« 私の意見「陳壽の見た後漢書」サイト記事批判 謝承後漢書談義 ・補追 3/5 | トップページ | 私の意見「陳壽の見た後漢書」サイト記事批判 謝承後漢書談義 ・補追 5/5 »

2020年7月27日 (月)

私の意見「陳壽の見た後漢書」サイト記事批判 謝承後漢書談義 ・補追 4/5

               2016/03/22 追記 2018/05/05 2020/02/15 2020/03/31 2020/07/27

 私の見立て ★★★☆☆ 誤解、誤読の反面教材

*「筈」押し一辺倒
 福永氏は、後年、三國志全体を精読した上で、劉宋皇帝の指示に従って、補追と注釈を加えた裴松之を捉まえて、後に散佚した史書の完本を「見ていたはず」と確認しようもない提議を持ち出しているが、衆知の如く、裴松之の注、裴注には、都度引用原典が明記されていて、さらに、参照資料に関して、別途評価を加えているのであるから、そこにも挙げられていない史書は、参照するにすら値しない「ゴミ」と見るべきである。
 まして、当時、史官でない素人の私撰史書であって、公的に取り上げられていない范曄後漢書の東夷傳を「実際は見ていたはず」だと、これもまた確認しようもない提議を持ち出すのは、どういう意義を認めている発言なのだろうか。

 裴松之が、一読していようがいまいが、裴注に参照されず、論評を加えられていない雑文は存在しないと同義である。

 まして、魏志の本質的な部分と関係の乏しい「後漢書」など、裴松之の書庫に積まれていても無いに等しいのである。

*粗雑な前提、無謀な提言
 このように、幾重にも積み重ねた根拠のない推定の上に立って、魏志倭人傳の現行刊本に現実に明記されている「耶馬壹国」の文字は、当初の魏志倭人傳には存在しなかった、と、根拠も何も求めようのない、一方的な作業仮説を立てているが、「もともと明確な根拠のない推定であるから、そのような根拠を否定する論理は立てられず、いわば、単なる私人の妄想と見られているから、そのために決定的な反論は現れない」ものである。

 もっとも、批判能力のない一般聴衆にホラ話を言い立てているだけだから、反論どころか、質問、意見は、出てこないのであろう。

 丁寧に裴注時の状況を確認すると、参照されていない范曄後漢書の東夷伝記事が、実質的に、魏略の引用、節略にとどまっているのが、後世人に容易に確認できるように、陳寿が取りこぼした東夷記事は見られないのである。

 それは、魏志東夷伝に対する裴注が、大変寡黙であるところから見て取れるのである。恐らく、福永氏の脳裏には、夢想した資料が投影されていて、現実の史料の紙背に映じているのかも知れないが、それは、あくまで、個人的な幻想であり、何がどう見えているのかすら、明示していただかなければ、批判の仕様がないのである。

 つらつら思うに、同時代の事象について、言論自由のご時世とはいえ、学術的な論考で、根拠の提示できない風評を云々することは蔑視されるものである。まして、誰も実証確認できない古代の事項に関する風評想像にかこつけて、他者の論考を罵倒するのは、何と批評すればいいのであろうか。誠にもったいない話である。

 こうした強弁の類いのよく陥る失敗として、論考の基本的なところに大穴が空いているので、折角の提言が、熟読、精査されることなくゴミ箱入りする羽目になるのではないかと危惧する。

 少なくとも、氏ほどの確たる評価のある論客は、率直で忌憚のない批判に値すると思うので、ことさら別記事を立てたものである。史学論考としては、別記事の後漢書論と一括して、氏の意見をゴミ箱入り扱いするものである。

                                     未完

« 私の意見「陳壽の見た後漢書」サイト記事批判 謝承後漢書談義 ・補追 3/5 | トップページ | 私の意見「陳壽の見た後漢書」サイト記事批判 謝承後漢書談義 ・補追 5/5 »

倭人伝随想」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 私の意見「陳壽の見た後漢書」サイト記事批判 謝承後漢書談義 ・補追 3/5 | トップページ | 私の意見「陳壽の見た後漢書」サイト記事批判 謝承後漢書談義 ・補追 5/5 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道稿
    魏志倭人伝に関する覚え書きです。
  • 倭人伝道里行程について
    魏志倭人伝の帯方郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十周年を迎え、着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
無料ブログはココログ