« 新・私の本棚 「魏略西戎伝」条支大秦の新解釈 貳 随想篇  7/11 | トップページ | 新・私の本棚 「魏略西戎伝」条支大秦の新解釈 貳 随想篇  9/11 »

2019年10月27日 (日)

新・私の本棚 「魏略西戎伝」条支大秦の新解釈 貳 随想篇  8/11

                             2019/10/27
*甘英の大秦関心/無関心
 随分長くなりましたが、甘英は、対峙したのが小安息であることは承知していたということを言いたいだけです。西域伝の多くは、班超が手がけたものであり、副官たる甘英の筆が縦横に走っていますので、どのような筆になったか確認いただくために念を押したのです。

 つまり、甘英は、大秦を小安息あたりの小国と見ていて、聞いたこともない、夢にも知らない西方大海の果てとは解していませんでしたし、まして、重要な大国と見ていなかったので、たいした関心を置いていなかったのです。

 西方の地理を略記したのは世界の西の果ての定形記事であり、ここで白玉山、西王母以下を書き残しましたが、地名連想だけであり、風聞ですらありません。これを、大秦の地理情報としたのは後世の誤解と思われます。

 そのような誤解を助長する行程談義が二カ所に書かれていますが、記事の文脈と整合しない、根拠のない風聞が混入したものであり、魏略の原史料である後漢朝史料に対する無用な追記ですから、削除して読解すべきです。

*重い使命 Mission of Gravity
 後漢書の甘英誹謗は無法ですが、丁寧に応対すると以下の通りです。

 魏略記事の順当な解釈を度外視して、西域都護の副官甘英が、西方渡海を企図したとすれば、それは、都護の命令となります。現に実施中で達成期限を課されていた西方探査の大幅遅延とそれに伴う多額の追加費用に対して、事前に西域都護に書面で上申して返信書面で班超の裁可を得ぬ上の班超指令に基づく探査行です。甘英は、漢帝国の軍人であり、班超の命令は、身命を賭して達成しなければならないのです。いや、甘英が、そのように謹直、且つ勇猛な軍人ですから、班超は、この副官を長途西方に派遣したのです。

□後漢書の虚報 The Great Fake News
 范曄は後漢書に、甘英が安息海人の言を聞いて断念したと明記していますが、このような大命を帯びた軍人が、一介の船人の余言で怯えた使命放棄はあり得ないし、班超が、このような無様な報告を奏上するはずがないのです。魏略に反映された後漢文書に甘英の使命放棄は書かれていなかったから、後漢書記事は、史料に根拠のない笵曄の創作と感じるのです。

*范曄誤釈 Just Fakin' it
 范曄は、なぜそこまで工作して、先行史料にない、甘英大秦行きを労作したのでしょうか。西戎伝を誤解して、西戎伝の正確な地図を無視して我流地図を描いたのでしょうか。それにしては、各国位置と行程道里の錯誤に語彙混乱が重畳しています。現代に到るも諸国比定が落ち着かないのは、范曄が提供したのが、混沌たる「西域地図」であるせいかと思えるのです。

 先行史料には、条支は、安息西の大海の岸であり、大秦は、安息にほど近い内陸小国として描かれています。大安息の西に条支があり其海岸から西に船出する構図は書かれていません。笵曄は、なぜか、大秦を西方彼方の楽園と決め込んだようですが、そこに到る道里は無いし行程も書かれていません。

 そして、甘英が折角地中海岸に辿り着いたのに、無教養な武人が海路に挫けて楽園に行かずに意気地無く引き返したと見て、筆誅を加えたかと思われます。何の証拠もない独断と偏見ですが、それ以外、范曄がこのようなでっち上げを書く動機がないのです。事ほどさように、ここに示された後漢書の粉飾捏造と混乱は、度を過ごしているのです。

                               未完

« 新・私の本棚 「魏略西戎伝」条支大秦の新解釈 貳 随想篇  7/11 | トップページ | 新・私の本棚 「魏略西戎伝」条支大秦の新解釈 貳 随想篇  9/11 »

新・私の本棚」カテゴリの記事

西域伝の新展開」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 「魏略西戎伝」条支大秦の新解釈 貳 随想篇  7/11 | トップページ | 新・私の本棚 「魏略西戎伝」条支大秦の新解釈 貳 随想篇  9/11 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ