« 私の本棚 相見 英咲 「魏志倭人伝二〇〇〇字に謎はない」 最終 21/30 | トップページ | 私の本棚 相見 英咲 「魏志倭人伝二〇〇〇字に謎はない」 最終 19/30 »

2021年7月30日 (金)

私の本棚 相見 英咲 「魏志倭人伝二〇〇〇字に謎はない」 最終 20/30

 講談社 二〇〇二年一〇月刊
 私の見立て☆☆☆☆☆   詐欺である                               2018/04/12 追記 2019/07/22 2021/07/30

*勝手に弁護
 著者は、複数の先賢の議論に検討を加え、当否を述べるが、本書の性格上、撃破して葬り去る体を成している。斬り捨て御免は、勇ましい限りだが、相手は、藁人形ではないのである。

*不可解な過去の一説扱い
 著者は、「過去の一説に過ぎない」と格好を付けているが罵倒しているつもりなら、不用意な自爆である
 きれいな言い方をすると、「一人スカッシュ」である。懸命に打ち込んでいるが、相手はその場にいないから、跳ね返って来るのである。人は、自身の最悪の敵とも言う。

 本書の論説自体が、世に出た瞬間に過去のものとなり、『また一つの「一説」』としか呼べないことをお忘れのようである。また、「過ぎない」と評価をなすりつけても、何の権威も無い、感情的な捨て台詞であるから、たちどころにくずかご行きかと思われる。
 「一説」の価値判断は、一説を知るものにのみ下せる処断であり、理解力のない通がかりの野次馬の所見は、くずかごに放り込む価値もないかも知れない。

*不合理なバッシング
 その中で、古田武彦氏の諸説について、気まぐれにあちこちで不当と見える口ぶりで酷評しているが、ここで、勝手に故人の弁護を買って出ることにした。
 法曹界の弁護士が、自分の正義感でなく、職業上の使命に従って行動する時のように、当方も、自身の見識、意見ではなく、古田氏の著作、それも、著者が提示している初期著作の内容と、自説に基づいて反論することにする。

*邪馬台国はなかった

 古田氏の著書と違い、「」は付けない。つまり、三国志に誤字があったとしても、「邪馬臺国」であり「邪馬台国」ではないということである。よく引き合いに出される後漢書も同様、「邪馬臺国」であり 「邪馬台国」ではない
 「臺」と「台」は、本来別の字であり、何れかの時代から、台が臺の略字として認められたようだが、三国志には、「邪馬臺国」と臺(壹)を一度だけ使用した他に、「臺」と書かれている例もあり、「邪馬台国」と書けない理由があったと思われる。

*臺台論
 古田氏によると「説文解字」で、「臺」の発音は、ダイ、ないしはドであって、濁音に属するが、台は、タイないしはトであり、濁音ではない、明らかに異なった音とのことである。
 仮に、著者の言うように倭国が「ヤマト」と自称していて、その発音を「邪馬台」と書いたと仮定しても、同時代基準で発音の違う「邪馬臺」とは書けないのである。
 古田氏の仮説には、そうした推測も提示されているが、著者は、何の根拠も無しに、自説を押しつけるのである。とんでもない話である。

                      未完

« 私の本棚 相見 英咲 「魏志倭人伝二〇〇〇字に謎はない」 最終 21/30 | トップページ | 私の本棚 相見 英咲 「魏志倭人伝二〇〇〇字に謎はない」 最終 19/30 »

歴史人物談義」カテゴリの記事

私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 私の本棚 相見 英咲 「魏志倭人伝二〇〇〇字に謎はない」 最終 21/30 | トップページ | 私の本棚 相見 英咲 「魏志倭人伝二〇〇〇字に謎はない」 最終 19/30 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ