« 私の意見 「倭人伝」談義の行き詰まりを歎く話~付 翰苑談義、写本談義 2/2 | トップページ | 新・私の本棚 晋書倭人伝談義 もう一つの倭人伝  2/2 »

2020年3月16日 (月)

新・私の本棚 晋書倭人伝談義 もう一つの倭人伝  1/2

                             2020/03/16
〇はじめに
 当ブログの守備範囲は「倭人伝」談義であり、一般的に、これは「魏志倭人伝」の通称ですが、正史の中でも、晋書は「倭人伝」を備えているので、ここでは、「もう一つの倭人伝」談義を試みています。

□晋書紹介
 晋書は、中国正史二十四史において、「史記」、「両漢書」(漢書、後漢書を合わせて、漢朝一代の正史と見た呼び方)の「三史」の後に位置し、三国志に続いていて重要な地位を占めています。対象は、西晋(265~316)、東晋(317~420)を通じた司馬晋の百五十五年間であり、一部、魏代に政権を掌握した司馬氏の功績も記述されています。

*編纂経緯

 晋書は、南朝滅亡後、隋による統一を継いだ唐において、王朝興隆の基礎を確立した太宗の治世下、重臣房玄齢によって編纂されました。房玄齢は、太祖李淵の次子李世民に仕え、太子李建成を廃して二代皇帝となるのに知謀をもって大いに貢献したことから、太宗期に重用されています。
 当時、房玄齢は、尚書左僕射(尚書省長官、筆頭宰相)・監修国史、つまり、最高位の重臣であって、合わせて史書編纂の最高権威とされ、編者とされていないものの、当時編纂のできていなかった「北斉書」・「周書」・「梁書」・「陳書」・「隋書」を総括して主宰し編纂ましたが、特記して、褚遂良らと共に「晋書」を撰したと記名されていますから、唐朝の国威を示す国家事業である諸国史編纂にあたり、特に晋書を重視したと思われます。

 因みに、南朝の劉宋、斉の史書である「宋書」、「南斉書」は南朝梁代の編纂史書が正史とされています。また、北朝魏の正史であって、時に三国志の魏書と混同される魏書は、混同を防ぐため後魏書、さらには、「魏収後魏書」と呼ばれますが、北朝斉の魏収の編纂した正史とされています。

 唐代以降、正史の編纂は、多数史官の共同編纂となり、三国志、後漢書が、個人著作とみなされたのとは時代を画しています。

*全巻構成

 晋書全巻は、三国志の六十五巻に倍する百三十巻に達しています。また、正史の要件である天文、地理などの「志」も完備しているものです。

 西晋が全国支配した王朝であることも考慮して、大部の史書としていますが、折角陳寿が、魏志の編纂で確立した切り詰めた正史のお手本を外れて、 裴松之の不本意な野史取り込み付注をも越えて、司馬氏毀損の伝聞まで盛大に収容したという「風聞」がありますが、その当否の程は当記事の圏外です。何しろ、晋書倭人伝は、一瞥で読み取れる字数ですから、山成す先入観を棄てて史料だけ読み取れば良いのです。

 いずれにしろ、晋書は、先行する晋書稿があったにせよ、東晋を継いだ南朝の滅亡によって散逸しかけていたと思われる晋代資料を、唐代の権威筋が衆知を集めて、玉石混淆の史料の山から総括したものと見られます。

 因みに、別記事で考察した「晋書地理志」は、太古(殷周代)以来の里制変遷を網羅し、大変貴重です。端的に言うと、晋が全国に布令した秦制は、実は、周制そのものであり、周代以来一貫して「普通里」が施行されていたことが読み取れるのです。

 とかく趣旨を誤解される始皇帝の布令は、春秋、戦国時代の各国が、周制を遵守せずに、長短バラバラの度量衡、土地管理制度、里制を敷いていたのを、秦制、つまり、周制に統一したものなのです。

▄倭人伝の所在・呼称

 晋書「倭人伝」では、雑駁な呼び方とも見えますが、正式に「晋書/卷九十七/列傳第六十七/四夷/東夷/倭人」条とでも呼ぶのも、長蛇の観があります。当ブログは「倭人伝」散歩道でもあり、俗を避けずに晋書倭人伝とし、本稿では、時に倭人伝と略称します。

 魏志倭人伝と同様、晋書倭人伝は、「倭人在帶方東南」の地理紹介で始まるので、中国古典書籍の呼び方では、冒頭二文字をもって「倭人」と称され、大抵は、史書の頂点から下ってそこに到る階梯数段の深さを無視して「伝」と見なされているのです。要は、具体的な記事のまとまりが「伝」と呼べるのなら伝と呼べば良いという割り切りです。

 但し、倭人「伝」と言いながら、晋書倭人伝の大要は、魏志倭人伝の抜粋に止まっているので、「伝」の要件を欠いているとも見えますし、先行史書に書かれている事項は出典を書かなくてもここに書かれていると見なせるとの観点であれば、既に「伝」の要件を備えていることになります。別に、潔癖になって得られるものはないので、当記事含め、当ブログでは、「晋書倭人伝」と呼んでいます。

 以上面倒ですが、素人なりに、確認の手順を踏んだことを書き遺すものです。

                                未完

« 私の意見 「倭人伝」談義の行き詰まりを歎く話~付 翰苑談義、写本談義 2/2 | トップページ | 新・私の本棚 晋書倭人伝談義 もう一つの倭人伝  2/2 »

倭人伝随想」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 私の意見 「倭人伝」談義の行き詰まりを歎く話~付 翰苑談義、写本談義 2/2 | トップページ | 新・私の本棚 晋書倭人伝談義 もう一つの倭人伝  2/2 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ