« 新・私の本棚 松尾 光 「現代語訳 魏志倭人伝」 弐 陳寿論 1/2 | トップページ | 新・私の本棚 松尾 光 「現代語訳 魏志倭人伝」 参 通詞論 1/2 »

2020年8月 4日 (火)

新・私の本棚 松尾 光 「現代語訳 魏志倭人伝」 弐 陳寿論 2/2

 新人物文庫 .KADOKAWA/中経出版 Kindle版

 私の見立て ★☆☆☆☆ 史料批判なき風聞憶測 2020/08/02

〇陳寿の諸葛亮観
 続いて、氏は陳寿の諸葛亮への感情を述べるが、普通に見て深い尊敬を抱いていたとみる。魏で諸葛亮は連年関中方面を侵略し続けた極悪人であり、魏略を書いた魚豢は、魏官人として当然、諸葛亮に敵意を示す記事を残している。
 魏官人の憤懣を引き継いだ西晋に於いて、旧敵国の巨魁たる諸葛亮著作集を上申したのは、大抵の決意ではない。
 因みに、魏を創始した武帝曹操は時代最高の詩人であり、孫子兵法の注釈を表した文人であるが、曹操著作集は残されていない。

 諸葛亮は、私心のない宰相であり、戦地にあっても政務に心身を労したが、軍人として、むしろ凡庸(非凡とは言えない)とみるのが妥当な人物評ではないか。その子についても、陳寿は、むしろ冷静に評価しているとみられる。これを害意と見、筆誅と見る者は、陳寿の器を見くびって、評者自身の狭隘な史眼を露呈しているものである。

〇三国志上申挿話の考証
 全体に、なぜか、陳寿を支持する筆勢が痩せているが、例えば、没後の三国志上申の際の建言は、三国志六十五巻の大著の書写と皇帝上程を齎すものだから、識者は、身命を賭して推薦したはずである。

 著作とは、上申を想定してまとめていた三国志最終稿善本、美本を言う。つまり、陳寿原本を上申し、書写は控えと見るべきである。実務は、河南尹・洛陽令の采配であるが、六十五巻分の用紙、ないし、簡牘と墨硯は、官費で手配するとは言え、最高級の資材である。また、写本工は、在野の職人ではなく、皇帝書庫写本に任じられる当代最高の著名の人材だった筈である。何しろ、皇帝命で、金に糸目は付けなかったと見るべきである。

〇洛陽の復興
 まさかとは思うが、このような写本工の動員を、現代風の雇用形態とみていると困るのでわかりきったことを言う。
 まずは、写本工は高度な専門技術者であり、官営工房に多数の職人が常雇い、つまり、官人となっていると共に、周辺の下働きは、官奴として組織化されていたのである。つまり、簡牘書写と仮定すると、必要な竹簡なり木簡なりは、規定の尺寸、品質のものを、要求量納品する業者が必要であり、途中で、簡牘を保管する問屋めいた存在があって、それぞれの間のやりとりは、価格、数量、納期が協定されて運用されているのである。
 こたびのように、六十五巻に及ぶ特上写本の場合、国営工房に皇帝命が下って最優先で取り組むから、そこそこの納期で完了するが、それ以外だと、後回しとか、写本工不足とかで、随分期間を要するのである。

 大量の新規写本が粛々と行われたのは、曹操が、半ば廃墟としなっていた帝都洛陽を、献帝の威光を生かして、勅命で復興したからであり、曹丕文帝の時代も、着々と、往年の洛陽の威光が再建されていたからである。ここでは、既に晋に代替わりして、洛陽の活気は戻っていたから、かなりの数の写本工が、陳寿の結構広壮な旧宅を埋め尽くして、手分けして六十五巻の筆写を手がけたと思うのである。

〇洛陽の荒廃
 これも念のための背景確認であるが、かの霊帝の没後、洛陽は戦場と化して、最後は、無冠の暴君董卓の指示で、西方の旧都長安への遷都が強行され、董卓が、移転督促の目的で、洛陽に火を放ったので、一時期、洛陽は、廃都となっただけでなく、廃墟と化していたのである。
 そのため、献帝が東都に復帰と言っても洛陽再建が追いつかないため、後漢宮廷は、曹操一党の本拠、鄴なる地方都市に再興されたのであり、洛陽が国都に戻るまでには、さらに年月を要したのである。

〇士誠小人
 最後に、松尾氏は、陳寿に対して勝手に矮小化された心情を想定しているが、自身との器の違いに気づかない小人の誤解と言わざるを得ない。「(士誠小人也)『孟子』」と言うべきか。以下は、小人の史上の偉人に対する阿りとしか見えないので勿体ない。

〇東冶幻覚
 蜀は、地図上では「会稽」から見て長江(揚子江)の遥か上流であり、とてもではないが、成都から会稽は見通せず、どの方角と言えない。また、東冶県は、一時会稽郡に属し、地図上、会稽の南とは言え、巨大な福建山地の南であり、交通至難のため、早々に会稽郡から分離されている。
 と言う事で、東冶は、蜀都成都から親しく感じられるものではない。
 まして、これら地域は、三国時代の東呉、孫氏の領分で、敵地であった。心情的にも遠いのである。

 紙上の散策だけで、深く資料批判を行わず、事情のわからないままに、勝手な感慨を加えて、陳寿を戯画化するのは御免である。

〇政治的歴史観の蔓延
 一方、世上、ためにする陳寿誹謗が絶えないのは、こと倭人伝論に於いては、そこに書かれている記事が、国内史書を基礎にした政治的な歴史観と衝突するからである。政治的な歴史観は、国費によって正当化されて根強いのである。何しろ、三国志の校訂が丁寧に行われていたため、異稿、異本が無いに等しいことまで、誹謗の種になっているのは滑稽ですらある。

 魔境では、論理でなく俗耳に心地良い響きを求めて小人跋扈するのである。松尾氏は、そのような歴史観迎合の魔境潮流に流されて満足なのだろうか。
                                以上

« 新・私の本棚 松尾 光 「現代語訳 魏志倭人伝」 弐 陳寿論 1/2 | トップページ | 新・私の本棚 松尾 光 「現代語訳 魏志倭人伝」 参 通詞論 1/2 »

倭人伝随想」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 松尾 光 「現代語訳 魏志倭人伝」 弐 陳寿論 1/2 | トップページ | 新・私の本棚 松尾 光 「現代語訳 魏志倭人伝」 参 通詞論 1/2 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道稿
    魏志倭人伝に関する覚え書きです。
  • 倭人伝道里行程について
    魏志倭人伝の帯方郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十周年を迎え、着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
無料ブログはココログ