« 新・私の本棚 番外 范曄後漢書倭伝 史料批判の試み 1 逐条審議 3/6 | トップページ | 新・私の本棚 番外 范曄後漢書倭伝 史料批判の試み 1 逐条審議 5/6 »

2020年2月17日 (月)

新・私の本棚 番外 范曄後漢書倭伝 史料批判の試み 1 逐条審議 4/6

 私の見立て ★★★★☆ 必読好著、但し倭伝は虚構濃厚 2020/02/17

●倭伝復帰
 番外の倭人伝をどけて、後漢書考証に戻ると、[今]が省略されて不用意ですが、延々二世紀に及ぶ後漢代の中でも、遼東郡太守公孫氏の支配期であり、それも帯方郡分郡以前なのでしょうか。分郡時、帯方郡領域は荒地とされ、後漢代早期に、街道整備され道里計測されていたとは思えません。

 残る五千里は、一切不明です。全体として、根拠不明です。

【其地】
其地大較在會稽東冶之東,與朱崖、儋耳相近,故其法俗多同。
大意:其の地、すなわち、倭の王都は、会稽東冶の東に中るようである。朱崖、儋耳と近いので、倭の法俗は同じ点が多いようである。

*地理観
 「其地」とは、倭の王都なのか、倭の全土なのか不明です。王都まで拘邪韓国から五千里程度であり、邪馬台国が南限としても、倭地は南北五千里に広がっていたと見えます。いくら、「大較」でも随分いい加減です。
 東冶が、朱崖、儋耳と近いと言いますが、これも随分いい加減です。

 会稽東冶の地は、後漢時代の洛陽視点から見ますと、遠隔不通、公道を設定できない難路の果てですから、後漢公文書で参照するのは無法です。笵曄は、会稽付近の出生であり、長く、建康で官人として過ごしたから、東冶を、ちょっとした田舎と感じたでしょうが、時代錯誤、地理錯誤です。

 朱崖、儋耳は、地理だけ言うと、東冶の更に南方ですが、却って、内陸交通の便がよく、風俗、地理が知られていた可能性が高いです。

 この二条の記事は、史官として不熟の劉宋文筆家の感想であって、後漢書記事として不適当です。

【土宜】
土宜禾稻、麻紵、蠶桑,知織績為縑布。出白珠、青玉。其山有丹土。氣溫鹏,冬夏生菜茹。無牛馬虎豹羊鵲。其兵有矛、楯、木弓,竹矢或以骨為鏃。男子皆黥面文身,以其文左右大小別尊卑之差。其男衣皆橫幅結束相連。女人被髮屈紒,衣如單被,貫頭而著之;並以丹朱坋身,如中國之用粉也。有城柵屋室。父母兄弟異處,唯會同男女無別。飲食以手,而用籩豆。俗皆徒跣,以蹲踞為恭敬。人性嗜酒。多壽考,至百餘歲者甚眾。國多女子,大人皆有四五妻,其餘或兩或三。女人不淫不妒。又俗不盜竊,少爭訟。犯法者沒其妻子,重者滅其門族。其死停喪十餘日,家人哭泣,不進酒食,而等類就歌舞為樂。灼骨以卜,用決吉凶。行來度海,令一人不櫛沐,不食肉,不近婦人,名曰「持衰」。若在塗吉利,則雇以財物;如病疾遭害,以為持衰不謹,便共殺之。
大意:省略
 逐条というものの明細批判はしません。
 このように詳細な風俗記事は、博識の漢人が長期現地探査しなければ得られません。漢の使節が百人に及ぶ大所帯なのは、一つには現地事情を精確に収集するためですが、そのような後漢使節団が東夷の倭に派遣されたという記録は絶無です。

 よって、現地の物知りが書き送った、と言い逃れするしかありませんが、そもそも、鄙にまれな博物学者は、都合よくいるはずがありません。

 といって、文献を取り寄せて学習しようにも、汗牛充棟であり、到底、絶遠の地に輸送できないのです。
                                未完

« 新・私の本棚 番外 范曄後漢書倭伝 史料批判の試み 1 逐条審議 3/6 | トップページ | 新・私の本棚 番外 范曄後漢書倭伝 史料批判の試み 1 逐条審議 5/6 »

新・私の本棚」カテゴリの記事

後漢書批判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 番外 范曄後漢書倭伝 史料批判の試み 1 逐条審議 3/6 | トップページ | 新・私の本棚 番外 范曄後漢書倭伝 史料批判の試み 1 逐条審議 5/6 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ