« 私の意見 ブログ記事 倭人伝「南至邪馬壹国女王之所都」の異論異説 <補追記事> | トップページ | 私の本棚 32 上田 正昭 日本古代国家成立史の研究 再掲 »

2020年6月11日 (木)

今日の躓き石 毎日新聞野球記事の誤報 リモート「同級生」記事のふがいなさ

                                2020/06/11

 本日の題材は、毎日新聞大阪朝刊第14版のスポーツ面である。ひっそり続いている「無観衆」練習試合の記事なので、スタンド観戦していない記者は、ネタに窮しているのかも知れない。

 やり玉に挙げられているのは、もはや新人ではない、「若手」プロ野球選手の報道である。と言っても、別に大したことではない。偶々、本塁打が重なったと言うだけである。それを「3年目同級生」と見出しにするのは、実戦を長く見ていない記者の感覚がなまっているとしか思えない。
 「同級生」とは、大誤報である。一人は、早稲田実業、一人は、九州学院だから、同じ教室で勉強したこともなければ、同じチームでもなかったのである。全国紙がつまらない誤用に加担してどうするのか、ということである。

 プロ入りして3年目にもなって、高校時代の姿を引き合いに出される二人も迷惑であろう。担当記者は監督の戯れ言につられているようだが、それは、こども言葉に流されている姿であって、全国紙記者として大変残念な姿である。

 ついでながら、日ハム監督のコメントは、何とも珍妙である。ヤクルトの三年目は、既に二シーズン39本の実績を持っていて、今季は開幕四番かと取り沙汰されてるほど堂々たる実力を示しているが、監督の言う選手は、10本すらほど遠い。
 3年目を迎えて、新人を脱していないといけないのに、同期の先行者から半周から一周離されていて、誰が見ても不甲斐ない姿だから、「尻に火」どころか、全身火だるま状態のはずである。よほど、気迫に欠けるとみられているのだろう。これは、監督のぼやきなのかも知れない。

 このあたり、監督のつまらない冗談をそのまま報道しているのは、記者の感覚がなまっているのであろうか。厳しく言うと、二年続けて期待を裏切った「期待の新人」に寄せる期待は、もうとうに消えているのである。毎年新人が加入しているから、不甲斐ない三年目はただの伸び悩んでいる若手であり、実力勝負の世界で立ち止まっていたら、チーム内の生きの良い後輩に追い越されるのである。それだけのことである。

 と言う事で、三年目にもなっているのに高校時代の評判をつつき回している担当記者の感覚にはとてもついてけないのである。報道に値する新進選手をちゃんとした言葉で報道して欲しいものである。そして、もっと正しい日本語の維持について、真剣に勉強して欲しいものである。記者が新人なのか古参なのか知らないが、今回の記事は新米の不出来な記事に過ぎない。

以上

« 私の意見 ブログ記事 倭人伝「南至邪馬壹国女王之所都」の異論異説 <補追記事> | トップページ | 私の本棚 32 上田 正昭 日本古代国家成立史の研究 再掲 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 私の意見 ブログ記事 倭人伝「南至邪馬壹国女王之所都」の異論異説 <補追記事> | トップページ | 私の本棚 32 上田 正昭 日本古代国家成立史の研究 再掲 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ