« 新・私の本棚 サイト記事 KATS.I 「水行20日、水行10日陸行1月の呪縛」公開コメント 追 1/1 | トップページ | 新・私の本棚 七田忠昭 吉野ヶ里遺跡と邪馬台国 季刊「邪馬台国」第138号 改 1/3 »

2020年10月28日 (水)

新・私の本棚 サイト記事「水行20日、水行10日陸行1月の呪縛」公開コメント 3 1/1

 私の見立て ★★★★☆ 意欲的な史料批判の失敗  2020/10/28

 59.漢文の解釈 

〇非商用ブログサイト批判の弁
 同ブログサイト筆者KATS-I氏は、当記事の論述にあたり、中国史料の原文を引用した上で、意義を解釈し論考しているので、読者コメントを希望しているものと解して、氏の課題取組みの姿勢に大いに賛同するものの、ここに、論考の不合理を指摘する趣旨で、当ブログ筆者の意見を公開コメントします。
 批判は非難でなく、率直、誠実な批判は耳に痛いのもご承知と思うので、よろしく、ご理解の上、審議戴きたい。

〇総評
 冒頭に以下趣旨のご託宣がありますが、端的に言うと、自覚症状をご存じないのかと思われるので指摘します。
 曰「正史の漢文解釈では、字句の丁寧な吟味で、初めて真意を理解できます」
 それは周知事項であり、ここで、今さら、ことさら声を大にする意図が不明です。

 その後、本文として、倭人伝から引用したと思われる、次の白文が論じられます。
 「女王國東渡海千餘里復有國皆倭種又有侏儒國在其南人長三四尺去女王四千餘里又有裸國黑齒國復在其東南船行一年可至

 ところが、いきなり、出所不明の句点、改行、分かち書きが根拠不明で導入され、目が回ります。以下、行数、字数を費やして、滔々と論じていますが、いくら眺めても、勘違いと早とちり連発の記事であり、とても見過ごせません。
 とはいえ、ご託宣から脱線、暴走していては、何とも是正困難です。

 ただし、以下の異議はあくまで異議であり、「論旨を理解いただいた上で」反論なり、無視なりお好きなようにと言う事です。

*先覚者罵倒の悪癖
 従来の句点処理とそれに基づく解釈は、多数の先哲が検証確立したものであり、一個人の勝手な理屈で、一気に覆せるものではありません。
女王國東渡海千餘里復有國皆倭種
又有侏儒國在其南人長三四尺去女王四千餘里
又有裸國黑齒國復在其東南船行一年可至
     以上、改行追加のみ
 
*棄却の弁
 次の点から、当記事は、倭人伝里制解釈に不適当として棄却しました。
⒈ 又有 侏儒國    在其南  去女王四千餘里 (人長三四尺を除く)
  又有 裸國黑齒國 復在其東南  船行一年可至
 二条は、そのままでピッタリ対応していて、氏の早計誤解と思われます。

 「侏儒國去女王四千餘里」は、侏儒国が女王を去る四千里と名文です。
  直前の其国が不確定なので必須なのです。侏儒国が見つかれば其の東南が決着します。
  (四千余里も一年も、伝聞、風評、ホラ話の類いでしょう)
⒉ 後世史料によって先行史料「倭人伝」を批判するのは、常に不合理です。

⒊ 道里記事末尾のどんでん返しは、確実に読者の憤激を買い「馘首」です。

⒋ 思い付きの「一里55㍍程度との予断」に向ける強弁は、無理、無謀です。
  これほどアラだらけでは、持論補強にならないのでは、言わずもがなです。

〇史料、先行論議無視の不満 再説
 倭人伝里程論では常識ですが、古代中国では、出土の「尺」を規準とした一歩六尺。一里三百歩とした「普通里」(四百~五百㍍)が周代創始の大原則で、「倭人伝独自里」説は、よほど、主張の根拠を固めねばなりません。

 中国史書は、継続して書き継がれているので、勝手な思い付きを言い立てる前に、先賢諸氏の論考も参照した上で、全体を見て論考すべきです。

 当ブログ筆者の論法は、別記事で示しています。
                               以上

« 新・私の本棚 サイト記事 KATS.I 「水行20日、水行10日陸行1月の呪縛」公開コメント 追 1/1 | トップページ | 新・私の本棚 七田忠昭 吉野ヶ里遺跡と邪馬台国 季刊「邪馬台国」第138号 改 1/3 »

倭人伝随想」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

倭人伝道里行程について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 サイト記事 KATS.I 「水行20日、水行10日陸行1月の呪縛」公開コメント 追 1/1 | トップページ | 新・私の本棚 七田忠昭 吉野ヶ里遺跡と邪馬台国 季刊「邪馬台国」第138号 改 1/3 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ