« 新・私の本棚 「魏略西戎伝」条支大秦の新解釈 貳 随想篇 11/11 | トップページ | 新・私の本棚 「魏略西戎伝」条支大秦の新解釈 参 史料篇   2/5 »

2019年10月27日 (日)

新・私の本棚 「魏略西戎伝」条支大秦の新解釈 参 史料篇   1/5

                             2019/10/27
《西戎伝 中道西行》 魏志巻末裴松之注による  冒頭部省略
 中道西行尉梨國、危須國、山王國皆並屬焉耆。姑墨國、溫宿國、尉頭國皆並屬龜茲也。楨中國、莎車國、竭石國、渠沙國、西夜國、依耐國、滿犁國、億若國、榆令國、損毒國、休脩國、琴國皆並屬疏勒。

 中道を西行し、尉梨国、危須国、山王国は焉耆に属する。姑墨国、温宿国、尉頭国は亀茲に属する。禎中国、莎車国、竭石国、渠沙国、西夜国、依耐国、満犂国、億若国、輸令国、捐毒国、休脩国、琴国は疏勒に属する。

自是以西,大宛、安息、條支、烏弋。烏弋一名排特,此四國次在西,本國也,無增損。 (ここまで既知の西域圏である)

 是の以西に、大宛、安息、条支、烏弋がある。烏弋は一名排特。此四国は次いで西に在り、本の国であり増減はない。(新参国はない)

【前世謬】 魚豢の「後世」世界観に難があり大秦比定が整合しない。
 前世謬以爲條支在大秦西,今其實在東。世又謬以爲強於安息,今更役屬之,號爲安息西界。前世又謬以爲弱水在條支西,今弱水在大秦西。前世又謬以爲從條支西行二百餘日,近日所入,今從大秦西近日所入。

 前世、謬って條支は大秦の西に在るとしたが、今実は東である。また謬って安息に強いとしたが、今安息に役属し安息の西界と号する。また謬って弱水は條支の西としたが今弱水は大秦の西に在る。また謬って條支から西に二百余日行くと日入る所近しとしたが、今大秦から西して日入る所近しと言う。
 注 弱水は、中国神話で崑崙山下とされるが、西域実在の大河とも言う。

 大秦國一號犁靬,在安息、

 大秦国は犂靬と一号し、安息に在る。 

 注 莉軒は、前世、大宛付近の小国、それとも、安息帝国内か。
   ここで正しく区切れば、大秦は安息に在りと明解である。甘英には、
   大秦は「安息」だが、後世の誤解でローマとされたためか、辻褄の合
   わない追記がある。いずれにしろ、大秦記事ではない。

【條支】 カスピ海西岸の大国アルメニア王国との提言である。
 條支(在)西大海之西,從安息界安穀城乘船,直截海西,[風利二月到,風遲或一歲,無風或三歲]。其國在海西,故俗謂之海西。有河出其國,西又有大海。海西有遲散城,從國下直北至烏丹城,西南又渡一河,乘船一日乃過。西南又渡一河,一日乃過。凡有大都三,卻從安穀城陸道直北行之海北,復直西行之海西,復直南行經之烏丹城,渡一河,乘船一日乃過。周回繞海至遲散城。凡當渡大海六日乃到其國。

 條支は、西の大海(カスピ海)の西に在り、安息界安穀城から乗船直截海を西する、[風の利が遇えば二カ月で到る。風が遅ければ一年かかることもあり、無風には三年かかることもある]其国は海の西に在り。俗に海西と呼ぶ。其国は河を出し西に又大海が有る。海西に遲散城が有る。国から真北に下り烏丹城に至る。西南に行き又一河を渡る。乗船一日乃ち過ぎる。西南に又一河を渡り一日乃ち過ぎる。凡そ三つの大都がある。もどりて安穀城から陸道を真北に海北に行く。復真西海西に行く。復真南に行き烏丹城を経て一河を渡り乗船一日乃ち過ぎる。海を撓め周回し遲散城に至る。凡そ大海を渡るに當り六日で其国に乃ち至る。 (脱字補正 []内は衍文)

注 後世人が、大秦をローマと謬って法外な航行期間を書き込んだが、冷静
  に読み解けば、全体文脈と整合しない。また、甘英は班超の信頼厚い
  勇猛な軍人であり、任務を中途放棄することは無い。
  心ある読者は、後世捏造の誤解記事を削除して解すべきである。

                               未完

« 新・私の本棚 「魏略西戎伝」条支大秦の新解釈 貳 随想篇 11/11 | トップページ | 新・私の本棚 「魏略西戎伝」条支大秦の新解釈 参 史料篇   2/5 »

新・私の本棚」カテゴリの記事

西域伝の新展開」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 「魏略西戎伝」条支大秦の新解釈 貳 随想篇 11/11 | トップページ | 新・私の本棚 「魏略西戎伝」条支大秦の新解釈 参 史料篇   2/5 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ