« 今日の躓き石 NHKGの暴言 再起図るアスリートに「リベンジ」の汚名 訂正あり | トップページ | 新・私の本棚 遠山 美都男「古代中国の女性観から読み解く」卑弥呼 2/2 »

2020年10月 4日 (日)

新・私の本棚 遠山 美都男「古代中国の女性観から読み解く」卑弥呼 1/2

古代中国の女性観から読み解く~個人名ではなかった「卑弥呼」が女王とされた理由  歴史読本 2014年7月号

私の見立て ☆☆☆☆☆ 零点 よいこは真似しないように 2020/10/04

〇はじめに
 当記事は、途方もない誤読の集積ですが、その原因は、「古代中国の女性観」と言いつつ、国内史料熱愛から生じた怨念めいたものを語っていて、単に、国名や所在地比定の論議では片付かない大問題を示しています。

 以下、失礼を承知の上で、氏の誤読の解剖を図っています。率直に、子供に言い聞かせるように指摘しないと何も伝わらないだろうという事で、誠意をこめて説き聞かせているので、野次馬の介入は御免被るのです。

〇逐行批判
 卑弥呼とは『魏志』倭人伝という外国史料にしかあらわれない存在である。したがって、その実像の解明には『魏志』倭人伝に対する徹底的な史料批判がもとめられる。[中略]追認することが許されない[中略]

コメント:正史を「外国(野蛮人)史料」と視点錯誤です。正史は中国視点の中国史家が中国語で書いたから、文明圏外の「外国人」が批判できるものではありません。後漢書談義は扨置き、唯一資料を何をもって史料批判するのか不可解です。「実像」論だが視力検査はしたのでしょうか。倭人伝は二千字ですぐ底に徹するでしょう。中原史官は夷蛮の「追認」は要しませんから傲慢です。と言う事で、読解力のない半人前以下の野蛮人が何を言うかという誹りを免れません。氏は、経書を中国語で朗唱できるのでしょうか。

 [中略]卑弥呼が倭国の女王であったという[中略]事柄に関しても、[中略]徹底した検討の俎上にのせないわけにはいかないのです。
コメント:氏の倭人伝解釈は傲慢で早合点の誤釈に満ち、とても俎上に載りません。

卑弥呼は個人名ではない
 [中略]つぎの有名な一節がある。「其の国、本亦男子を以て王と為す。[中略]倭国乱れて、[中略]。乃ち共に一女子を立てて王と為す。名づけて卑弥呼と曰ふ。鬼道に事へ、能く衆を惑はす。[中略]男弟有りて国を佐け治む。」
コメント:「いわゆる卑弥呼」と称する「いわゆる遠山美都男」が何を言うかです。「有名」な一節も、「魏志倭人伝」でなく勝手解釈に過ぎません。

 [中略]倭国大乱とよばれる内乱を鎮めるために、[中略]擁立された[中略]しかし、文脈に即して解するならば、[中略]即位にともなって新たに卑弥呼という名が[中略]あたえられた役割に関わる呼称であった[中略]
コメント:倭人伝に無い「倭国大乱」風聞が意図不明です。思い付きは勝手ですが、原文読解できない限り「文脈」は手前味噌でしょう。「俎上」、「徹底的な史料批判」ともっともらしいのですが、巷の素人論者、野次馬同様、自己流解釈で史料を読み替えます。世には倭人伝改竄差替説もあります。氏の見識が非科学的な思い付きなら表明すべきです。因みに、当記事筆者は、「薄氷」を踏み渡る度胸はありません。

 このように卑弥呼が彼女のみに占有されるという意味でのたんなる個人名ではなかったことは、卑弥呼の語義からも推定されるところである。
コメント:「卑弥呼」は商標ではないから、占有/専有とは面妖です。「卑弥呼の語義」は後出しますが、氏に古代中国語を説く資格があるのでしょうか。
                                未完

« 今日の躓き石 NHKGの暴言 再起図るアスリートに「リベンジ」の汚名 訂正あり | トップページ | 新・私の本棚 遠山 美都男「古代中国の女性観から読み解く」卑弥呼 2/2 »

倭人伝随想」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の躓き石 NHKGの暴言 再起図るアスリートに「リベンジ」の汚名 訂正あり | トップページ | 新・私の本棚 遠山 美都男「古代中国の女性観から読み解く」卑弥呼 2/2 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ