« 新・私の本棚 古田武彦 「倭人伝を徹底して読む」 里程・戸数論 1/5 | トップページ | 新・私の本棚 古田武彦 「倭人伝を徹底して読む」 里程・戸数論 3/5 »

2020年10月31日 (土)

新・私の本棚 古田武彦 「倭人伝を徹底して読む」 里程・戸数論 2/5

大塚書籍 1987年11月 ミネルヴァ書房 2010年12月 2020/10/30

 私の見立て ★★★★★ 必読書 批判するなら、まず読むべし

〇「倭人伝里」の意義
 氏は、まずは、倭人伝に「普通里」の六分の一程度の「倭人伝里」(七十五㍍程度)が採用されていると見た上で、史官たる陳寿の倭人伝書法は、「倭人伝里」で一貫しているとの「仮説一」を得たと思われます。
 念のため言うと、四百五十㍍も七十五㍍も、当記事の便宜上表記であって氏の表記ではなく、当記事筆者は、厳密な数字を主張しているものでもありません。ただし、倍率は、小数の無い算数のため、整数と「確信」しています。

 この「仮説一」は、氏によって乗り越えられ、陳寿が三国志全巻を編纂した以上、偶々倭人伝で顕在化したものの、魏晋朝で国家制度として全国で採用されていたという「魏晋朝里」「仮説二」に至ったと判断されます。

 「仮説二」において、氏は、まず、三国志魏書を探って、魏が後漢を継承した際に布告した礼制において里制変更したとの説を唱え、次いで、三国志里程記事に書かれている「里」が、現代比定地の実道里から判断して「魏晋朝里」に即しているとの「考察三」を提示し、これ対する反論と再反論が交錯して、大量の論考が重ねられていますが、収束の兆しがありません。

*「仮説二」の否定、「仮説一」の維持
 当方は、既に、古田氏の「仮説二」が成立しがたいと論証し、したがって、「考察三」の検証は無用と断じましたが、一方、「仮説一」は、倭人伝記事の解釈として合理的であり、依然として有力な仮説と考えています。
 ここまでは、既に私見を詳解したので繰り返しません。以下、古田氏著作の「仮説一」論証過程の「誤謬」を指摘し、その由来を探るものです。

〇「誤謬」の深意
 因みに、世間には、「誤謬」を感情的に捉える方があるようですが、要は、単に、個別の考察に適用されている部分的な見解が、勘違い、速断であって正しいものでないと言っているだけで、勘違い、速断は、誰でもある事なので、別に、感情的に受け取る必要はないのです。
 勘違いや速断による謬りでないということは、根本的な錯誤、大局的錯誤の表れと言う事であり、大変な非難になります。勘違いは慎みたいものです。

〇「方里」序章
 さて、氏の里程論における重大な懸案は、「方里」に対する誤解です。
 氏は、一大国方四百里を、領域が一辺四百里の方形と見て、検証のために壱岐島に想定した四辺形から、一里は七十五㍍程度と算定しています。
 これに先だって、韓伝記事の韓地「方四千里」を現代地図で見て三百㌔㍍程度で、一里七十五㍍程度と概算した事例と合わせて妥当と見たようです。
 「方里」に関する考証は、奥が深いので、後ほど改めて述べます。

*地図の責任~余談
 古田氏は、古代史書の数値の諸般の事情による大まかさを承知で、壱岐島が、二千年の風濤、海流で減縮した可能性にまで言及しています。在来論者が、現代地図を無神経に二千年前の考察に起用する無責任さと大違いです。

 掲載された「地図」の根拠となっているデータの責任者が明記されていないと不満の持っていきどころがないし、仮に明記されていても、二千年前の地形は保証していないから、責任所在が不明、つまり、無責任な地図なのです。これは、著作権とは別の学術論ですから是正してほしいものなのです。

                                未完

« 新・私の本棚 古田武彦 「倭人伝を徹底して読む」 里程・戸数論 1/5 | トップページ | 新・私の本棚 古田武彦 「倭人伝を徹底して読む」 里程・戸数論 3/5 »

倭人伝随想」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

倭人伝道里行程について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 古田武彦 「倭人伝を徹底して読む」 里程・戸数論 1/5 | トップページ | 新・私の本棚 古田武彦 「倭人伝を徹底して読む」 里程・戸数論 3/5 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ