« 新・私の本棚 長野 正孝 古代史の謎は「鉄」で解ける 11/11 | トップページ | 私の意見「陳壽の見た後漢書」サイト記事批判 謝承後漢書談義 ・補追 1/5 »

2020年7月12日 (日)

今日の躓き石 毎日新聞の暴言 米国企業が連邦政府に血の報復「リベンジ」の疑惑

                               2020/07/12

 本日の題材は、毎日新聞大阪朝刊14版「総合」面のクローズアップ「5G整備米国内対立」なる重大な記事である。

 同様の暴言は、主として(比較的)無教養なスポーツ面で多発しているが、今回は、教養豊かで国際性に富んだ記者の執筆と思われるので、同社内の「リベンジ」誤用は、広く潜伏し多発しているのではないのかと危惧される。大半の良識ある記者は、不穏な言葉遣いを避けていると思うが、今回のように、屑記事が掲載されると、各員の日々の努力はぶち壊しなのである。

 報道に依れば、某米国企業は、10年前の連邦政府、主として、国防総省の決定で事業計画を覆され、会社が経営破綻したのを恨みに思っているようなのだが、だからといって、「血の報復(revenge)を企てている」というのは、大変な告発である。ペンタゴンにテロ攻撃、と言っても、お手の物のIT技術で、サイバーテロでも目論んでいるのだろうか。大変不穏当である。

 全国紙の記事で、米国内の連邦政府と企業の間の抗争を、このように不穏当な決めつけで書き立てるのは、報道の自由をはみ出していると思う。毎日新聞の編集部がそう思わないというなら結構だが、そのような告発は、十分な裏付けが必要ではないか。不審に思うのなら、当記事の当段落の直訳を作成して、駐在員から、関係者の意見を取材したらどうか。

 全国紙の報道については、とかく政治的な偏向が云々されるが、今回の暴言は、特定の私企業に対する告発であり、「フェイクニューズ」とは別次元の低劣さと思うのである。

以上

 

« 新・私の本棚 長野 正孝 古代史の謎は「鉄」で解ける 11/11 | トップページ | 私の意見「陳壽の見た後漢書」サイト記事批判 謝承後漢書談義 ・補追 1/5 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 長野 正孝 古代史の謎は「鉄」で解ける 11/11 | トップページ | 私の意見「陳壽の見た後漢書」サイト記事批判 謝承後漢書談義 ・補追 1/5 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道稿
    魏志倭人伝に関する覚え書きです。
  • 倭人伝道里行程について
    魏志倭人伝の帯方郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十周年を迎え、着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
無料ブログはココログ