« 今日の躓き石「纏向遺跡の種 年代測定を巡って」揺らぐ毎日新聞古代史報道の良識  3/3 | トップページ | 新・私の本棚 番外 川村 明「九州王朝説批判」改 2/7 通典の読み方 »

2020年6月24日 (水)

新・私の本棚 番外 川村 明「九州王朝説批判」改 1/7 通典の読み方

                           2016/03/20 2018/05/05 2019/03/09  2020/06/24
私の見立て ★★★☆☆

「九州王朝説批判」 更新の弁
 個人サイトの記事の批判ですが、個人攻撃でないと了解いただきたい。
 最近閲覧件数が伸びているので、全体の言い回しを少々調整しましたが、論調、論旨は変えていないものです。
 以後、再読して、書き足しました。
 ここでは、倭人伝から隋書にいたる中国史料を基点としているので、日本書紀は、史料批判を要する外部文献に過ぎないのです。

第1章 中国史書の「倭」と「日本」  川村 明
 いや、川村氏は、「九州王朝説批判」というより、古田氏の提唱した「九州王朝説」の否定に、色々強弁をふるわれていますが、偏った主張に流れている部分に対しては、第三者の意見として批判させていただきます。

 ちなみに、当方は、ほぼ倭人伝専攻で、国内史書は、原則として倭人伝と輻輳するときだけ批判を加える方針でしたが、必要に迫られて、史料批判を加えているので、一部ご不快の方もいらっしゃるかと思います。中国史料を基点としているので、そのような解釈が必然となるのです。(2020/06/24)

*信条批判
 まず、古田武彦氏の信条として次の方法論を取り上げ、これが、常に正しいわけではないと主張されています。素人目には、至って控え目な前提ですが、このように「方法論」をやり玉に挙げて大局的に否定するのは、単に方法論の部分的な否定(誰でも欠点はある)であって、具体的に「九州王朝説批判」にどう繋がるのかよくわからないのです・何か、大きな勘違いをしているようです。
 とは言え、これもまた、「方法論」批判に類するので、取り敢えずご意見を拝聴することにしました。

b 当該王朝で作られた史書は自分自身の利害による加削がありうるから、利害のない外国史書の記述の方が客観的で信用できる。

*通典概観
 ここに提示された方法論を否定する根拠として、なぜか、通典(邊防)が引き合いに出されます。しかし、素人目にも通典は史書ではなく、三國志や後漢書のように、正史として厳格な考証を踏まえたものではないのです。

 通典は、「類書」、いわば百科全書であり、提示されている邊防篇は、周辺諸蕃の経歴を「わかりやすさ」を旨とし、正確さは二の次にまとめています。

 論拠として提示する資料は、よくよく史料批判して提示しなければ、単なるこじつけと受け取られて、大変損をします。

*「倭」大観
 その証拠に、倭(國)に関する記述は、後漢代に交流が開始して以来の経緯が書かれていて、自称、他称国号にお構いなしに、全て「倭」記事として整形され、「倭」記事に書かれた国は、連綿と国体が継承されていると読めます。些末にはこだわっていられないという事でしょう。

 古田氏の「九州王朝説」は、この事情を捉えて、自説の基礎として唱えているように思います。これが川村氏の基調と筋があわないとしても、それは、それと受け入れるべきと思います。論破可能なのは、具体的な論議のみです。

 少なくとも、ここまで、古田氏の提唱した「九州王朝説」に「説」として不都合な点は特に無いようです。

 ただし、bのような雑ぱくな方法論であらゆる資料評価ができるのではなく、個々の事例毎に、労苦を厭わず精査しなければならないと思うのですが、この断片では、古田氏の深意が不明なので、ここまでに止めます。



                               未完

 

 

« 今日の躓き石「纏向遺跡の種 年代測定を巡って」揺らぐ毎日新聞古代史報道の良識  3/3 | トップページ | 新・私の本棚 番外 川村 明「九州王朝説批判」改 2/7 通典の読み方 »

倭人伝随想」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 今日の躓き石「纏向遺跡の種 年代測定を巡って」揺らぐ毎日新聞古代史報道の良識  3/3 | トップページ | 新・私の本棚 番外 川村 明「九州王朝説批判」改 2/7 通典の読み方 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ