« 新・私の本棚 番外 范曄後漢書倭伝 史料批判の試み 2 概論 2/4 | トップページ | 新・私の本棚 番外 范曄後漢書倭伝 史料批判の試み 2 概論 4/4 »

2020年2月18日 (火)

新・私の本棚 番外 范曄後漢書倭伝 史料批判の試み 2 概論 3/4

 私の見立て ★★★★☆ 必読好著、但し倭伝は虚構濃厚 2020/02/18

●倭人伝流用考
 笵曄創作の倭人伝記事流用部は、魏朝明帝景初年間に、帯方郡を遼東の公孫氏専断から回収した時点とそれ以後の入手情報と見られるのです。
 例えば、帯方郡から倭王都の行程、途上各国の戸数、地勢、官人など身上調査情報は、明らかに景初以降のもので後漢朝に得られなかったのです。

 以下、国内小国名羅列も同様です。史上の交流事跡は以前から入手可能です。続く風俗記事は、博物知識の豊富なものの長期調査が必要で、景初以降と思われるが断定はできません。また、女王就職(王位就任)事情は、主として景初以降入手であり、後漢書に転用できないことは明白です。

●女王就職考
 笵曄は、まず、女王の就職を後漢霊帝期に遡らせ、続いて風俗情報も取り込み、後漢末期に倭情報が到来していたかの印象を醸し出しましたが、倭人伝を慎重に読めば、女王就職時は若年であって、景初時には、成人していたものの依然として若者であり、大して歳月を経てないとも読めるのです。

 となると、女王就職は、後漢の最後、曹操君臨の建安年間も末期かと思われます。もちろん、笵曄は、根拠となる記事は提示していないのですが、倭人伝が健在なので、粉飾は見えています。

●地理情報考
 地理情報は、朝鮮半島さらには倭地との交流が長く途絶していて、土地勘を有しない南朝劉宋の弱点が露呈しています。

 陳寿は、現地地勢を承知した上で、半島、海峡、離島と言った中原にない地勢を、それこそ、本当の「海」を見たことのない中原知識人に、漠然とでも理解させるために、倭人伝道里記事の叙述に工夫を凝らしましたが、笵曄は、なまじ、南遷後の東晋の高官として、本当の「海」を知っていたために、魏晋朝中原人の理解の仕方を解せず、誤解に誤解を重ねているのです。

●「韓の東南大海の中」考
 倭は韓の東南方、大海の中としていますが、陳寿は、倭人傳で、洛陽人に、「大海」は内陸の塩水湖、「海中」は「大海」沿岸の半島と誤解されるのを避けるために、倭人は「大海」の向こう岸の島に在り、そこ行くには、大河河水(黄河)を渡るように、狗邪韓国から渡船により、中州のように浮かぶ島を経て、三度に分けて渡海水行すると念入りに断りを入れているのです。

 笵曄は、狗邪韓国が岸辺と言っていないので、後漢史書語法で解釈され、倭は韓の南に地続きに在り、其の王都は、そこにある内陸塩水湖の半島にあるとも読めるのです。それはそれで明解な地理観ですが、倭人伝地理記事の真意を見損なった誤解なのです。

●道里考
 これに続くのは「里」の誤解です。陳寿が各国道里に用いた「里」は、帯方郡管内の街道の道里であり、狗邪韓国までの公式里程七千里を「原器」としているので、容易に(今日の七十五㍍程度と)検定できるとの魏晋朝洛陽人に自明の理に従っています。

 これに対して、建康に南遷して朝鮮半島から切り離された南朝劉宋の范曄と同時代人は、旧帯方郡の事情を知るすべがないので、倭人伝道里は、古来普遍の里、つまり、陳寿の用いた「原器」の六倍の四百五十㍍程度の「普通里」と理解したのです。

*倭都遠望
 郡から一万二千里の倭都は、五千四百㌔㍍(公里)程度の道里となり、七千里の拘邪韓国は、三千百㌔㍍(公里)程度の道里の遠隔の地となり、街道未整備と思われる倭地内は「荒地」であり、文書交信による国家体制の維持が困難な過疎状態と見えます。

                                未完

« 新・私の本棚 番外 范曄後漢書倭伝 史料批判の試み 2 概論 2/4 | トップページ | 新・私の本棚 番外 范曄後漢書倭伝 史料批判の試み 2 概論 4/4 »

新・私の本棚」カテゴリの記事

後漢書批判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 番外 范曄後漢書倭伝 史料批判の試み 2 概論 2/4 | トップページ | 新・私の本棚 番外 范曄後漢書倭伝 史料批判の試み 2 概論 4/4 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ