« 新・私の本棚 「魏略西戎伝」条支大秦の新解釈 貳 随想篇  1/11 | トップページ | 新・私の本棚 「魏略西戎伝」条支大秦の新解釈 貳 随想篇  3/11 »

2019年10月27日 (日)

新・私の本棚 「魏略西戎伝」条支大秦の新解釈 貳 随想篇  2/11

                             2019/10/27 2020/05/06
*句点の是正 Rectified Punctuation
 句読点のない原文に戻ると、魏略は「大秦國一號犁靬在安息」、つまり新来の大秦は前世の犁靬(莉軒)であり、今は安息に在る、つまり、大国の内部地域となっていると言いきっているのです。

 そして、文を改めて「條支(在)西大海之西」、つまり條支は、西の方の大海の西、海西(に在る)と読めば、まことにすんなりと意味が通るのです。以下、魚豢は、しばしば、後漢当時の現地視点に即して、時に、是正するのです。

 先立つ漢書西域伝で、安息東方の烏弋山離の地理説明で、烏弋は西で、條支、莉軒と接していると書いていますから、漢代莉軒は條支の南北何れかにあったのです。ただし、それ以前、莉軒は、康居の付近、つまり、北のアラル海付近にいたとの記事があるので、その間に移動、移住したもののようです。

 白鳥庫吉氏によれば、匈奴に代表される草原の民族は、農作に従事していないので、土地に縛られることが少なく、時に、住民ごと遠距離に移動するから、国名、種族名だけで、居住地を決定できないことがあると書いています。また、城塞と言っても、石造でなく木柵や土盛りであったため、大軍が殺到した時には籠城することができず、逃亡したという事です。併せて、財宝は、小粒で高価な金銀、玉石であり、全財産を身につけることができたので、さっさと別天地に移動できたようです。

*是正した原典の解釈 Rectified Document
 と言うことで、当ブログの自己紹介にも書いた信条に従い、原典に復して丁寧に記事文面を読み、冒頭に掲示した模式図(picture)を得たのです。世上の大秦ローマ論に比べて、随分ちんまりした世界図ですが、堅実な世界観に基づくエレガントな解答例であり、ご一考に値すると思うのです。

 又、本記事の真骨頂は、原文解読の分水嶺である句点打ち直しですが、別に神がかりでなく、資料全体の読解を経て到達した解法ですので、句点が異例とか、漢文知らずの日本人の考え違いとか論難されても、それは、真剣な論争で当記事論考を全面的否定する力を持たないと考えるのです。

 一応、抗弁すると、西戎伝は、保存状態が上質であった後漢史料に基づく編纂と見えますが、後漢史料が、甘英などの上程した報告書を編纂したものであり、全体として優れた考証が施されているように見えますが、木簡、竹簡などの簡牘の校閲にあたって、手違いがあったと見られる点もあり、丁寧に読み解いていく努力が不可欠であるのは、言うまでもありません。
 魚豢が魏略を編纂した時点は、後漢末期の西域撤退から長年を経ていて、往年の西域都護の組織は廃止されていたことから、後漢西域史量の考証は、洛陽に保管されていた諸史料に頼らざるを得なかったのです。かくして、史官としての魚豢は、史記大宛伝、漢書西域伝で発生した「安息国」を東西数千里の広大な領土を有するとの見解を踏襲し、これが、笵曄を、錯綜した伝聞記事との判定に導き、後漢書西域伝に於いて、「快刀乱麻」の武断を呼んでしまったのです。ただし、魚豢は、史官として、原史料を温存しつつ、自身の考証を書き足す編纂方針をとったため、後世人は、原史料の全貌を推察することができるのです。

*海西大秦エジプト論批判 (Weilue 魏略 by Yu Huan 魚豢)
"Chinese Accounts of Rome, Byzantium and the Middle East, c. 91 B.C.E.-1643 C.E.
Halsall, Paul (July 1998).  B.C.E. Before Christian Era. C.E. Christian Era BC AD

 西洋事情を知るためにネットで読み募った英文資料です。確かに中国史書の把握に抜けはありません。当記事同様、史記、前漢紀、魏略、後漢書の該当部分を適確に取りだして論じています。但し、順当とは言え、魏志句点本を採用し、魏略の航行期間論も尊重して、筑摩本と同様、西戎伝の「安条大伝」(安息条支大秦伝)は、海西論で開始していると解釈しています。

 又、原文の「大海」は、Ocean(大洋)とみて、インド洋から紅海に連なる海洋と翻訳しています。
 つまり、大秦国は、紅海西岸のエジプトという議論です。エジプトは、ガイウス・ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)と(帝政ローマの始皇帝)アウグストゥスの父子二代以来ローマ属州であり、東地中海岸とローマ本国を結ぶ海洋航路の要地であり、東方人士は、ここをローマとみたとの意見です。あわせて、条支も、西方に押しやられています。

□異議提示 Objection!
 これに対する当方の異議は明確です。当時、パルティアとローマは、一世紀近い和平が維持されていても、一世紀の二度のローマの遠征と大敗を承けて、潜在的に戦争状態にありました。

 当時シリア(レバノン)は、ローマ属州であって、四万の大軍が常駐し、いわば、パルティアにとって差し迫った脅威ですから、遠来の客人に、敵国ローマの走狗、シリアを親しく紹介するわけはないのです。

 パルティア仲介の東西交易は、和戦に拘わらず活発で、交易が遮断されることはなかったのですが、東方異国の軍人のパルティア領からローマ領への移動は許されなかったはずです。

 いや、そもそも、大秦国がローマ帝国との比定には、信ずるに足る根拠がないのです。

*史記確認
 史記の記事では、武帝が西域から匈奴勢力を一掃して東西通交が確立された後として、武帝が安息に漢使を派遣した際の報告が収録されています。それによると、安息は大国の一地方ですが、東北辺境といえども「小安息」の敬称で語られ、要塞に二万の大軍が常駐し、帝国の東方管理の大任を担っていたと示しています。張騫の密偵探査記録でなく、漢使の見解ですから、大いに尊重されるべきであり、漢の西方を極めた記事です。

 史記、漢書の安息記事と条支記事は、安息長老(小安息国王)から提供された情報集を利用したものと推定されるのです。つまり、漢使は、安息から西には進まず引き返したのです。ちなみに、「長老」は、老人という意味ではなく、最高級の高官という意味です。後世、江戸幕府で、幕閣の要職は「老中」であり、最高級として「大老」職が設けられたのも、同様の趣旨です。甘英は折衝した相手の役職を(小)安息王と書くと洛陽の史官を混乱させるので、「長老」と書いたものと思われます。 

 漢使の本文を確認すると、その使命は、安息国への使節ですから、使命外の土地へのまわりみちは許されないのです。

                              未完

« 新・私の本棚 「魏略西戎伝」条支大秦の新解釈 貳 随想篇  1/11 | トップページ | 新・私の本棚 「魏略西戎伝」条支大秦の新解釈 貳 随想篇  3/11 »

新・私の本棚」カテゴリの記事

西域伝の新展開」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 「魏略西戎伝」条支大秦の新解釈 貳 随想篇  1/11 | トップページ | 新・私の本棚 「魏略西戎伝」条支大秦の新解釈 貳 随想篇  3/11 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ