« 新・私の本棚 旺向栄 「中国の研究者の見た邪馬台国」 1/3 改 | トップページ | 新・私の本棚 旺向栄 「中国の研究者の見た邪馬台国」 3/3 改 »

2021年1月 3日 (日)

新・私の本棚 旺向栄 「中国の研究者の見た邪馬台国」 2/3 改

                          2019/01/14 追記 2021/01/03
   同成社 2007年12月
 私の見立て ★★★☆☆ 有力・力作 但し難点多々

*後漢書多難
 氏自身が認めるように、臺と壹は互いに間違えられていました。笵曄後漢書は、編者の刑死後、宋朝(南朝劉宋)に大逆犯の書として忌避されて密かに私蔵されていたので、早い段階に素人写本につきものの誤写があって、それが、唐、五代期に他史料に伝わった可能性もあります。誤写ごっこです。所詮、誤写論は当て推量で決め手にならないのです。

 後漢書不信論は、古田氏の信条に反するから、古田氏自身は一切唱えませんでしたが、当方のような素人が、世上、倭人伝にたっぷり浴びせられる理不尽とも見える不信論の数々を見ると、多少は、後漢書の信頼性に批判を浴びせても、もっともではないかと思うものです。

 最後に、魏代、三国志の用例を残さず検討して、『「臺」の文字は、貢献した魏朝に於いて、特別扱いされていたから、蛮夷国名に使わなかったと判断すべきである』と言う古田氏の名分論が残るものの、とにかく、この件に対する異論は、聞く耳を持たない、という感じでは議論になりません。実際、三国志の普通名詞としての用例では、それぞれ、物々しい用語であり、蕃夷の国名に起用できるような気楽な文字ではないのは、明らかです。

*仁義の世界か

 と言うものの、日本の古代史学界の客分であった氏は、仁義の上からも、学会定説に従属し、古田氏の論に与することはできなかったと思われます。もったいないことです。中国古文知識が該博でも、日本文献解釈が的外れでは正しい判断から遠ざかっています。

*大いなる錯誤
 第三篇1.「弥生時代後期の日本」の信条(Credo)には、同意しかねます。

 いきなり、「歴史には自らの規制があり、ありもしないことを捏造したり、勝手な比定や仮定をすることはできない。」と意味不明の字句を掲げていますが、それが、本当に氏の信条宣言なら返品させて頂くのです。

 「歴史」なる主語に、どんな人格があるのか正体不明であり、正体不明の人格「自らの」規制など「おととい来い」です。

 続く発言は、当然に聞こえても、「ありもしないこと」と「あったかも知れないこと」は、どうして区別できるのか困惑します。

 さらに、「勝手な比定や仮定」と言うも、論者は、自分に都合の良い「勝手な」仮説を立てなければ何も論じられません。氏は、自分に対してその試練を与えないのでしょうか。献身する相手を間違えたと見えます。

 以上は、あるいは、氏の真意ではなく、誤訳の産物かも知れないのですが、不満を持っていく先は、著者しかないのです。

*非正当的史学観
 続いて、文献検討より、考古学、民俗学、言語学、及びそのほかの関連学問の研究を重視すると言いますが、中国史学は、文献史学が根本であり、関連学問は、近代になって、つまり、清朝亡国後、日本を経由して到来した西洋文明に影響されて派生したものでしかないのです。

 派生が根本を乗り越えるなどは、何かの勘違いでしょうか。

 まして、近年浮上してきた「実証」面の検討は、十分な検証、試練を経ていないから、文献史料の傍らに席を得るに過ぎないのです。
 そもそも、史学の対象は、遥か昔に生起していまは存在しないことで、後世である現在からは、遙かに偲ぶことしかできないから、実証など虚妄なのです。
 以上のような不合理な先入観から書かれている著作は、残念ながら、人文科学の書ではないから、読まない方がましであると言われそうである。
                                     未完   

« 新・私の本棚 旺向栄 「中国の研究者の見た邪馬台国」 1/3 改 | トップページ | 新・私の本棚 旺向栄 「中国の研究者の見た邪馬台国」 3/3 改 »

歴史人物談義」カテゴリの記事

倭人伝随想」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 新・私の本棚 旺向栄 「中国の研究者の見た邪馬台国」 1/3 改 | トップページ | 新・私の本棚 旺向栄 「中国の研究者の見た邪馬台国」 3/3 改 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • YouTube賞賛と批判
    いつもお世話になっているYouTubeの馬鹿馬鹿しい、間違った著作権管理に関するものです。
  • ファンタジー
    思いつきの仮説です。いかなる効用を保証するものでもありません。
  • フィクション
    思いつきの創作です。論考ではありませんが、「ウソ」ではありません。
  • 今日の躓き石
    権威あるメディアの不適切な言葉遣いを,きつくたしなめるものです。独善の「リベンジ」断固撲滅運動展開中。
  • 倭人伝の散歩道 2017
    途中経過です
  • 倭人伝の散歩道稿
    「魏志倭人伝」に関する覚え書きです。
  • 倭人伝新考察
    第二グループです
  • 倭人伝道里行程について
    「魏志倭人伝」の郡から倭までの道里と行程について考えています
  • 倭人伝随想
    倭人伝に関する随想のまとめ書きです。
  • 動画撮影記
    動画撮影の裏話です。(希少)
  • 古賀達也の洛中洛外日記
    古田史学の会事務局長古賀達也氏のブログ記事に関する寸評です
  • 名付けの話
    ネーミングに関係する話です。(希少)
  • 囲碁の世界
    囲碁の世界に関わる話題です。(希少)
  • 季刊 邪馬台国
    四十年を越えて着実に刊行を続けている「日本列島」古代史専門の史学誌です。
  • 将棋雑談
    将棋の世界に関わる話題です。
  • 後漢書批判
    不朽の名著 范曄「後漢書」の批判という無謀な試みです。
  • 新・私の本棚
    私の本棚の新展開です。主として、商用出版された『書籍』書評ですが、サイト記事の批評も登場します。
  • 歴博談議
    国立歴史民俗博物館(通称:歴博)は歴史学・考古学・民俗学研究機関ですが、「魏志倭人伝」関連広報活動(テレビ番組)に限定しています。
  • 歴史人物談義
    主として古代史談義です。
  • 毎日新聞 歴史記事批判
    毎日新聞夕刊の歴史記事の不都合を批判したものです。「歴史の鍵穴」「今どきの歴史」の連載が大半
  • 百済祢軍墓誌談義
    百済祢軍墓誌に関する記事です
  • 私の本棚
    主として古代史に関する書籍・雑誌記事・テレビ番組の個人的な読後感想です。
  • 纒向学研究センター
    纒向学研究センターを「推し」ている産経新聞報道が大半です
  • 西域伝の新展開
    正史西域伝解釈での誤解を是正するものです。恐らく、世界初の丁寧な解釈です。
  • 邪馬台国・奇跡の解法
    サイト記事 『伊作 「邪馬台国・奇跡の解法」』を紹介するものです
  • 陳寿小論 2022
  • 隋書俀国伝談義
    隋代の遣使記事について考察します
無料ブログはココログ