« 新・私の本棚 番外 「古賀達也の洛中洛外日記」 第2310~4話 1/2 | トップページ | 今日の躓き石 Windows 10 32ビット版提供中止の波紋 GIZMODO US 誤解による「フェイク・ニュース」 »

2020年12月13日 (日)

新・私の本棚 番外 「古賀達也の洛中洛外日記」 第2310~4話 2/2

 明帝、景初元年(237)短里開始説の紹介(1)~(5) 2020/12/05

 私の見立て ★★★☆☆ 思い余って..言葉足らず   2020/12/13

○三国志の成り立ち~私見
 三国志は、三篇の国志、魏国志、呉国志、蜀国志をまとめたものですが、陳寿の編纂方針として、各国志の編纂方針を温存しているので、原則として、里制の統一はしていないものと見られます。

 魏国志、魏志の里制は、魏の明帝景初年間の記事は、当然、その時点で施行されていた里制、ここでは、魏制と仮想された「短里」に基づいて書かれたと仮定されます。(当記事筆者は、「短里」と断定しているのではありません)

 その伝で行くと、後漢代の魏武曹操の記事は「普通里」のはずです。魏朝創業後、文帝曹丕の治世と景初以前の明帝曹叡の治世は、遡って「短里」で書くべきだとなりますが、呉志、蜀志すら是正を控えた陳寿が、たかが「道のり」表記で緻密な書き換えをしたかどうか不明です。

*換算改訂の想定
 別稿に換算書き換え仮説が提示され、その副作用として、切りの悪い計算結果を「数*里」という曖昧表現をしたと論じられています。換算の証拠として、換算されたと見られる記事は「数*里」が多く、換算不要の景初記事は少ないとされていますが、私見では、元々の概数数字を計算可能な整数で逓倍するなら、大抵の場合、概数を切りの良い数字に丸められると見えます。

 批評記事には書きませんでしたが、信頼できる統計推定には、有意と言えるだけの件数が必要で、更に、何よりも内容確認が必要です。提起されたものでは、断定的な結論どころか推定すら困難なものと思量します。

 ということで、提言は憶測に見えるのですが、いつも慎重な古賀氏は、そのような換算は、時と場合で適用しなかったこともあるとしています。

 そのように、とても論証と思えない憶測と決めつけの羅列ですが、古賀氏が、そのような論議に賛同しているのは共感できません。

*難詰 その一 土地制度改訂の難題
 当方の思い付きですが、里制を触ると、一里(三百歩)四方の土地を、三頃七十五畝の面積とする、秦漢代以来の(九章算術)計算公式を破壊するのです。加えて、全国で土地台帳の全面書き換えを要するから、全土混乱どころか、実行不可能です。

*難詰 その二 里数・運賃規定改訂の難題
 また、全国運送制度の体系に干渉します。唐六典規定集には、全国各地の河川水運と付随陸運で、一日の到達里数と規定運賃が規定されていますが、これは秦漢代来の全国規定の唐代最新形です。魏朝体系で里制改訂すると、各地点は固定で所要日数と運賃は維持されますが、規定表は書き換えです。書き換えには、厖大な計算、つまり、人員動員と長期間の専従が必要であり、大変な労力を伴い、かつ、本務を途絶させて、官僚機構を壊滅させますが、達成しても、税収は増えない制度変更であり、全土混乱するのです。

*不思議な記録不在
 どちらも、全国の官吏、つまり、高官から小役人に至る面々に、大変な厄介ごとを招くから、記録にも記憶にもとどまり、西晋代、陳寿の取材に、ぞろぞろと不平不満の報告が入るはずです。新朝王莽は、官僚組織や地名を復古させたための混乱を、反乱、亡国の要因とされていますが、魏志には、そのような大事件は書かれていません。

 陳寿自身は、洛陽にとどまっても、必要なら「取材班」を各地に送り出すことはできるのですから、大事件の痕跡があれば把握していたはずです。それまで、何も、気づいていなかったとしてのことですが。

 周知のように、明帝は、景初年間の大規模な新宮殿造営で、人件費を節約するために洛陽官人を「通い」で大量動員し、囂々たる不平を買いました。不名誉にあたるので、本紀には没後の工事中止を言うだけであり、君子不徳の極みとする重臣の諫言を収録しています。

 里制改訂という有害無益な皇帝命令があったのに、それについて陳寿が書かず、時に辛辣な付注を加える裴松之が、何も語っていないのは不審の極みであり、つまりは、そのような天下を揺るがす暴挙はなかったから、何も書かれていないのです。

 ついでながら、万事網羅する晋書地理志にも通典にも、そのような大事件は記録されていないのです。

○甲斐なき熱弁
 古賀氏の熱弁に拘わらず、魏晋朝短里説は論証されてないのです。

 論証の筋の通らない話では、人は納得しないのです。

                                以上

« 新・私の本棚 番外 「古賀達也の洛中洛外日記」 第2310~4話 1/2 | トップページ | 今日の躓き石 Windows 10 32ビット版提供中止の波紋 GIZMODO US 誤解による「フェイク・ニュース」 »

倭人伝随想」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

倭人伝道里行程について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 番外 「古賀達也の洛中洛外日記」 第2310~4話 1/2 | トップページ | 今日の躓き石 Windows 10 32ビット版提供中止の波紋 GIZMODO US 誤解による「フェイク・ニュース」 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ