« 今日の躓き石 毎日新聞 高校駅伝連覇失敗報道に見る「メンタル」の愚劣さ | トップページ | 今日の躓き石 NHK・BS8K番組の怪「リベンジ」(毎日新聞 ウラカタ)名番組に泥をぬる失言報道 »

2019年12月30日 (月)

今日の躓き石 無責任な新発明紹介 「全固体リチウムイオン電池」は永久運動機関の夢想か

                                     2019/12/30
 今回の題材は、JBPress (日本ビジネスプレス)サイトの記事である。

 全固体リチウムイオン電池はなぜ凄いか?液体→固体で変わる使途・耐性・充電時間
  2019.12.30(月)伊東 乾

 この記事は、ファンタジーとしては、そこそこの出来かもしれないが、大事な点が欠けているので、科学解説としては、落第のように思う。

 いわゆる新発明は、最初に正しく自己紹介しなければならない。

 まずは、従来技術の紹介と欠点、問題点の提示である。

 この点に関しては、そこそこ書けているように思うが、一番肝心な、電池の動作理論がちゃんと書けていないので、なぜ、従来のリチウムイオン電池が高く評価され、今、その欠点が問題化したか、理論的な解明ができていないのである。何しろ、筆者は「乾電池の内部が、文字通り全固体だと思っている一般人」を相手にしているのだから、そんな人にもわかるような丁寧な説明が必要ではないか。
 分からん奴は、これを読めという指導もないのである。

 次に肝心なのは、従来不可欠だと考えられていた電解液によるイオン移動を廃止して、全固体にしても電池として動作する理屈の解明である。要は、知られている物理・化学の法則で不可能とされていたことが可能だというのだから、理論的な裏付けが必要なのである。

 少なくとも、NHKの「サイエンスZERO」では、その理論的な裏付けの部分で、明確な説明無しにごまかしていて、単なるホラ話と見なされる原因になっているのである。

 当該番組では、電気自動車競技を紹介して、「欠点と問題点」を明示していたから、視聴者に対する背景説明は済んだ上での登場であったが、素人視点で視聴者の疑問を代弁してくれている(抜群に賢い)MCが、「固体の中では、物質の移動ができないのに、なぜイオンは移動できるのですか」と発明の核心に関してズバリと質問したのに対して、正面から答えずに答えをはぐらかしたのは疑惑を深めているし、全体として、長年の膨大な実験による試行錯誤の労苦を語るだけで、明解な理論的説明を怠っていたことから、そう思わされるのである。

 第三者に説明したら、当然、SFにある壁抜けではないのかと質問されると予想されるから、全国の視聴者にわかる説明を用意せずに番組に登場できないと思うのだが、即答も何もできなかったと言うことは、ひょっとして、これまで、みんなが訊くのをはばかっていて、MCが訊くまで誰も訊くべきことを訊かなかったのだろうか。それだと、NHKの番組作りは、出たとこ勝負のやっつけで、随分杜撰なのだと思うものである。いや、これは、当記事筆者への批判ではない。陳謝。

 筆者は、発明者に心服しているようだが、発明者ができなかった理論的解明は、どうやって自分なりに理解したのだろうか。当記事に書かれているようなおちゃらけでは、説明にも何にもなっていないのだが、筆者がそう理解しているとしたらしょうがない。別の筆者を起用するべきだろう。是非、無批判な受け売りと言われないように、丁寧に、手抜きせずに、素人にもわかるように説明いただきたいものである。でないと、実行不可能な夢想を、受け売りしていると見なされるのである。いや、受け売りにしては、当発明の発明者はどこの誰なのか、詳しい説明はどこで読めるのか、何も説明がないから、単なる記事筆者の夢物語と見られるのである。

 周知のように、発明の特許を取りたければ、動作原理を提示する必要があるのである。できなければ、巷に溢れる永久運動機関の類いの「発明」と見なされるのである。

以上

« 今日の躓き石 毎日新聞 高校駅伝連覇失敗報道に見る「メンタル」の愚劣さ | トップページ | 今日の躓き石 NHK・BS8K番組の怪「リベンジ」(毎日新聞 ウラカタ)名番組に泥をぬる失言報道 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の躓き石 毎日新聞 高校駅伝連覇失敗報道に見る「メンタル」の愚劣さ | トップページ | 今日の躓き石 NHK・BS8K番組の怪「リベンジ」(毎日新聞 ウラカタ)名番組に泥をぬる失言報道 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ