« 新・私の本棚 長野 正孝 古代史の謎は「海路」で解ける 9/9 最終改訂 | トップページ | 新・私の本棚 長野 正孝 古代史の謎は「海路」で解ける 7/9 最終改訂 »

2021年7月20日 (火)

新・私の本棚 長野 正孝 古代史の謎は「海路」で解ける 8/9 最終改訂

 卑弥呼や「倭の五王」の海に漕ぎ出す PHP新書 2015/1/16
 私の見立て★★☆☆☆      2017/12/12 補充再掲 2020/07/08 2021/07/20

*終幕の続き
 次に、何の繋がりもなく、とんでもないことが、書かれています。
 倭国使節団は、長江で大敗した荊州水軍の船を渤海湾などで見たという趣旨を述べています。
 河川船団を、三十年かけて回航したといいたいのでしょうか。何の幻を見たのでしょうか。
 荊州船団の生き残りを転進させたとして、孫権麾下の水軍支配下の長江中下流域をどうやって擦り抜けたのか不審です。

 そんな無茶をしなくても、皇帝が指示しただけで、帯方郡最寄りの青州で、易々と保証付き海洋船を多数造船できるのに、海船としての運航に耐えるかどうか不明の三十年前の川船を、延々と回航する意味がわからないのです。
 ホラ話として、誰も感心しないのです。

*倭人伝談義
 92ページで、魏志倭人伝に「倭国大乱」が書かれているかのような妄言が書かれていますが、倭人伝には、「乱」れたと書いているだけであり、「大乱」と書いたのは後漢書です。

 「邪馬台国が書かれたのは倭人伝だけ」というのは妄言です。
 「邪馬台国」は、後漢書初出が起源で後世史書、類書に引用されています。
 現存三国志に「邪馬台国」はなくて、書かれているのは「邪馬壹国」であるというのが客観的事実であり、これを、論拠を示して否定する論議は見られないのです。

 史書記事を誤記と主張するなら、主張者に立証責任があるというのが、学問上の常識ですが、著者は、ここでも無頓着で、出所不明の誤断を受け売りしていて、この不注意も、見過ごせないのです。
 以上のように、著者の文献依拠のあり方は、誤断と受け売りの混在です。

 不正確な史料引用は、不正確な情報源のせいですが、容易に原典を確認できることが多いから、著作の際に検証するのが当然と考えます。

 一方、書紀の史書としての信頼性は低いと賢明な判断を示していながら、ここで例示していないものの、随所で、検証せずに安易に受け売りしているのには同意できないのです。

*軽率な余言
 注意をそらす余言癖も健在であり、斉明天皇は、二百隻の船を率いて奈良を出たことになっていますが、時代違いとは言え「奈良に海はない」ことは衆知です。別に高度な思索を要しない言い間違いです。まして、二百隻の新造船が可能だったという証拠は示されていません。「画餅」と言うものの、二百隻の海船の絵を描くことすら、容易ではありません。まして、二百隻に乗船して波濤を越えるに耐える船員は、画に描くことはできません。
 それ以上は、当否の範囲外なので、追究しないのです。

*信頼性の欠如
 本書は、近来見受けるように、出版社として出版物を無条件に近い篤さで信頼されるべきものが、出荷検査無しに、瑕疵満載、傷だらけで上梓したものです。

 権威のない一私人には、買ってはいけないなどと言う資格はありませんが、商用出版物に必須の校正の労が執られていない無責任な書籍であり、真剣に読むべきものでないと言わざるを得ないのです。ここまで、我慢して丁寧に批判しましたが、余の部分は推して知るべしです。

 折角の著書ですから、後世に恥を遺さないように、明白な欠点は是正し、改訂すべきであると思います。

                               未完

« 新・私の本棚 長野 正孝 古代史の謎は「海路」で解ける 9/9 最終改訂 | トップページ | 新・私の本棚 長野 正孝 古代史の謎は「海路」で解ける 7/9 最終改訂 »

倭人伝随想」カテゴリの記事

新・私の本棚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 新・私の本棚 長野 正孝 古代史の謎は「海路」で解ける 9/9 最終改訂 | トップページ | 新・私の本棚 長野 正孝 古代史の謎は「海路」で解ける 7/9 最終改訂 »

お気に入ったらブログランキングに投票してください


いいと思ったら ブログ村に投票してください

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ