« 新・私の本棚 番外 毎日新聞「今どきの歴史」 感染症と考古学 1/2 | トップページ | 今日の躓き石 巨人軍の汚名 「リベンジ」の返り討ち 毎日新聞の報道姿勢を問う »

2020年11月10日 (火)

新・私の本棚 番外 毎日新聞「今どきの歴史」 感染症と考古学 2/2

  人口激減の謎に迫る   毎日新聞2020年11月9日 東京夕刊

 私の見立て★★★☆☆ 購読料相当ないしそれ以上のもの 2020/11/10

○結末への疑問[承前]
 通貨がなく、共通した価値観がない時代に、どうやって、遠距離間で直接取引が成立するのだろうか。不可解である。「朝鮮半島との交流」と気軽に言うが誰と何の交流をしていたのだろうか。いつから、文書交信ができるようになったのか。総じて、史料批判不在である。

 下垣さんは「グローバル化にはリスクもあります。日本が開国した1854年の後、江戸でコレラが大発生した。ただ、そうなると、疫病というのは海外からやって来てひどい目に遭うと被害者意識を持ちやすいけれど、逆にこちらが伝えることもあるんだという意識が抜けがち。そこは気をつけなければいけません」と注意を促す。

コメント 縄文時代から古墳時代の時代で「グローバル化」は時代錯誤で不用意である。下垣氏は、当時の「グローバル化」をどう認識しているのだろうか。海峡や日本海の向こうすら「圏外」だったのではないか。素人の批判は僭越だが、だからといって、口ごもりたくないのである。

 幕末で言えば、自ら渡航しないものがどうやって外国に被害を与えられるのか不可解である。
 総じて、時代人は、「グローバル化」だなんだと言われて、何とか理解したとしても、どうにもできなかったはずである。
 因みに、来訪者が疫病を伝えた例は、古代にもあったはずである。数世紀の歴史の上に立って、無策で疫病の侵入を許したのだろうか。

 考古学者といえども、そうした「可能性」は否定できまい。どうすれば良かったのだろうか。お伺いしたい。

 さらに、目の前で進行して対策も打てる疫病に対し、気づいた時には手遅れになりがちな環境問題に言及し、「モノを扱う考古学は過去の環境悪化を明らかにできる。長期的観点から物事を見るのが得意なので、この問題にこそ提言できます」と議論を発展させた。

コメント 「環境悪化」と言う前に、古代人の環境認識を明らかにしないといけないのだが、こうした言葉のない時代、どう古代人の意志を推察するのか、疑問である。大体、古代人が、疫病をどう認識し、「対策」をどう策定し実施したのか、わかるはずはないのに、なぜ、思い付きを言い立てるのか。

○まとめ
 かつて、考古学界には、古代人の思いつかないような言葉や概念で古代を論ずる事の愚を戒めた先賢がいたように思うのですが、現下の考古学者には、古代の「謎」に迫る議論に、現代でも理解できない一般人が大多数の「現代言葉」を振りかざして受けを狙う自己主張しか存在しないのでしょうか。記者は、タイトル空振りを気にしないようですが、では、読者に何を伝えたかったのでしょうか。

*本分という事
 当記事では、専門家の見解とは言え、時代考証が随分粗雑と見えます。考古学は、圏外事象に素人考えを振り回すより、学会内で専門的な論議を進めて、丁寧に足元を固めるべきではないでしょうか。

 本記事を読み終わって、考古学界がパンデミックに直接対応など、飛んだ使命感です。どんな専門家でも、専門外の分野では、素人なのです。余計な風聞を気にせず、専門の学術分野を堅固に守ることが、学問の徒の本分ではないでしょうか。ご一考いただきたいものです。

○取りこぼし御免
 いや、偶々、壮大なタイトルをぶち上げた記者の進め方のせいで、コメントが、結論めいて見える下垣氏の発言の時代錯誤史観に集中してしまいましたが、記事全体が「今どき」の学界風潮なのでしょうか。

 以上、当然のことながら、考古学界の個人批判の意図ではありません。

                               以上

« 新・私の本棚 番外 毎日新聞「今どきの歴史」 感染症と考古学 1/2 | トップページ | 今日の躓き石 巨人軍の汚名 「リベンジ」の返り討ち 毎日新聞の報道姿勢を問う »

歴史人物談義」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 番外 毎日新聞「今どきの歴史」 感染症と考古学 1/2 | トップページ | 今日の躓き石 巨人軍の汚名 「リベンジ」の返り討ち 毎日新聞の報道姿勢を問う »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ