« 倭人伝随想 3 倭人への道はるか 数の話 2/3 改 | トップページ | 新・私の本棚 番外 毎日新聞「今どきの歴史」 感染症と考古学 1/2 »

2020年11月 9日 (月)

倭人伝随想 3 倭人への道はるか 数の話 3/3 改

            2018/11/25 追記 2020/11/09 2024/05/11

*加筆再掲の弁
 最近、Amazon.com由来のロボットが大量に来訪して、当ブログの記事をランダムに読み囓っているので、旧ログの揚げ足を取られないように、折に触れ加筆再掲していることをお断りします。

*戸数計算談義
 戸数計算の成り行きは、ぼんやりしています。
 投馬国記事の「可五万」は、四万数千から五万数千程度の一万の範囲と限らず、四万から六万強の間の二万余りの範囲を包含するとも思えるのです。到達に二十日を要する遠隔地で指導が及ばず、正確な戸数集計ができていない可能性が高いと思われるのです。

 これに対して、奴国記事の「有二万」は、一万五千から二万五千程度の一万の範囲とされ範囲が狭いのです。伊都国の近傍で適切な集計ができていると思われ、

算の結果である「可七万」も、五万五千から八万五千程度の三万の範囲にある大まかな数字でしかないと見られるので、その他千単位の戸数、家数も、書いてない多くの小国の戸数を想定しても、「可七万」は変わらないのです。
 端数を積み上げても端数であり、総計を変えられないという概数計算の原理が生きているのです。

 あるいは、名のみ登場する諸国は、複雑な計算をこなす官人がいない上に、戸籍制度も備わっていないので、「戸数」は申告しようが無かったのかも知れません。

*戸数の起源考 (追記 2020/11/09)
 「倭人」は、そんな世界ですから、全国戸数七万戸というのは、何れかの段階で郡に提出された、架空の数字の可能性も否定できません。
 何しろ、「戸」というのは、何世帯住んでいるかとか、家が何軒あるかという事ではないのです。その国の農業生産力、農地面積や動員可能兵力を知る重大な指標なのです。

 と言うわけで、全国戸数七万戸は、全道里一万二千里と同じように、倭人が、最初に公孫氏の遼東郡に接触した際に要求されて、無理矢理捻り出した、あるいは、押しつけられた「数字」であって、何しろ国の実態を離れた虚構であった可能性が否定できないのです。
 遼東郡から追いかけて明細を求められたあげく、どうにも説明のつかない五万戸を、遠隔の投馬国に押しつけたのかも知れません。何しろ、行程が、片道水行二十日ですから、郡から倭に監査が来ても、ごまかし通せると見たのでしょう。
 仮に、郡から派兵指示があっても、交通不便をもって固辞できるだろうと、腹をくくったのかも知れません。なにしろ一万二千里の彼方ですから。
 と言う事で、全国戸数七万戸は、「誇張」そのものでは無いかというのが、この場の思い付きです。

*伏せられた王治
 また、王治たる邪馬壹国の戸数は伏せられていますが、王治独特の事情で、戸数が僅少だったため、あえて開示しなかったものと推定します。

 総じて、倭人伝の後段の王治描写は、引き写しのように紋切り型で、時に場違いであり、おそらく、関係者こぞってのフィクションと見えます。女王制度自体が、中国文化に反する野蛮極まりないものであり、それ以上、中原文化人の神経を逆なですることはできなかったものと思われます。

*多桁計算の世界
 因みに、帯方郡自体は後漢・魏晋朝の地方機関として管轄下の住民の戸籍を完備し、「戸数」も成人男性の数と思われる「口数」も一の単位まで集計しています。一円単位を追究する経理処理にも似た高精度多桁計算は、中国では、太古以来確実に運用されていたのです。
 但し、厖大な計算労力を要する上に、高度な計算能力を有する官人を多数必要とするので、滅多に実施されなかった/できなかったのです。

*原文交錯
 里程記事の末尾で、本来、全体日数や全国戸数を全体里数と共に書くべきところが、国名列記などに割り込まれて乱れているため、原著者の意図が読み取りがたくなり、後世、種々の解釈が交錯したようですが、入れ違いを整理すると、随分明解になるように思います。

  「倭人伝」の草稿編纂は、おそらく、竹簡を紐綴じした「原稿用紙」で行ったでしょうから、そのような入れ違いはわざとではなく、物の弾みの綴じ違いでしょう。何か目的があって差し替えたとも思えないのでそう推定します。

*終わりに
 「三国志」全体どころか、魏国志全体すら読み通していないので、大所高所の議論はお受け出来ないのですが、「倭人伝」の世界で、以上の絵解きにご不満があれば、コメント頂いて結構です。

                                              完

« 倭人伝随想 3 倭人への道はるか 数の話 2/3 改 | トップページ | 新・私の本棚 番外 毎日新聞「今どきの歴史」 感染症と考古学 1/2 »

歴史人物談義」カテゴリの記事

倭人伝随想」カテゴリの記事

倭人伝道里行程について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 倭人伝随想 3 倭人への道はるか 数の話 3/3 改:

« 倭人伝随想 3 倭人への道はるか 数の話 2/3 改 | トップページ | 新・私の本棚 番外 毎日新聞「今どきの歴史」 感染症と考古学 1/2 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ