« 今日の躓き石 NHK・BS8K番組の怪「リベンジ」(毎日新聞 ウラカタ)名番組に泥をぬる失言報道 | トップページ | 私の本棚 番外 呉書 裴松之にしかられた陳寿 續 »

2020年1月12日 (日)

今日の躓き石 大変残念な大学ラグビー準優勝コメント「リベンジ」の大変残念な毎日新聞報道

                                        2020/01/12

 今回の題材は、毎日新聞大阪朝刊14版スポーツ面のラグビー大学選手権決勝の報道である。勝負の結果は、今回の主題ではないので、敢えて書かない。
 準優勝チームの三年生「司令塔」が、「来年はリベンジを果たしたい」と失言したのを、毎日新聞記者が「リベンジ誓う」と小見出しにして、ことさら謳い上げているのである。発言の「リベンジ」は、ひょっとすると再度決勝の場に臨みたい、あるいは、次はきっと勝つ、という程度の柔らかい意味だったかも知れないが、記者は、時代物の血なまぐさい語感で煽り立てているのである。多分、言葉の本当の意味を選手に教えているのかも知れないと、興ざめするのである。
 来年、別チームの一員で決勝に臨んだとしても、所詮別のチームとの対戦であり、そこで勝って優勝しても、今年勝てなかった事実に変わりは無いのである。両者ともに、意義の無いことを言い立てているのである。

 大変残念なのは、このように報道されてしまうと、準優勝チーム主将のコメントが、今回は恥をかいたが、次はぶちのめして恥をかかしてやるという意図なのか、それとも、天に代わって仕置きするという意図なのか、いずれにしろ、まことに粗暴な感情の低次元の吐露であり、まるで、子供の口喧嘩の捨て台詞になってしまって、とても、スポーツマンとして大学ラグビー最高峰の地位に立った、広く尊敬を集める選手の発言とは思えないのである。
 私見であるが、そもそも、選手権の決勝の舞台で競い合えるということが最高の栄誉であって、その際の勝負に価値を見出すのは、大変な勘違いをしていると思うのである。いや、観客や支援者は、最後まで勝ち続けろというかも知れないが、当の選手の観点は違うと思うのである。いや、素人の勘違いも知れないので、選手に押しつけるつもりはないが、年寄りは、スポーツマンシップの真髄はそのような崇高なものだと、勝手に思うのである。

 今回も、毎日新聞スポーツ担当記者、並びに、紙面に表れる言葉に全面的に責任を持つ校閲部に文句があるのだが、なぜ、各地で展開されているテロの根源となっている、絶対神の命じる聖なる使命である「リベンジ」なる「天誅」をここで起用したかということである。

 つまり、かくの如く、血なまぐさい復讐心を、この場で語ったと、わざわざ報道するのだろうか、ということである。ものを知らない選手が、公言してはならない言葉を口走ったとしても、そのような重大な失言を報道しないのが、この際の報道陣の務めではないだろうか。当の選手は、終生消せない汚点を世界に広げられて、取り返しがつかないのである。そのような苛酷な報道は、全国紙の成すべき努めでは無いのではないか。

 また、不出来な記者が不都合な記事を書いたとしても、校閲段階で発見して言い換えて失態の拡散を止めるのが、真に知性のある校閲ではないだろうか。先般、AI校閲が導入されるとの提案を受けたと不快感をにじませている小コラムが掲載されたが、こうした実態を見ると、本職が知性を発揮できないとしたら、言葉の護り人たる毎日新聞の最後の砦として、見落としのない細心の知力を示す機械知性が必要では無いかと思うのである。

 それにしても、折角、長期に亘る高校ラグビーの報道で、高度な報道を展開したスポーツ面記者が、全国からの注目を集めている最高峰の舞台で、飛んだ粗相をするとは意外であった。試合の細部に目を配り、具体的な体と心の動きを取り上げていた、絶賛に値する見事な報道から見ると、大学選手権決勝となった途端に大違いである。実は、それまでワールドカップなどの報道で横行していた「フィジカル」「メンタル」頼りの空疎で軽率な報道でなく、 実のある報道と、日々の紙面で見ていたものである。良い折がなかったために、ここで褒めることになり。やや場違いであるが、良いところはちゃんと認めているのである。

 関係者がそう思わないのなら、関連記事をよく読みなおして欲しいものである。
 知性ある校閲に求められるのは、実態に即した、行間、紙背を読み通す羅解力ではないだろうか。伝統ある全国紙には、それを求めても良いように思うのである。

 いや、当方は、一介の定期購読者であり、ほんの一票の発言権しかないのであるが、言うべきと感じたことは、敢えてここに述べるのである。(何の権力も無い、言うだけという意味である)

以上

 

 

« 今日の躓き石 NHK・BS8K番組の怪「リベンジ」(毎日新聞 ウラカタ)名番組に泥をぬる失言報道 | トップページ | 私の本棚 番外 呉書 裴松之にしかられた陳寿 續 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の躓き石 NHK・BS8K番組の怪「リベンジ」(毎日新聞 ウラカタ)名番組に泥をぬる失言報道 | トップページ | 私の本棚 番外 呉書 裴松之にしかられた陳寿 續 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ