« 新・私の本棚 長野 正孝 古代史の謎は「鉄」で解ける 11/11 | トップページ | 私の意見「陳壽の見た後漢書」サイト記事批判 謝承後漢書談義 ・補追 1/5 »

2020年7月12日 (日)

今日の躓き石 毎日新聞の暴言 米国企業が連邦政府に血の報復「リベンジ」の疑惑

                               2020/07/12

 本日の題材は、毎日新聞大阪朝刊14版「総合」面のクローズアップ「5G整備米国内対立」なる重大な記事である。

 同様の暴言は、主として(比較的)無教養なスポーツ面で多発しているが、今回は、教養豊かで国際性に富んだ記者の執筆と思われるので、同社内の「リベンジ」誤用は、広く潜伏し多発しているのではないのかと危惧される。大半の良識ある記者は、不穏な言葉遣いを避けていると思うが、今回のように、屑記事が掲載されると、各員の日々の努力はぶち壊しなのである。

 報道に依れば、某米国企業は、10年前の連邦政府、主として、国防総省の決定で事業計画を覆され、会社が経営破綻したのを恨みに思っているようなのだが、だからといって、「血の報復(revenge)を企てている」というのは、大変な告発である。ペンタゴンにテロ攻撃、と言っても、お手の物のIT技術で、サイバーテロでも目論んでいるのだろうか。大変不穏当である。

 全国紙の記事で、米国内の連邦政府と企業の間の抗争を、このように不穏当な決めつけで書き立てるのは、報道の自由をはみ出していると思う。毎日新聞の編集部がそう思わないというなら結構だが、そのような告発は、十分な裏付けが必要ではないか。不審に思うのなら、当記事の当段落の直訳を作成して、駐在員から、関係者の意見を取材したらどうか。

 全国紙の報道については、とかく政治的な偏向が云々されるが、今回の暴言は、特定の私企業に対する告発であり、「フェイクニューズ」とは別次元の低劣さと思うのである。

以上

 

« 新・私の本棚 長野 正孝 古代史の謎は「鉄」で解ける 11/11 | トップページ | 私の意見「陳壽の見た後漢書」サイト記事批判 謝承後漢書談義 ・補追 1/5 »

今日の躓き石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 長野 正孝 古代史の謎は「鉄」で解ける 11/11 | トップページ | 私の意見「陳壽の見た後漢書」サイト記事批判 謝承後漢書談義 ・補追 1/5 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ