« 私の意見 サイト記事批判 「古本三國志について」 再掲 3/3 | トップページ | 新・私の本棚 伊藤雅文 邪馬台国は熊本にあった! 2/7 改 »

2021年3月30日 (火)

新・私の本棚 伊藤雅文 邪馬台国は熊本にあった! 1/7 改

 扶桑社新書 219   2016年9月刊     2019/03/17 一部改訂 2021/03/30

 私の見立て ★★★★☆ 力作 ただし空転あり

*はじめに
 最初にお断りしておきますが、当ブログ筆者、以下当方は、伊藤氏の当著作は、論理的で誠実なものと見ています。

 ただし、氏が重用する倭人伝「改ざん論」は、熱意の空転であり、志は尊重しますが、云っていることは無意味(ナンセンス)と考えます。

*誠実な論考
 誠実は、まずは、論者としての誠実さであって、例えば、倭人伝を解くのに、まず、紹凞本(?)のテキストを元にPDF文書、当然、漢字縦書き、を作成し、その労作全体は巻末に収録しつつ、本書全体で、当該文書の一部を取り出して表示した上で論じていることです。

 当方も同様の試みに取り組んだことはありますが、何しろ、当方の主媒体であるブログは、縦書き表示が大変難しいのです。縦書き表示自体は可能ですが、閲覧操作がわかりにくくなるので断念しています。というものの、PDF画面コピーを挟んで議論するのも難しいので足が遠のいているのです。

 この点、伊藤氏に敬服するものです。

*とんだとばっちり
 また、使用図版類の原典、出典を明らかにし、これを自身の責任で編集したことを都度書き添えていることは、当然ながら中々できないことです。
 ここで殊更言い立てるのは、当方の見るところ、古代史分野の他の著者には、現代の国土地理院地図データの個人的利用が許容されているのをよいことに、カシミールなどのアプリでデータを図示したと見られる地図を千年以上前の地図と見せる悪用例が、少なからず出回っているからです。
 一番甚だしいのは、一時、毎日新聞夕刊の「歴史の鍵穴」と称する謎解きコラムであり、毎日新聞社間専門編集委員なる金看板の元に、例えば、奈良県の山中から愛媛県の海岸まで山並と海を越えて、真一文字に直線の見通しが通っているような図を載せて、自説の裏付けとしていたものでした。権威のある肩書きの人物が、堂々と全国紙の紙面を飾っていたので、当ブログでは、毎回地図悪用を見る度に非難したのですが、どうも、ご当人は無視したようで、未だに、いらだちが燻ってるのです。もちろん、これは、当該非専門家がゼロから創始したのではなく、新書歴史本などに源流があるのですが、見るからにインチキ本なので、批判はそれほどでもなかったのです。

 そのような地図データの「悪用」は、国土地理院、カシミールのサイトの利用条件に書かれていない筈の保証外の流用であり、よって「不法」(犯罪)なのです。誰にも、今日の地図データを、一千年前、二千年前に適用できないのも明白です。

 と言うような、ご自身には、何の責任もない悪用論のとばっちりは余計なお世話でしょうが、反面教師を出して賞賛しているので了解いただきたい。

*「倭人伝」復権の時
 別に、氏の責任ではないのですが、「倭人伝」の位置付けを俗信に頼るのは感心しません。
 本書でもあるように、「倭人伝」は、魏志第三十巻の巻物から抜き書きした時代以来、独立史料として扱われていて、宋朝の叡知を反映した紹凞本は「倭人伝」と見出しを立て前段と分離しています。

 ぼちぼち「倭人条」などと格下げするのはやめるべき時が来ているように思います。

                               未完

« 私の意見 サイト記事批判 「古本三國志について」 再掲 3/3 | トップページ | 新・私の本棚 伊藤雅文 邪馬台国は熊本にあった! 2/7 改 »

倭人伝随想」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新・私の本棚 伊藤雅文 邪馬台国は熊本にあった! 1/7 改:

« 私の意見 サイト記事批判 「古本三國志について」 再掲 3/3 | トップページ | 新・私の本棚 伊藤雅文 邪馬台国は熊本にあった! 2/7 改 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ