« 新・私の本棚 番外 范曄後漢書倭伝 史料批判の試み 1 逐条審議 5/6 | トップページ | 新・私の本棚 番外 范曄後漢書倭伝 史料批判の試み 2 概論 1/4 »

2020年2月17日 (月)

新・私の本棚 番外 范曄後漢書倭伝 史料批判の試み 1 逐条審議 6/6

 私の見立て ★★★★☆ 必読好著、但し倭伝は虚構濃厚 2020/02/17

【侍婢】
侍婢千人,少有見者,唯有男子一人給飲食,傳辭語。居處宮室樓觀城柵,皆持兵守衛。法俗嚴峻。
大意:侍婢千人。接見は少なく、男子一名が飲食を供し言辞を伝えた。宮室に居し、楼観城柵があり、みな武器を持ち守衛した。法俗厳峻であった。

*時代観
 倭の政治機構、官僚体系に関して適確な報告がされていません。全権大使たる「大夫」の位置づけが示されていません。郡の監督不行き届きです。

 女王に奉仕する大勢の「侍婢」が不明です。「見る者少なし」では臣下奏上を裁可する国王責務が成されないので、漢朝の信頼を危うくします。倭国の堅実さ、漢への忠誠を伝える字句を集積せずに冗語連発で逆効果です。

 蛮夷の様を揶揄しているのでしょうか。

【自女】拘奴國条
自女王國東度海千餘里至拘奴國,雖皆倭種,而不屬女王。
大意:女王国から東渡海一千里拘奴国に至る。皆倭種なるも女王に属しない。

*時代観
 「女王国」の意味が不明です。後漢代を通じて女王が統治していたわけではないのだから「其国」とすべきでしょう。

*地理観
 忽然と渡海とありますが、中原の渡河同様、大河をさっさと渡り街道を行くのでしょうか。何しろ、一千里渡海は、一日五十里として二十日を要する前代未聞の途方もない「渡海」なのです。それでは、根拠不明のホラ話でしょう。
 「倭奴国」を南の果てとしたため、東に渡海して、別の島に移るしか女王[国]に属さない国の置き場所がなかったのでしょうか。なんとも、不可解です。

 王都から、西北界拘邪韓国まで五千里の勘定に比較すると、拘奴国は わずか一千里にある近傍国扱いです。見方によっては、極南界の倭奴国より国都に近いと見えるのです。

 倭奴国と似た国名は、同格の意味でしょうか。拘邪、拘奴と「狗」(食用犬)を避けているのは、笵曄の嗜好によるのでしょうか。

 高度に政治的な曲筆ではないでしょうが、こうして見て取れるように、筆が随分泳いでいるのは、史官としての適性を欠いているものです。

 倭伝において三十国の女王への属・不属が書かれていないのに、此の国が、特段に女王に不属という記事にどんな意義があるのか不明です。

【自女】朱儒國条
自女王國南四千餘里至朱儒國,人長三四尺。自朱儒東南行船一年,至裸國、黑齒國,使驛所傳,極於此矣。
大意:女王国から南四千里で朱儒国に至る。人長三,四尺である。朱儒から東南に船で行くと一年で裸国、黒歯国に至る。使驛所伝の限界である。

*地理観
 南の果ての「倭奴国」が、実は「矮奴国」であって、こびとの国というしゃれなのでしょうか。意義不明です。邪馬臺国から見て、北方に五千里で狗邪韓国、南方に四千里で朱儒国とは、まことに漠たる倭人世界観です。

〇まとめ
 以上の逐条審議は、後漢書の三史としての位置づけを重視したものであり、意図して、魏志の後漢朝時期の部分を流用したとの視点を避けています。その上で、倭伝記事は、正当な根拠を有しない推測、創作と断じています。

 そのように審議したのは、後世史家が、まず、後漢書によって時代認識、地理認識を形成し、その認識を前提として魏志を批判する手順を辿っていることを意識したものです。言い換えるなら、後漢書倭伝が、適切な資料批判を受けないままに、追従されている風聞風潮を批判したものです。
                                以上

« 新・私の本棚 番外 范曄後漢書倭伝 史料批判の試み 1 逐条審議 5/6 | トップページ | 新・私の本棚 番外 范曄後漢書倭伝 史料批判の試み 2 概論 1/4 »

新・私の本棚」カテゴリの記事

後漢書批判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 番外 范曄後漢書倭伝 史料批判の試み 1 逐条審議 5/6 | トップページ | 新・私の本棚 番外 范曄後漢書倭伝 史料批判の試み 2 概論 1/4 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ