« 私の本棚 33 笛木 亮三 「卑彌呼は殺されたか!」改 1/2 | トップページ | 私の本棚 6 上垣外 憲一 倭人と韓国人 改  1/3 »

2020年6月18日 (木)

私の本棚 33 笛木 亮三 「卑彌呼は殺されたか!」改 2/2

~卑弥呼以死考~ 季刊「邪馬台国」第125号 2015年4月 梓書院

*ユニコードの功績
 合わせて言うと、Microsoft社の英断(各国文化の個性を破壊すると非難されたが)で、全世界の文字データが共通のユニコードとなり楽々中国文献の検索ができ、Microsoft社の功績は絶大です。ここに謝辞を表しておきます。
 公開データを全文検索して用例列挙するのは素人も追試できフェアです。

*先人功績の称揚
 「邪馬臺国」「邪馬壹国」論争時に、三國志全文を手作業検索した話が、匿名の風評譚となっていて怪訝に感じるのです。手作業検索を評価するなら実名顕彰すべきです。と言う事で、曲がりくねった言い回しは残念です。

 また、当の昔に博物館入りしていたはずの「レジェンド」記事が多く、笛木氏の責任ではないのですが、延々と引用紹介と解読を強いられる「論争」のあり方が、折角の労作に苦言を呈する原因となっていて、もったいない限りです。

◯書評本論~私見御免
 用例検索の必要性は理解しますが、文献解釈として本末転倒と思います。
 記事筆者は、「以死」と書くとき汗牛充棟の古典用例でなく、普通の教養で書いたはずです。文脈から解釈困難となったとき古典を参照すればよいのです。これは、ほぼ笛木氏の趣旨でもありますが、敢えて書き立てます。
 卑弥呼は、不徳の君主でなく敗将でもなく、天寿と見るのです。没後に大いに冢(封土)を造営したころからもそう感じるのです。

▄補足 (2020/06/18)
 初回掲示の際、参照史料を書き漏らした不行き届きを、ここに是正します。
⑴阿倍秀雄「卑弥呼と倭王」(1971講談社) 
⑵生田滋  「東南アジア史的日本古代史」(1975大和書房) 
⑶松本清張 「清張通史 1 邪馬台国」(1976講談社) 
⑷樋口清之「女王卑弥呼99の謎」(1977産報ジャーナル・新書) 
⑸栗原朋信「魏志倭人伝にみえる邪馬台国をめぐる国際間の一面」(1964史学会) 
⑹上田正昭「倭国の世界」(1976講談社現代新書) 
⑦大林太良「邪馬台国」(1977中公新書) 
⑧三木太郎「魏志倭人伝の世界」(1979吉川弘文館) 
⑨福本正夫「巫女王・卑弥呼をめぐる諸問題」(1981大和書房) 
⑽奥野正男「「告諭」・「以死」・「百余歩」」(1981梓書院) 
⑾白崎昭一郎「卑弥呼は殺されたか」(1981梓書院) 
⑿三木太郎「倭人伝の用語の研究」(1984多賀出版) 
⒀張明澄 「一中国人の見た邪馬台国論争」(1983梓書院) 
⒁謝銘仁 「邪馬台国 中国人はこう読む」(1981立風書房) 
⒂徐堯輝 「女王卑彌呼と躬臣の人びと」(1987そしえて) 
⒃沈仁安 「倭国と東アジア」(1990六興出版) 
⒄水野祐 「評釈 魏志倭人伝」(1987雄山閣出版) 
⒅岡本健一「発掘の迷路を行く 下」(1991毎日新聞社) 
⒆井沢元彦「逆説の日本史 古代黎明編」(1993小学館) 
⒇生野真好「「倭人伝」を読む」(1999海鳥社) 
㉑藤田友治「三角縁神獣鏡」(1999ミネルヴァ書房) 
㉒佐伯有清「魏志倭人伝を読む (下)」(2000吉川弘文館) 
㉓井上筑前「邪馬台国大研究」(2000梓書院) 
㉔武光誠 「真説 日本古代史」(2013PHP研究所)
㉕岡本健一「蓬莱山と扶桑樹」(2008思文閣出版)
                             以上

« 私の本棚 33 笛木 亮三 「卑彌呼は殺されたか!」改 1/2 | トップページ | 私の本棚 6 上垣外 憲一 倭人と韓国人 改  1/3 »

私の本棚」カテゴリの記事

倭人伝の散歩道稿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 私の本棚 33 笛木 亮三 「卑彌呼は殺されたか!」改 1/2 | トップページ | 私の本棚 6 上垣外 憲一 倭人と韓国人 改  1/3 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ