« 新・私の本棚 刮目天一 プログ記事公開質問への回答    2/3 | トップページ | 今日の躓き石 NHK BS「釣りびと万歳」 ベテラン俳優の「リベンジ」失言連発を歎く »

2020年6月27日 (土)

新・私の本棚 刮目天一 プログ記事公開質問への回答    3/3

                                       2020/06/27

*達成すべき使命
 中国側が、俀国を九州北部の手近な場所でなく遠隔の地と見ていたのなら、其の地に至る行程を書き漏らすのは、皇帝への抗命であり、他ならぬ「煬帝」に対してそのような抗命をしては、「ただでは済まない」のです。

 最悪、使節団一同全員死罪であり、皇帝の意向次第では、全員の妻子も皆殺しになるのですから、裴世清一行は抗命などせず、使命を果たしたのです。隋書を原文に忠実に解釈するというのは、そこまで突き詰めることです。

*川村氏論考への感慨
 以上、丁寧に書いたので、できたら川村氏ご自身の批判を受けたい位です。

 ただし、川村氏は、日本書紀という国内史料を、深く、深く読み込んで、そのように解釈すると決めているので、その理路に従うなら、そのような隋書解釈が正しいことになるのですが、小生は、隋書、さらには、倭人伝しか見ていないので、川村氏の国内史料規準の隋書解釈には同意できないのです。小生の論は、その辺りを承知の上で、事実誤認、時代錯誤を説いています。

 就中、論戦での批判対象誤認について、気づいていただきたいのです。

◯苦言・諫言
 最後に、貴兄は、「文献にあることをバカ正直」に信じることを強いことばで蔑視されますが、この手の発言は、たっぷり「おつり」が帰ってくるので損だと思います。一度、慎重に考え直していただければ幸いです。

 「まずは」文献読解に努め、外部資料は厳格な史料批判を経るというのが、素人の学ぶ道として古代史学の唯一の正道と思いますので、ご意見には同意しかねます。貴兄が、持論の古代史浪漫を絶対視していて、その邪魔になる議論は、何から何まで棄却するというのでは、中々諫言もできないのです。

*安本氏見解観
 そうそう、途中で、安本美典氏の見解を転送されていますが、同書と被引用書を読む限り、安本氏は、自任されているように、史学者、つまり、あくまで学問の徒であるから、確実な根拠なしに断言せず、私見ですが「三世紀九州の言葉と後世の大和の言葉が、遠大な距離と数世紀の時間を経て、文字記録に頼らずに繋がっていると見たら、依拠されている論議が正しいと判断できる」との趣旨による、条件付きの慎重な見解と思います。(別記事あり)

 貴兄は、安本氏の発言を引用してないので、斯くなる私見は、的外れかも知れませんが、憶測するに、安本見解のパッと見にとらわれて、前提条件をすっ飛ばしていているように見え、厳密な引用ではないものと思量します。議論は、貼り付けた著書表紙の惹句では示せないのです。

 世にある「馬頭星雲」を避ける方法が見当たらなかったので回答が遅れましたが、貴兄の指摘を受けて、すぐさま同書を買い込んで念入りに読んだ上の意見です。貴兄に不愉快な言い回しになったとしたら、それは、小生の至らぬせいであり、御寛恕下さい。この程度の論者と見限って、諦めてください。

*最後に
 以上、貴兄の心情と食い違うので、ご不快かも知れませんが、少なくとも、古代史分野では、「文献」を深く理解するのが、第一歩であり、たとえ、不快な見解でも、説き伏せられてみることが必要かと思います。

 自分はどうかと言われそうですが、守り切れない自戒の言葉とお考えください。当方は、一介の電気技術者骨董品で、専門家ではなく、あちこちで素人と触れ回っているので、くれぐれも誤解しないでいただきたいものです。

                                以上

« 新・私の本棚 刮目天一 プログ記事公開質問への回答    2/3 | トップページ | 今日の躓き石 NHK BS「釣りびと万歳」 ベテラン俳優の「リベンジ」失言連発を歎く »

倭人伝随想」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 刮目天一 プログ記事公開質問への回答    2/3 | トップページ | 今日の躓き石 NHK BS「釣りびと万歳」 ベテラン俳優の「リベンジ」失言連発を歎く »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ