« 私の本棚 相見 英咲 「魏志倭人伝二〇〇〇字に謎はない」 最終  8/30 | トップページ | 私の本棚 相見 英咲 「魏志倭人伝二〇〇〇字に謎はない」 最終  6/30 »

2021年7月30日 (金)

私の本棚 相見 英咲 「魏志倭人伝二〇〇〇字に謎はない」 最終  7/30

 講談社 二〇〇二年一〇月刊
 私の見立て☆☆☆☆☆   詐欺である                               2018/04/12 追記 2019/07/22 2021/07/30

*殿御乱行(p15)
 著者は、ぞんざいに「古田武彦氏の議論には問題が多い」と言い放っているが、ここでは、重箱隅の投馬国所在論を資料改竄と難詰している。重大な所在地論の全貌は、伏せている上に、巻末「注」によれば、著者が、ここで参照したのは、古田氏の最初の著作「「邪馬台国」はなかった」だけのようである。いや、ここで言う問題は、算数教科書のように、「問題」ばかりで解答が書かれていないという苦情かも知れない。語彙がずれているとしたら、問題に対して解答できるはずがない。

 衆知の如く、古田氏には倭人伝関連書が多数ある。全体を読んでいないのに、一般論として古田武彦氏の議論を「罵倒」するのは、著者の誠実さを疑わせるものである。倭国への行程が九州島内に収まる趣旨は、承知で忌避したのか。

 因みに、榎一雄氏は、逃げずに古田説批判を書き送っている。

*百花斉放続く(p16)
 水野昌弘氏説は大胆で隙が多く批判容易であろう。

 大和岩雄氏は「大和説」の提唱者・主導者ではないが、その仮説が断定的でないせいか、「大和岩雄」説は、不倶戴天の敵、両説のいいとこ取りと非難される。感情的な「論戦」で、素人目にも、両論の折り合いを付けてまとめるのは、火中の栗を拾うものであり、賞賛すべきと思う。要は、著者の独解力が不足していて、大和岩雄氏 の論議を理解できないと言うだけではないだろうか。

 少なくとも、長年にわたり「東アジアの古代文化」誌を主宰し、各派の「論文」を掲載し続けた労は、大いに賛嘆すべきである。

*みんなウソ(p16)

 ここで、大御所らしい岡田英弘氏が登場して、倭人伝欺瞞説、つまり、道里、戸数の数値は、全てウソと武断していると紹介されている。
 この大家の意見には、「古代史家はみんな嘘つき」とでも取れる後継、追従発言まで登場している。著者の論法で「このような議論が許されるなら、どんな議論も可能になろう」というと、本書の議論は全て無意味であり、それこそ「邪馬台国はなかった」になる。

 それにしても、いきなり「岡田氏の資料論」と言われると、何のことかと戸惑うが、単に「史料全否定論」のことなら、「論」と呼ぶほどのものではない。単なる、個人的な気まぐれに過ぎない。岡田氏の著作を読んだ上で言うのである。

*嫌いだからきらい
 因みに、当方の見る限り、岡田氏は「算数嫌い」であり、倭人伝の戸数・里数論のように、概数の計算という「難業」は受け付けず、自分に理解できない議論は、大嫌い、だから、全てウソ、との主張に見えると言うだけけである。一人前の大人が、人前で、金を獲って発表する事ではない。

*書記官の魂

 素人としては、倭人伝の筆者が、中原人が未踏の異郷の、最初の見聞の忠実な記録を記すという栄えある務めを捨てて、でたらめな造り話を捏造したというのは、それこそ、重ね重ね無責任で途方もない大嘘と思うのである。ここまで混乱されると、是正するのが困難である。

 いかなる思い付きも、論拠無しに公開すべきでは無いと思う。特に、誹謗中傷は、そのような発言をものしたものに跳ね返るのである。

                      未完

« 私の本棚 相見 英咲 「魏志倭人伝二〇〇〇字に謎はない」 最終  8/30 | トップページ | 私の本棚 相見 英咲 「魏志倭人伝二〇〇〇字に謎はない」 最終  6/30 »

歴史人物談義」カテゴリの記事

私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 私の本棚 相見 英咲 「魏志倭人伝二〇〇〇字に謎はない」 最終  8/30 | トップページ | 私の本棚 相見 英咲 「魏志倭人伝二〇〇〇字に謎はない」 最終  6/30 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ