« 新・私の本棚 長野 正孝 古代史の謎は「鉄」で解ける  6/11 | トップページ | 新・私の本棚 長野 正孝 古代史の謎は「鉄」で解ける  8/11 »

2020年7月 9日 (木)

新・私の本棚 長野 正孝 古代史の謎は「鉄」で解ける  7/11

 『前方後円墳や「倭国大乱」の実像』 PHP新書 2015/10/30

私の見立て ★★☆☆☆ 傷だらけの野心作   2017/12/15 追記公開 2020/07/09

◯掉尾の観察 承前
陳寿が間違えて卑弥呼を女王と呼称したのです。松本清張もそう語っています。

 陳寿が何を間違えたのか不明です。陳寿は、三国志全体の編者であり、倭人伝を著述したわけではないのです。清張氏はどう語ったのか趣旨不明ですが、ここでの引き合いは、当人に不本意でしょう。気の毒なことです。

前作で「陳寿が、宗教家か対馬海峡横断の航海安全を祈禱する巫女を、倭国の『女王』と書いてしまった」と書いたところ、「卑弥呼を冒瀆している」という厳しい非難を受けた。

 氏の『前著』で、陳寿の誤解を受け売りした著者が非難されたとしたら、非難者は単に考えが足りないのです。厳しい非難は、貧しい品性を露呈しています。

この人は卑弥呼が祭祀を今も守っているというのでしょうか。天照大神などと同一視しているのでしょうか?歴史と神話は分けて考える必要があります。

 反論は的外れです。卑弥呼は故人で「祭祀を今も守」る訳はないのです。

 古代人卑弥呼は、鬼道に事えた実在の普通人で、神ではないから、「冒瀆」は的外れでしょう。非難者が、史書の意味もわからず、冒瀆と判断したら、当人の勝手でありとがめ立てはできないのです。ほぼ否定表現づくしです。

第二の理由も、陳寿の間違いに関連します。前作でも触れたことで、『魏志』「倭人伝」に「陸行一月、水行十日」とあるが、九州から近畿まで、当時は歩いては行ける状態ではないのです。

 ここは、「第二に」ではないのでしょうか。(児戯です)

 陳寿の間違いと言いますが、倭人伝道里/行程記事を誤解しています。

⑴陳寿は、倭人伝を著述したのではなく、現地検証したのでもないのです。
⑵倭人伝の誤記か、著者の誤解か、趣旨不明です。

 「九州から近畿まで」歩いて行けないと断言でも、空は飛べないので、寝泊まりして移動したでしょう。当行程に賛同してはいないのですが。

山陽道は山ばかりの道なき森林地帯。

 三世紀に「山陽道」は時代錯誤ですが、一般論として、山地にも尾根道か沢道は常にできます。「街道」は未確立としてもです。
 それにしても、ここで体言止めとは、乱文です。

                               未完

« 新・私の本棚 長野 正孝 古代史の謎は「鉄」で解ける  6/11 | トップページ | 新・私の本棚 長野 正孝 古代史の謎は「鉄」で解ける  8/11 »

倭人伝随想」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 新・私の本棚 長野 正孝 古代史の謎は「鉄」で解ける  6/11 | トップページ | 新・私の本棚 長野 正孝 古代史の謎は「鉄」で解ける  8/11 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道稿
    魏志倭人伝に関する覚え書きです。
  • 倭人伝道里行程について
    魏志倭人伝の帯方郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十周年を迎え、着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
無料ブログはココログ