« 倭人伝随想 倭人伝道里課題へのエレガントな解答の試み 改 1/4 | トップページ | 倭人伝随想 倭人伝里程課題へのエレガントな解答の試み 改 3/4 »

2020年10月14日 (水)

倭人伝随想 倭人伝里程課題へのエレガントな解答の試み 改 2/4

          2019/06/23 加筆2019/06/26 2020/05/06, 2020/10/12

〇第一歩 倭人伝里程記事の取っつきと結尾
 記事の前半部、郡から半島南端の狗邪韓国までの略称「郡狗」区間を経て、狗邪の岸、つまり、陸上地点から三度渡海で海峡を渡り、末羅の岸に着いた時、郡から万里になることまでは、ほぼ異論が無いようです。そうでしょう?

 その後、末羅から倭の「末倭」記事がありますが、郡から倭の「郡倭」全体は万二千里ですから、「末倭」は二千里です。「郡狗」七千里ですから「倭人」は末羅から「郡狗」三分の一のあたりです。後ほど再確認するとして、ここでの議論は万事概数でかなり幅があるものの「倭人」はそれを外れた「圏外」にいないと明快です。以上、藤井滋氏が「『魏志』倭人伝の科学」(『東アジアの古代文化』1983年春号)で、四十年近い、とうの昔に提示しています。
 安本美典氏が、藤井氏の意見を氏の主張の論拠としていますが、世間は、一向に耳を貸さないのです。

*第一歩の明快な結論と混ぜっ返し
 このように、倭人伝を適切に解すると、倭に至る行程が、九州北部を出ないことは、遙か以前から知られていたのです。

 この明快な読みは、例えば、明治期の白鳥庫吉氏も認めていたようですが、そう認めると、倭人が九州北部に決まって、倭人はヤマトに行けないので、そのような倭人伝里程説は、「纏向」説から見て、無礼で不愉快であり、金輪際、正確と認められないわけです。
 以下、壮烈な混ぜっ返しが続いて、視界混沌と見えるのですが、沈着に心の目で眺めると、状況は何も変わっていないのです。

*名刀が鞘に収まらない話
 と言う事で、冷静に、最後の「末倭」間を精査するのですが、末羅―伊都―不彌―投馬―倭の間は、それぞれ数百里の近隣であり、滑り出し三区間は予想通り、五百里、百里、百里の計七百里で残るは千三百里と予測されます。

 残りは、投馬まで水行二十日と次に見える「水行十日陸行一月」の四十日を足して六十日と見て、結尾の帳尻のはずがどえらい遠隔区間となります。

 この解釈は、「放射説」に対する最強混ぜっ返しとされますが、一見して度外れです。全体の「郡倭」万二千里から「郡狗」七千里と「狗末」の渡海三千里を抜いた「末倭」二千里に六十日行程を含めるのは不正解です。

 つまり、良く言われる「自然で単純な」読み方は「間違い」であり、どう倭人伝を読み替えた処で、倭人を「纏向」に求める説は根拠を失っています。

 と言って、問題の書き方がどうこう言うのはまだ早いのです。

〇先に進む前に概数の基本のおさらい
 この機会に概数記法を復習すると、倭人伝に頻出の「余」は、端数切り捨てでなく端数を丸めたのです。軒並み「余」が付くのはそういう意味です。五百里等に「余」がないのは、きっちりという意味ではなく、ほぼ軒並み千里単位の里程なので、五「百里」の桁は端数で、大勢に全く関係無いと見たのです。

 仮に、陳寿が概数に強くなかったとしても、関係者は中国文明の威力で数字関係を知悉しているから、数字を誤記連発する愚は犯さないはずです。

〇第二歩 水行陸行のおさらい
 なお、最終記事の水行十日陸行一月を、水行なら十日、陸行なら一月と解釈するのは、里程記事の意味が無いので却下です。
 求められているのは、最短日程です。倭人伝は、魏使の旅行見聞記ではないのです。

                               未完

« 倭人伝随想 倭人伝道里課題へのエレガントな解答の試み 改 1/4 | トップページ | 倭人伝随想 倭人伝里程課題へのエレガントな解答の試み 改 3/4 »

倭人伝随想」カテゴリの記事

倭人伝道里行程について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 倭人伝随想 倭人伝道里課題へのエレガントな解答の試み 改 1/4 | トップページ | 倭人伝随想 倭人伝里程課題へのエレガントな解答の試み 改 3/4 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ