではないか、と思うのである。選手は、自分で自分の達成感を捨ててしまうだけでなく、それまでに敗退したチームを踏みつけにし、大会の価値を落としていることになるが、そんなところに、負けた不満、挫折感をぶつけてどうするのか。考え違いも甚だしいのである。百撓不屈であって欲しいものである。

 以上は、毎日新聞社たるもの、事実の裏付けなしに見出しを打たないだろうと信じて書いたが、実際は、後続記事に、「リベンジ」も「有言実行」もないし、このような破廉恥な見出しを支持するような言い回しは示唆すらされていないから、この見出しは、担当記者の捏造かも知れないが、そこまで面倒見切れないのである。
 また、先にかいたように、これは、高校球界ぐるみ、学校ぐるみの蛮風かと推測したが、監督談話には、そのような、勝って当然との不遜の発言は書かれていない。担当記者の捏造見出しかとも見える。重ねて言うが、そこまで面倒見切れないのである。
 そういうことで、今回の記事への批判が、毎日新聞報道の勝手な見出し付けにあったとしたら、履正社の皆さんにお詫びする次第であるが、一読者としては、全国紙報道に信を置くしか無いのである。

 三つ目は、準優勝校に対する配慮の不足である。前回対戦の結果、優勝の栄冠を得たのに対して、復讐を企てている相手に対して、そのような考慮は一切払っていなかったように見えるのである。本来、かくあるべきではないか。
 そして、今回の毎日新聞の報道は、まるで、星陵はこの負けを屈辱としてリベンジを叫べと強要されているようなものである。復讐の連鎖の強要である。嘆かわしい限りである。
 紙面を見る限り、星陵には、そのような蛮風は見えないのでほっとしている。履正社は、勝手に、借りを返したつもりかも知れないが、相手は、試合結果は試合結果で済んだことであり、別に、貸しを作ったと思っていないから、借りを返してこられても、気づかなかったはずである。これなら、血なまぐさい、自爆テロ紛いのリベンジの無限連鎖は、起こらないはずである。履正社の一人芝居は、いい加減で終わって欲しいものである。

 毎日新聞は、報道の良心を固く守っていると信じて、それ故に、真剣に批判してきたが、今回の社会面記事には、大いに失望したのである。

以上

2019年8月21日 (水)

今日の躓き石 NHKBSの「悪い言葉」に唖然、呆然

                      2019/08/21

 NHKBSに、ワースポMLBなる(私見ながら)だらしないタイトルのスポーツ番組が毎日深夜にあって、都合が付けば見ているのだが、時に、素っ頓狂な解説があって、あきれている。

 それにしても、退役選手とは言え、目下、公共放送の番組の解説役を任されていながら、「やばい」とは、なんとも情けない。
 この言葉は、闇の世界の言葉であり、改まった場、さらには、テレビ放送で口に出すのは大変な恥とされているのである。局の責任でもある。
 今回も、言葉に詰まって思わず漏らしたのでは無く、間を置いて、つまり悪い言葉と承知で怒鳴っていたのだが、それは、プロとして根性曲がりと言わざるを得ない。誠に残念である。そういえば、この方は、「セットアッパー」などと、たちの悪いカタカナ語を平然としゃべっている。誠に、反NHKとでも言いたいような方である。なぜ、度々顔を出すのだろうか。不審である。

 現役時代は、社会勉強でも無かったろうが、今や、大人としての勉強をする時間はたっぷり撮れているはずである。考え直していただきたいものである。

 もう一つ残念なのは、「やばい」が、当世の子供言葉で褒め言葉になっているのを無視していることにある。だから、視聴者は、瞬間的に、どちらの意味なのか迷わされるのである。そういう言葉は、念入りに鍵をかけて置くべきである。50年でもたって、世の中の言葉が安定したら、そのときは解放してもいいだろうが、現在、この言葉は、塩漬けにしておくべきである。金額として薄謝としても、なにがしかの出演料をもらっているだろうから、プロの責任を感じてほしいものである。受信料返せとまでは言わないが、今回の禁句丸出しは、視聴者の信頼を裏切るものである。

以上

 

今日の躓き石 醜悪な朝日新聞の高校野球報道 履正社「リベンジ」満載の決勝戦下馬評

                        2019/08/21

 今回の題材は、大変珍しく、朝日新聞デジタルの記事であるが、Googleニュースにでかでかと恥をさらしていたので、こちらも、堂々と批判する。

 リベンジ誓う履正社 

 書いた記者は、当然承知のことと思うが、「リベンジ」は、revengeのカタカナ語であり、どの程度、本来の意味を理解しているかは別として、高校球界では「借りを返す」程度の軽い意味で乱用されているようである。その証拠に、履正社が「リベンジ」をかねてから「誓って」いると知られていても、誰も、暴力行為を止めろと止めた様子が無いのは、この言葉が呼び起こす自爆テロと弾圧の血の応酬を意識していないのだろう。

 当方は、キリスト教信者ではないので、責任は持てないが、revengeは、聖書に於いて、神により堅く禁止されているはずである。それを意識していない日本人は、英語インタビューで、軽い気持ちでrevengeを口にして、深刻な顰蹙を買うのである。

 今回は、当記事によって、履正社が、少なくとも野球に於いては、復讐心をかき立てて、最大の心のさえとして戦うという大変野蛮な校風だと言うことが、広く知れ渡ってしまった。誠に気の毒である。それにしても、こうした蛮風を、たとえは、事実であったとしても、全国紙紙面に載せて全国に広げ、未来を担う子供たちがまねするように仕向けるは、不都合極まりないと思うのである。
 そうで無くて、悪習の報道は控えるのが、言葉のプロたる新聞記者では無いのだろうか。それとも、朝日新聞社には、言葉の基準は無いのだろうか。そうだとしたら、なんとも、嘆かわしいのである。

 それにしても、履正社野球部が蛮風にどっぷりつかっていると見受けるのは、スポーツで、一度の勝敗を長く根に持って、仕返しを(誰に?)誓わなければ、日々努力できない点にあるのである。仕返しできなかったら、どうやって、誓いの不達成をわびるのだろうか。坊主頭にでもなるのだろうか。誠に、困ったものである。
 別の学校であるが、以前やられた相手と別の相手に借りを返したと(毎日新聞紙上で)報道されて、とんだ勘違いの恥さらしになっていたのを思い出すが、今回は、負けた学校に復讐するから、履正社にしたら貸し借り勘定は合っているとしても、相手は、別に、悪いことをしたと思っていないから、貸した覚えはとんと無くて、これでは、仕返しが仕返しにならないのである。

 それにしても、今回紙面にまき散らされた汚れた言葉は、その学校の野球部の汚れた蛮風に付いてきているようである。ひょっとして、試合中に、勝ち誇って相手を侮辱するような猿芝居をしているのでは無いかと、人ごとながら気になるのである。

 血祭りの標的になっている星陵髙選手は、「あまり意識はせず自分たちのやるべきことをやって、笑顔で終わりたい」と冷静に話したとされている。もちろん、決勝では勝って優勝したいのにきまっている。お互い一流の選手なら、言わなくてもわかっていることは、言う必要が無いのである。えらい違いである。指導者や保護者たちの誠実な指導が感じ取れる。
 決勝戦では、
履正社も、学校ぐるみの蛮風である忌まわしい血祭りの誓いなど捨てて、ひたすら最善を尽くして勝とうとして欲しいだけである。そうでなければ、ここまでに敗退した幾多の高校チームに対して、大変失礼なのである。勝てばいいというものではないのである。

 そして、肝心の新聞記者は、自分の本分を思い出して、蛮風を美化して広げるのでは無く、後世の記者たちの鑑となる的確な報道を心がかけてもらいたいものである。ネット報道で無く、紙面を好む旧世代としてはそう願うのである。当方の勝手な意見では、新聞記者は聖職なのである。

 同僚たる毎日新聞スポーツ記者にも、批判記事に際していったが、当方は、新聞社経営者ではないし、記者の上司でも無い。別にここまで書いたことに耳を貸さなくても何も無い。世の中、そういうものである。

以上

 

 追記 毎日新聞の紙面を見る限り、履正社は、健全なスポーツ精神の校風であり、朝日新聞に堂々と報道されたような血まみれの「リベンジ」も、血判状もどきの「誓い」も見えない。ひょっとして、当該記事は、主催紙朝日新聞記者の社命をかけた捏造なのだろうか。
  2019/08/21 23時

 

 

 

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ