« 今日の躓き石 NHKBSの暴言マタタビ いや イクタビ 「いたちごっこと叫ぶメジャーリーガー」放送事故 | トップページ | 今日の躓き石 毎日新聞の「タトゥー」偏向報道の欠落した公平視点 »

2019年10月 8日 (火)

今日の躓き石 また一つの虚報「レンジファインダースタイル」

                    2019/10/08

 本日の題材は、「デジカメWATCH」の10月9日付報道である。

 富士フイルム、X-A7を10月25日に発売
レンジファインダースタイルの軽量ミラーレス

 ばっと見、富士フイルムが、長年のカメラ界の伝統的用語を無視して、「レンジファインダー」スタイルなどと、ぼけた表現をとったのかと思った。レンジファインダーカメラは、正面から見ると、右上に、大きくビューファインダーの窓が目立ち、その左に、やや小さいレンジファインダー(距離計)の窓が見え、合わせて二つの窓が見える「顔」をしているのである。ものである。今回の新型カメラは、そんな顔をしていない。まがい物である。いや、まがい物に見せようとする努力さえしていない。

 だが、富士フイルムのニュースレリースには、そんなたわごとは書いていないように見える。して見ると、これは、同サイトの担当者のたわごとらしい。早合点と言いたいが、見えないものを見てしまったのではないか。

 折角、設計者に始まる大勢の関係者の思いを込めた新線品のニュースレリースを書き上げて、心を込めて各報道機関に提供しているのに、このように、本意に反した報道を公開されては、関係者一同、泣くにも泣けない思いだと思うのである。

 専門サイトが、折角の新製品の門出に向けて、このような馬鹿げた見出しを付けた罪は重いのである。

 以上が、当ニュースに関する当方の意見の全てである。

以上

 

« 今日の躓き石 NHKBSの暴言マタタビ いや イクタビ 「いたちごっこと叫ぶメジャーリーガー」放送事故 | トップページ | 今日の躓き石 毎日新聞の「タトゥー」偏向報道の欠落した公平視点 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の躓き石 NHKBSの暴言マタタビ いや イクタビ 「いたちごっこと叫ぶメジャーリーガー」放送事故 | トップページ | 今日の躓き石 毎日新聞の「タトゥー」偏向報道の欠落した公平視点 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ