« 今日の躓き石 毎日新聞の心ない報道 「 リベンジ」さらしに終わりはないのか | トップページ | 09. 自稱大夫 - 読み過ごされた遺風 補充版 »

2020年5月14日 (木)

倭人伝随想 7 倭人伝談義/舊唐書倭国伝談義 1/1 補充版 舊唐書に「日本伝はない」

                            2018/12/06 補充 2020/05/14
□倭人「伝」談義
 伝は、史書の最小叙述単位であって、一人歩きできる体裁を持つものと考えますが、それは、叙述内容に由来するものと思われます。東夷伝倭人記事は、「倭人」の歴史、地理、風俗を語り、王都への行程を語り、近年の事象の経緯を語り、「倭人」 伝の形式を備えているように見えるのです。後世の素人読者の目にそう見えるという事は、陳寿の編纂方針は、「倭人伝」を確立していたと思えるのです。

 形式を備えた伝は、時には、他の伝に連なって列記され、時には、より広い範囲を語る伝の一項となっています。史書の構成を階梯と見るとき、その伝の扱い次第で階梯の上下が生じるのです。

 思うに、伝は、本来史書の最下部単位であり、条はその単位に満たない、挿話の扱いと思われます。しかし、倭人記事のように東夷伝の一部であっても、伝の体裁を保つものを条と見るのは、見当違いと思うのです。

 と言う事で、当ブログでは、倭人伝は、編纂者の意図として、伝の体裁を整えたと見て、僭越にも「倭人伝」と呼んでいるのです。

 さらに言うと、元々、倭人伝で格別の偉業を伝えられている卑彌呼も、伝が意図されたと思いたいのです。現状、その面影は掠れて伝の体裁を成さないので、勝手な思い入れに過ぎませんが、せめて、倭人伝が魏志掉尾を飾る役どころも評価して、「倭人伝」(紹凞本小見出し)と呼んでほしいのです。

 以上は、「倭人伝」を「魏志」独立記事と主張しただけですが、世上、聞きかじりで、『「倭人伝」という歴史書』など行きすぎた言い方があるのです。
 これを目にしたと思われる史学界権威が、(歴史書と誤解される)「伝」でなく、「条」とすべきであると苦言を呈しているのも当然と思われます。当方は、この至言は尊重するものの、やはり、倭人伝と呼びたいのです。

□舊唐書倭国伝談義
 「伝」談義で連想されるのは、唐時代記録の舊唐書(旧唐書)です。

 この正史には倭人伝後続の「倭国伝」があり、書き出しで歴代正史倭国記事に触れた後、唐代記事として唐に対する交通が順当に書かれています。これに対して、続く日本記事は、独立した伝としての「実」が整っていません。

 つまり、通常「日本伝」とされている記事は伝の要件を満たしていないので「倭国伝日本条」と見るべきものではないでしょうか。

 もっとも、維基文庫や中國哲學書電子化計劃は、刊本の巻頭見出や改行段落に従い、日本(伝)と認めているようです。いや、これらは、何れかの時点での原本改訂かも知れないので、必ずしも編者の意思を反映していない、かも知れませんが、それは、別儀としておきます。

 舊唐書を要約収録した太平御覧は、倭国と日本の記事を独立収録していますが、そのような文書形式に従ったものでしょう。ほぼ同時代の通典、唐会要での扱いも同様です。なお、新唐書は、倭国伝を置かず、「東夷伝日本」にまとめています。

 一方、岩波文庫「中国正史日本伝」は、倭国伝を「倭国日本伝」として日本記事を包括し、後続の国書刊行会書籍は「倭國伝」として、こちらも日本記事を包括し、どちらも「日本伝」を表示していませんが、これが日本史学界の舊唐書倭国伝に関する見解と思われます。

 世評では、舊唐書は二伝を併存させていて不都合としていますが、舊唐書に「日本伝はない」のであれば、そのような誤解の即断は正すべきと考えます。

参考資料 
 岩波文庫 「中国正史日本伝(2)」
  旧唐書倭国日本伝・宋史日本伝・元史日本伝
     石原道博編訳 1956年9月第一刷
 国書刊行会 「中国・朝鮮の史蹟における日本史料集成」正史之部㈠ 1975年
                                     この項完

« 今日の躓き石 毎日新聞の心ない報道 「 リベンジ」さらしに終わりはないのか | トップページ | 09. 自稱大夫 - 読み過ごされた遺風 補充版 »

歴史人物談義」カテゴリの記事

倭人伝随想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の躓き石 毎日新聞の心ない報道 「 リベンジ」さらしに終わりはないのか | トップページ | 09. 自稱大夫 - 読み過ごされた遺風 補充版 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ