« 新・私の本棚 番外 邪馬台国ブームに火をつけた男の情熱 2/2 | トップページ | 新・私の本棚 丸地 三郎 魏志倭人伝の検証に基づく邪馬台国の位置比定  1/2 »

2020年6月 1日 (月)

今日の躓き石 「サブライズ花火」と言わないで

                                 2020/06/01

 本日の題材は、5/29の毎日新聞の記事であったが、扱いに困っていたのである。

 各地で一斉に花火サプライズ 「大曲の花火」参加者らがネットで資金募る。

 結局、全国紙ともあろうものが、カタカナ語の扱いに失敗しているのである。

 現在の合衆国大統領の暴言に表れた悪夢であるが、「武漢ウィルス」を合衆国に対する中国の「サプライズ」攻撃と受け止めて、定番で「パールハーバー」真珠湾攻撃の奇襲と「9.11」多発テロを引き合いに出すのである。詳しく言うと差し障りがあるので、手短に言うと、それぞれ無残な報復攻撃があったのであるから、当今の動きは驚くものではない。これが、その人たちの品性である。

 ちなみに、surpriseは、特に言い訳しない限り、不愉快な不意打ちである。アメリカ人を含めて、英語圏では、そう受けとめて不愉快に感じる人が大勢いる以上、安易に使って欲しくないカタカナ語である。それにつけても、後先考えない安直な名付けは、勘弁して欲しいものである。

 と言うべきかと思いながら、踏み切れずに躊躇っていると、時事通信の近報では「シークレット花火」と言い直していて、ほっとするのである。

 全国一斉にシークレット花火 相次ぐ大会中止で業者支援―CFで費用募る・秋田 

 と言う事で、安心していやなことを言わせて頂くのである。言葉は届かなくても、大曲には、既にこころざしが届いているので、空振りしても苦にならないのである。

 毎日新聞ともあろうものが、主催者の「サプライズ」御用に悪乗りしたのは、情けないことである。苦言を呈して、たしなめてあげるべきである。次世代に澄んだ言葉遣いを伝えるべき言葉の護り人は、そうあって欲しいのである。

以上

« 新・私の本棚 番外 邪馬台国ブームに火をつけた男の情熱 2/2 | トップページ | 新・私の本棚 丸地 三郎 魏志倭人伝の検証に基づく邪馬台国の位置比定  1/2 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 番外 邪馬台国ブームに火をつけた男の情熱 2/2 | トップページ | 新・私の本棚 丸地 三郎 魏志倭人伝の検証に基づく邪馬台国の位置比定  1/2 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ