« 新・私の本棚 番外「 邪馬台国サミット2021」 (1) 速報編 3/3 | トップページ | 新・私の本棚 ブログ記事批判 刮目天一「邪馬台国問題で短里説はこじつけだ.」 改 2/5 »

2021年2月13日 (土)

新・私の本棚 ブログ記事批判 刮目天一「邪馬台国問題で短里説はこじつけだ.」 改 1/5

                     2019/12/06 補充 2021/02/13 2022/01/23
私の見立て ★★★☆☆ 奮闘 真摯

〇はじめに
 さて、かねて一言を求められていた刮目天一氏のブログに、当方守備範囲記事が書かれたので、恐る恐る記事批判を試みます。例によって、商用出版物書評でないので、個人の意見に文句を言う目的ではありません。無批判で採用される俗説や勘違いと思われる点を指摘し、口調は固くなるものの、そう書かないと話が捗らない決めつけ調で、別に決め付けてはいません。

 また、ここに公開するのは、一回の苦言で広く影響を与えたいというサボり根性であり、別に、面白がってはいません。全てこれまで通りです。

〇総論
 今回の記事だけかも知れませんが、氏の掲題記事は、冒頭から沢山の要素が、出自は書かれていますものの、趣旨が明解で無いまま積み上げられていて、何が、本旨なのか、その本旨をどのような論拠で積み上げているのか不明確で、読者は困るのです。食わず嫌いを強制されているようです。

 いや、氏の本来の意図は、じんわりとわかるし、言いたいことをしっかり主張しようと思ったら、引き合いに出すべき資料が殺到して、記事が膨れあがるのは、ごもっともですが、氏の意図が、読者を説得しようというものであれば、この書き方は、仲間受けしたとしても、「善意の冷やかし客を追い払う厄除け」としか見えず、「随分損してますよ」と言うしかありません。

 ありふれた言い方で恐縮ですが、言いたいことを箇条書きに書き分けて、それぞれに一回の記事を小分けして宛てるようにした方が、個別の記事の論旨が絞られて、賛成も、反対も、批判も、同調も、しやすいのです。

▢当ブログの芸風~ご参考まで
*記事構成~B5判で計量

 ご参考になるかどうか、当方の記事書きの定則は、近年採用している一太郎に依存して、B5縦書き二段組みの一ページ単位を意識していて計量していますが、縦書きブログ記事は運用困難なので、ブログ自体は横書きとしています。後は。淡々と小見出し付きにしているくらいです。

*史料引用はテキスト主体~画像データは「控え目に」
 史料引用は、必要に応じて適法に、つまり、出所明記の部分引用としていますが、基本的に文字テキストにとどめています。画像データは、採用されている文字資料の文脈に従って読み取らないと、著者の意図に反した理解となる可能性があり、また、もし、二重引用になると、原著者の著作権を侵害するので、一段と差し控える必要があります。

 以上の定則は適法で、無作法を避けていると信じるものです。

 世の中には、公開記事を複製利用禁止とするものもいますが、アクセス制限なしに参照できる資料を引用禁止とするのは知的財産権に関して違法です。
 と言うことで、当記事は、当方の定則で言えば、各引用資料の批評記事を分離して、本体部分の読み取りを明確にすべきです。

〇本旨批判
 邪馬台国問題が収拾つかなくなった最大の理由の一つがこの短里説なのだ(;一_一)
 行末の落書きは、学術的な論議に於いて無法な落書きとして無視すると、この本旨は、次のように因数分解できます。

 「邪馬台国問題」が「収拾つかなくなった」「最大の理由」の「一つ」が「この短里説なのだ」

 氏が、真剣に自説を主張し、真剣に一般読者を説得したいのであれば、当記事の本旨は、順を追って説きほぐさなければなりません。

                                未完

« 新・私の本棚 番外「 邪馬台国サミット2021」 (1) 速報編 3/3 | トップページ | 新・私の本棚 ブログ記事批判 刮目天一「邪馬台国問題で短里説はこじつけだ.」 改 2/5 »

倭人伝随想」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

倭人伝道里行程について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・私の本棚 番外「 邪馬台国サミット2021」 (1) 速報編 3/3 | トップページ | 新・私の本棚 ブログ記事批判 刮目天一「邪馬台国問題で短里説はこじつけだ.」 改 2/5 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ