« 新・私の本棚 牧 健二 「魏志倭人伝正解の条件」        3/3 | トップページ | 新・私の本棚 番外 サイト記事批判 弥生ミュージアム 倭人伝 1/6 »

2019年11月14日 (木)

今日の躓き石 消費者を欺くフェイクニュース ”レンジファインダースタイル”

                           2019/11/14
 今回の題材は、久しぶりに、デジカメWatchサイトの一記事である。
 デジカメ Watch->カメラ->ミラーレスカメラ->富士フイルム

 FUJIFILM X-Pro3(外観・機能編)

 どうも、根強いはったり癖が、デジカメ業界に巣くっているようである。多分、富士フイルムさんが、ご自分で言っているのではないだろうが、こうやって、有力メディアに提灯持ちされて文句を言わないと言うことは、同罪ではないか。恥ずかしいものだと思う。新製品レビューで、たっぷり泥を塗られて、どうお考えなのだろうか。

 当記事では、今回が初めてではないが、”レンジファインダースタイル”などといい加減なことを言っている。しかし、どう見ても、同カメラには、レンジファインダー(光学距離計)は装備されていない。ないものをあるように言うのは、「だまし」である。

 あえて言うならば、レンジファインダーカメラ(専門サイトなら、一回は、ちゃんと全部言うものではないか)「もどき」というか、「まがい」というか、要は、せいぜい、”レンジファインダー”でしかない。「風」なら、食品関係で、本物でないと知れ渡っているが、カメラの世界ではどうだろうか。
 当世はやり言葉で言うと、「フェイクレンジファインダーカメラ」として世に出したのだろうか。設計者の意見を聞きたいものである。
 レンジファインダーカメラがなんなのか知らない、現代の一般読者を瞞しているのではないか、と思うものである。
 そして、大事な商品は、似せ者でなく、本物として、もう少し丁寧な売り方はできないのかと思う次第である。

以上

« 新・私の本棚 牧 健二 「魏志倭人伝正解の条件」        3/3 | トップページ | 新・私の本棚 番外 サイト記事批判 弥生ミュージアム 倭人伝 1/6 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 牧 健二 「魏志倭人伝正解の条件」        3/3 | トップページ | 新・私の本棚 番外 サイト記事批判 弥生ミュージアム 倭人伝 1/6 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ