« 新・私の本棚 秦 政明「三国志」里程論 市民の古代第15集 2/2 | トップページ | 新・私の本棚 番外 范曄後漢書倭伝 史料批判の試み 1 逐条審議 2/6 »

2020年2月17日 (月)

新・私の本棚 番外 范曄後漢書倭伝 史料批判の試み 1 逐条審議 1/6

 私の見立て ★★★★☆ 必読好著、但し倭伝は虚構濃厚 2020/02/17

〇逐条審議ということ
 当記事は、後漢書倭伝記事批判において、まずは、正史の中核三史の掉尾を為す後漢書との視点から、手早く審議していくものです。

【倭在】 以下、参照の便に供するために冒頭二字を条題としています。
倭在韓東南、大海中依、山島為居,凡百餘國。
大意:倭は、韓の東南に在る。大海中に依り、山島居を為す。百国程度ある。

*時代観
 韓伝に続いて後漢朝末期の「現状」と思われます。歴史背景と地理情報で説き起こす韓伝と異なり、唐突で根拠不明です。

 漢書に至る先行史書には「倭」伝、ないし、条が登場していないから、ここが初出の詳解であり、この書き出しは史書条として唐突の感を免れません。

 朝鮮半島に韓が成立したのは、漢武の楽浪郡設置後であり、断り無く時代が前後しているのは不用意です。と言うものの韓伝には、武帝の朝鮮討伐の故事はなく、依然として説明不足です。

*地理観
●韓地地理情報
 脇道ですが、韓伝地理観は、その時点の形勢を整然明解としています。

 三韓同居の韓地は、地勢で東西二分され、西方は、馬韓が占め、北方は楽浪郡と接し、南方は倭と接します。東方は、辰韓があり北方は濊と接します。すなわち、楽浪郡は、韓地北方の西方のみであり、東方には濊が在ります。これは、半島中央部の東方寄りに山塊がある地理を反映しています。

 三韓最後の弁辰は、辰韓の南方であり、その南方で倭と接します。すなわち、倭は、韓地の南方にあって弁辰と接しています。

 以上は、笵曄の理解であり、誠に単純明快です。また、韓地は東西「海」と明解です。南の「倭」が、何者でどのような地理にあるか、韓伝に書かれていません。書かれていないことに先入観は禁物です。
 ただし、特に倭の事情を書いていない以上、この倭は、直後の「倭」であるから倭として一体で地続きと解するのが順当です。つまり、笵曄は、そのように読者が解するように書いているのです。

●漢書地理志談義
 漢書地理志の「倭」関連は燕地記事ですが、「樂浪海中有倭人,分為百餘國」とあり、「倭人」は、樂浪海、すなわち楽浪西の黄海を隔てた山東半島方面とも読めます。
 当記事は、西漢、つまり、長安帝都時の土地勘がない帝室史官が書いたため不明確になったと思えます。当記事では倭人への道は方向不明です。

 最後に、唐代顔師古の付注(641年(貞観15年))で「師古曰 今猶有倭國 魏略云 倭在帶方東南大海中 依山島爲國 度海千里 復有國 皆倭種」
 今、つまり、唐代に倭国はあるとした後に、魏略により「倭在帯方東南大海中..」と書いています。顔師古注は後世ですが、魏略自体は、魏志とほぼ同時代の編纂なので、笵曄の知識となっていたも思われます。「倭国」と称したのは、東晋以降のようですが、范曄が倭をどう呼んだかは不確かです。

 まずは、漢書編者の手元に「倭」の所在、素性を示す地理情報がなかったと見えます。先に書いたように、次項で武帝の朝鮮征覇が書かれていますから、時代が前後しますが、楽浪郡創設前、長安が倭人の詳細な情報を得ていたとは思えません。情報源は蛮夷の上申ですが、燕の地方官の手元に倭人情報は届いていなかったのでしょう。
                                未完

« 新・私の本棚 秦 政明「三国志」里程論 市民の古代第15集 2/2 | トップページ | 新・私の本棚 番外 范曄後漢書倭伝 史料批判の試み 1 逐条審議 2/6 »

新・私の本棚」カテゴリの記事

後漢書批判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 秦 政明「三国志」里程論 市民の古代第15集 2/2 | トップページ | 新・私の本棚 番外 范曄後漢書倭伝 史料批判の試み 1 逐条審議 2/6 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ