« 倭人伝随想 倭人伝里程課題へのエレガントな解答の試み 改 2/4 | トップページ | 倭人伝随想 倭人伝里程課題へのエレガントな解答の試み 改 4/4 »

2020年10月14日 (水)

倭人伝随想 倭人伝里程課題へのエレガントな解答の試み 改 3/4

          2019/06/23 加筆2019/06/26 2020/05/06, 2020/10/12

*高度な解釈を求めて
 読者は、現代日本人の勉強不足の単純素朴な読みが却下された時、これら記事は、どのように読み解くべきか、一段と高度な判断を求められるのです。そう思いませんか?

*投馬国談義 ほんの余談
 手始めに、手始めの水行二十日の投馬は、行程外と見ます。投馬は戸数五万戸の有力国で、王制伝統でなくても、官を受け入れた国書筆頭付近の列国のため、里数不詳、戸数未確認の不備無体のまま国名を書いたのでしょう。

*水行陸行解釈の是正(かんちがいの見直し)
 次に、よくある単純解釈「水行十日陸行一月」の「誤解」は、旅程が水行、陸行の双方に書かれているのに相応しい郡倭の総所要日数と見て、さらに、水行十日を計三千里の渡海と見ると、残りはすべて陸行であり、長々とした、半島西岸南岸の「沿岸航海」(?)は、うたかたの幻なのです。

*扇の要
 かくして、俗に「放射説」と呼ばれている高度な解釈が登場します。但し、当方は、伊都を「扇の要(かなめ)」と呼ぶのが相応しいと思うのです。

*伊都国の重み
 つまり、倭人伝記事を読む限り、伊都は、郡倭の交通、交信の「要」であり、全ての旅客、文書は、一旦ここで審査されると明記されているので、郡、つまりは、魏朝は、この「要」まで、道里を知った上で、文書送信すれば、倭人に知らせたと同然との見方が示されているのです。

 言うならば、伊都から倭まで、せいぜい一,二日の行程の趣旨で書かれているのです。その程度の日数里数は、概数計算で無視され、ことさら書き留めるに及ばなかったということです。

 伊都が重要であれば、伊都の「追分」、「町辻」(辻は漢字にない国字)に、各国公道の分岐点「要」があって、そこには、道標が置かれていたはずです。

*地域拠点の意義
 「放射説」は、学術的表現ですが、この事情は別に異常でなく、西域でも、中原~西域都督からの旅客文書は、地域拠点に集じて各目的地に散じたはずです。伊都を、地域拠点、集散地と見れば、物の道理は自明です。

 榎一雄氏は、文法解析から伊都国放射説を創唱し、火あぶりとアラ探しの雨を浴びる試錬でしたが、当方は、非学術的な社会科解釈から、異例でも合理的と思います。

*倭人伝自体による読解の勧め
 倭人の国情は、倭人伝記事から読み取れるので、いたずらに、歴史、風俗、用語の異なる中国本土史書三国志に、あまり頼らない方が良いのです。
 過去の諸兄(中国人も含む)が時に率直に認めるように、倭人伝は、用語/語彙、語法が独特であり、解釈に注意を要するのです。

*奇数の奇跡
 倭人伝の数字は、考古学の泰斗も認めるように、随分大まかで、頭の一桁だけで、その一桁も、松本清張氏は、一、三、五、七の奇数が多いと歎いています。ただし、このような先見の卓見に、後続が見当たらないのです。

 ちなみに、倭人伝道里記事の一部は、郡書記官が郡太守に上程した、むしろ内輪の報告書が、ほとんどそのままに今日まで生き延びたと考えます。世評のように、東夷をまるで知らない中原人が皇帝周辺に向けて書いたとは思えないのです。
                               未完

« 倭人伝随想 倭人伝里程課題へのエレガントな解答の試み 改 2/4 | トップページ | 倭人伝随想 倭人伝里程課題へのエレガントな解答の試み 改 4/4 »

倭人伝随想」カテゴリの記事

倭人伝道里行程について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 倭人伝随想 倭人伝里程課題へのエレガントな解答の試み 改 2/4 | トップページ | 倭人伝随想 倭人伝里程課題へのエレガントな解答の試み 改 4/4 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ