« 新・私の本棚 「魏略西戎伝」条支大秦の新解釈 貳 随想篇  2/11 | トップページ | 新・私の本棚 「魏略西戎伝」条支大秦の新解釈 貳 随想篇  4/11 »

2019年10月27日 (日)

新・私の本棚 「魏略西戎伝」条支大秦の新解釈 貳 随想篇  3/11

                             2019/10/27
*「西戎伝」の視点
 「西戎伝」に至る「史記」以後の安息以西の記事は、この小安息の地に立った視点で描かれていると見るべきなのです。もし、漢使、つまり、中国政権の公式使節が、更に西に進出して、現地君主と国書を交換すれば、其の地点の視点に更新されますが、それまでは、視点を動かすべきではありません。

*小安息論
 ここで重要なのは、漢使の窓口は、小「安息」国なる小国であり、返礼の安息国使が漢に貢献したのは、条支と莉軒、つまり、安息国に属していた地域の特産物です。メソポタミア特産の青い瑠璃ではなかったのです。

*偉大な小国
 つまり、当時、パルティアは、漢との交渉を完全に小安息国に委ねていたのです。以後も、特に断りがない限り、古代資料の安息は、漢と使節交換した小安息です。但し、小安息は軽視できません。小安息は、大安息の発祥地であり歴代王墓の地旧都ニーサを首都としていました。と言っても、長く、小安息と大安息、小パルティアと大パルティアは、混同されたのです。
*パルティア由来記
 ここは、欧州視点です。武帝当時、パルティアは旧都ニーサから遙か西方の大都クテシフォンに移動したばかりで、アッシリア以来のメソポタミア勢力の制圧と西方から侵入するローマ勢力との対抗に忙殺されていました。
 いわば、小安息は、軍事的、政治的、経済的権限を持つ東都として、オアシス国家と東北匈奴勢力進攻の対応を一任されていたのですが、東西交易の物流の要で富裕であったため、北方の遊牧民系部族、東のオアシス国家、東南の天竺と略奪を狙った「敵」が多くて、安穏では無かったのです。特に、貴霜国と称した大月氏の侵略には、身を固めていたのです。

*一万人の俘虜 Ten Thousand POWs in Mary
 一世紀に起こったローマとの対決で大軍を壊滅させた帝国は、一万人の戦時捕虜を東方の小安息に委ねて、東方最前線のマーブ要塞守備にあてたのです。訓練されたローマ兵士捕虜を移動し、砦の尖兵とするには、同数以上の自国兵と兵站が必要であり、同要塞の規模と管理能力を想像できるのです。

*甘英の見た安息
 と言うことで、後漢時代、甘英は、史記の「安息」を見たのであり、西方に連なる大帝国を見たのではないのです。後世のバグダッドにも近いと思われる都」クテシフォンは、整備された街道と文書通信網のおかげで、小安息から急使一ヵ月以内でしたが、甘英自身がこの旅程を踏破したとは思えないのです。また、大安息の国王に接見したとか、国書を承けたとの記録もありません。従って、大安息に対して後漢との交通を求めなかったのです。大安息内部に関する記録が残されていないのはそのためです。
 なお、後にも出る話題ですが、甘英が班超から大安息国王との国書交換を使命として与えられていたのなら、何としても大都クテシフォンと折衝したはずであり、使命不達成で終わったのであれば、厳しく譴責されたはずですが、そのような記事はありません。小安息との交流で、特記事項は無かったのです。

*小安息国の漢帝国観
 小安息国の視点を確認すると、漢帝国たる後漢が、オアシス諸国から匈奴を駆逐して交易の安全を確保した西域管理を支持し、漢の武力を抑止力として高揚する外交努力は惜しまなかったのです。ただし、安息国は、商業国家であり、交易を疎外する武力紛争は、本意では無かったのです。

                              未完

« 新・私の本棚 「魏略西戎伝」条支大秦の新解釈 貳 随想篇  2/11 | トップページ | 新・私の本棚 「魏略西戎伝」条支大秦の新解釈 貳 随想篇  4/11 »

新・私の本棚」カテゴリの記事

西域伝の新展開」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 「魏略西戎伝」条支大秦の新解釈 貳 随想篇  2/11 | トップページ | 新・私の本棚 「魏略西戎伝」条支大秦の新解釈 貳 随想篇  4/11 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

カテゴリー

無料ブログはココログ